バンコクで大人の休日!「コモ・メトロポリタン・バンコク」がおすすめの理由

バンコクで大人の休日!「コモ・メトロポリタン・バンコク」がおすすめの理由

更新日:2020/02/26 16:41

Michelle dailypicsのプロフィール写真 Michelle dailypics 元上海在住トラベルライター・ママトラベラー
タイバンコクに数あるホテルの中でも、ウェルネスに特化したホテルをご存知でしょうか?その名「コモ・メトロポリタン・バンコク」。ミシュラン獲得のタイレストランが入っていることでも有名ですが、コンテンポラリーデザインの客室、スパ施設、ヨガアクティビティーなど、様々な魅力に溢れています。本記事ではどれをとっても大人の休日にぴったりの施設をご紹介!バンコクでウェルネス体験をしてみませんか?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

都会のど真ん中でデトックス

都会のど真ん中でデトックス

提供元:COMO Metropolitan Bangkok

https://www.comohotels.com/ja/metropolitanbangkok地図を見る

コモ・メトロポリタン・バンコクは、ロンドン、マイアミ、パースなど5つのシティーホテル、モルディブ、バリ、プーケットなどの7つのリゾートホテルを持つコモグループのホテルです。

立地は、ビジネスの中心地サトーンエリア。ナイトライフスポットとして人気のシーロムからも徒歩約10分の距離で、そこはまさに都会のオアシスと言えるでしょう。

都会のど真ん中でデトックス

写真:Michelle dailypics

地図を見る

スワンナプーム空港からは約40分。宿泊ゲストは、タイらしいバタフライピーのウェルカムドリンクと冷たいおしぼりでおもてなしされます。

都会のど真ん中でデトックス

提供元:COMO Metropolitan Bangkok

https://www.comohotels.com/ja/metropolitanbangkok地図を見る

コモ・メトロポリタン・バンコクでは、毎朝開催されるフリーのヨガクラスや、スパ施設、宿泊ゲスト限定の長さ25mのアウトドアプールなど、大人の休日を過ごすのにぴったりの設備が整っています。

バンコク最大の広さのスタンダート客室

バンコク最大の広さのスタンダート客室

写真:Michelle dailypics

地図を見る

全169室の客室は、7つのカテゴリーに分かれています。その中でも最も多いカテゴリー、121室もある「メトロポリタンルーム」は、バンコクで最大平米数を誇るスタンダードルームとなっています。

バンコク最大の広さのスタンダート客室

写真:Michelle dailypics

地図を見る

広さは51〜54平米とゆったりした造り。キングサイズのベッドのほか、ローテーブルやくつろげるソファーが設置されている客室は、コンテンポラリーデザインの中に、オリエンタル要素がミックスされたインテリアが特徴です。

バンコク最大の広さのスタンダート客室

提供元:COMO Metropolitan Bangkok

https://www.comohotels.com/ja/metropolitanbangkok地図を見る

スパプロダクトのアメニティーが準備されているバスルームは、独立したシャワーブースと石灰石素材のバスタブが用意されています。広々とした空間で、バスタイムもゆっくりくつろげますね。

スパでのデトックスタイムも忘れずに

スパでのデトックスタイムも忘れずに

写真:Michelle dailypics

地図を見る

ホリスティックウェルネスを提唱するコモ・シャンバラのプロダクトを使ったスパも人気です。全10室あるスパルームでの施術は、事前予約をお勧めします。(営業時間は朝10時から夜10時まで)

最も人気のメニューはオリジナルオイルを使った「コモ・シャンバラ・マッサージ」ボディーマッサージ。長めのストロークで全身を芯からほぐしてもらえます。他にもタイ古式マッサージも人気のメニューとなっています。

スパでのデトックスタイムも忘れずに

写真:Michelle dailypics

地図を見る

スパ施設内には男女別のハイドロプールとサウナも完備。宿泊客以外でも、スパゲストはこちらの施設を利用することができます。
デッキチェアも用意されているので、スパの前後にここでのんびり過ごすのもおすすめです。

スパでのデトックスタイムも忘れずに

写真:Michelle dailypics

地図を見る

宿泊客の朝食会場にもなっている「グロウ」。スパ施設と同フロア2階に位置するアジア料理レストランです。栄養豊富な地元の有機食材を用いて、健康、栄養面に気を配ったが食事が楽しめます。(朝食営業:朝6時から10時、ランチ:11時から午後3時)
体の中からのウェルネスを体験するにはぴったりのレストラン。スパと合わせて利用してみてはいかがでしょうか?

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

必食!アジアベスト10入りしたタイレストラン

必食!アジアベスト10入りしたタイレストラン

写真:Michelle dailypics

地図を見る

コモ・メトロホテル・バンコクを訪れるに当たって、絶対に外せないのが「ナーム(nahm)」。本格的なタイ料理を味わうことができるレストランは、ミシュランひとつ星の他、アジアベスト50にランクインするなど数多くのアワードを受賞しています。

必食!アジアベスト10入りしたタイレストラン

写真:Michelle dailypics

地図を見る

夜のデートにおすすめなのはプールサイドに面したテラス席です。ライトアップされた景色を眺めながら、横並びで着席できるのがポイントです。

必食!アジアベスト10入りしたタイレストラン

写真:Michelle dailypics

地図を見る

タイ料理は食べる順番があり、辛いもの→そうでないものと順に口に運びます。そのため、ナームでも基本的にはコースメニューを提供。所要時間は約2時間はみておいた方がいいでしょう。予約はchopeなどオンラインでも受け付けています。

バンコクウェルネスステイ

洗練されたデザインの客室、そしてフリーヨガクラスやスパをはじめとする数々のプログラム、さらには体の中から満足できる美食を三拍子そろったウェルビーイングステイが実現するのが「コモ・メトロポリタン・バンコク」。自分へのご褒美として、ぜひ訪れてみてください。

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/12−2020/02/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -