最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

東京・二子玉川の森にたたずむ「静嘉堂文庫美術館」

東京・二子玉川の森にたたずむ「静嘉堂文庫美術館」

更新日:2020/02/26 15:46

麦吉 ぼにのプロフィール写真 麦吉 ぼに ライター、イラストレーター
近代的なタワービルが建ち並ぶ二子玉川駅前から車で約10分、「静嘉堂文庫美術館」は静かな森の中に建っています。静嘉堂文庫美術館は、岩ア彌之助、岩ア小彌太の父子二代による東洋古美術コレクションを収蔵。絵画、書跡、茶道具、刀剣など国宝7点を有し、系統的に収集された中国陶磁が有名です。イギリス郊外住宅スタイルの静嘉堂文庫建物も魅力的、ぜひ一度訪れてみてください。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

武蔵野の風情残る森を歩き静嘉堂文庫美術館へ

武蔵野の風情残る森を歩き静嘉堂文庫美術館へ

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

静嘉堂文庫美術館は、東急田園都市線・大井町線「二子玉川」が最寄り駅。駅からはバスかタクシーを利用します。バス停「静嘉堂文庫」から少し坂を上ると石造りの正門がありますが、美術館は正門から300mほど歩いた丘の上にあるので、タクシーの方はそのまま門を入り美術館正面で降りるのがおすすめです。

武蔵野の風情残る森を歩き静嘉堂文庫美術館へ

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

正門から美術館へ至るアプローチはとても魅力的。高い梢の樹々が作る緑陰の中を登って行くと、突き当りに静嘉堂文庫の瀟洒な建物が見えます。暗い森を抜けた先にイギリス郊外住宅スタイルの館が建つ光景は、さながら物語のワンシーンのようです。

武蔵野の風情残る森を歩き静嘉堂文庫美術館へ

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

静嘉堂文庫は大正13年(1924)に桜井小太郎設計で建てられました。鉄筋コンクリート造2階建スクラッチ・タイル貼りの瀟洒な外観は、洋館好きには必見です。

静嘉堂文庫は、和漢の古典籍を保存し永く後世に伝えることを使命として活動している専門図書館で、原則として内部は非公開。明確な学術調査研究目的がある場合のみ、所定の手続きの上閲覧可能です。

ゆったりとした時間が流れる美術館

ゆったりとした時間が流れる美術館

提供元:静嘉堂文庫美術館

http://www.seikado.or.jp/地図を見る

静嘉堂文庫美術館では、国宝7点重要文化財84点を含む約6,500点の東洋古美術品を収蔵。収蔵品は岩ア彌之助(岩ア彌太郎の弟、三菱第二代社長)と岩ア小彌太(三菱第四代社長)の父子二代によるコレクションがもとになっています。

現在の美術館は、1992年(平成4年)静嘉堂創設百周年に際して設立された新館で、年4〜5回の展覧会でテーマ別に収蔵品などを展示しています。

ゆったりとした時間が流れる美術館

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

館内1階は、展示室の他に休憩室、コインリターン式のロッカー、売店などがあります。階段をおりた地階には講堂があり、講習会やワークショップ、コンサートなどが行われます。

四季折々の花も楽しめる南斜面の庭を散策

四季折々の花も楽しめる南斜面の庭を散策

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

美術館の入口右手の階段から庭園へ入ることができます。美術館の南側斜面に設けられた庭園は、二子玉川の街を一望する眺望が素晴らしく、日によって遠く富士山を眺望できます。展覧会鑑賞の後は、散策してみてください。

四季折々の花も楽しめる南斜面の庭を散策

写真:麦吉 ぼに

庭園では梅をはじめ、様々な樹木を楽しめます。特に初春は梅が香り、斜面に水仙が群れ咲く素敵な光景が見られます。

四季折々の花も楽しめる南斜面の庭を散策

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

美術館入口横のギンモクセイが香り、周辺の木々が色づく秋も趣があります。季節ごとの景色が楽しめるのも静嘉堂文庫美術館の魅力です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

静けさの中にたたずむ荘厳な岩ア家廟堂

静けさの中にたたずむ荘厳な岩ア家廟堂

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

庭園内を奥へ進むと岩ア家廟堂(納骨堂)があります。十字型平面の西洋式納骨堂は、鹿鳴館の設計で知られる英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計。廟は現在も墓所として使用されているので、拝観の際は失礼のないよう心掛けたいものです。

武蔵野の面影残る自然を楽しみ歴史と美術にひたれる場所、静嘉堂文庫美術館へ足を運んでみてください。

静嘉堂文庫美術館の基本情報

住所:東京都世田谷区岡本2-23-1
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス:
(バス)
・二子玉川駅から
二子玉川駅バスターミナル4番のりばから東急コーチバス「玉30・31・32系統」
「静嘉堂文庫」下車(所要時間は通常8〜10分。運行本数1時間に約4本)。案内標識に沿って徒歩約5分
・成城学園前駅から
小田急線成城学園前駅下車、南口バスのりばから二子玉川駅行きバスにて「吉沢」下車。大蔵通りを北東方向に徒歩約10分
(タクシー)
二子玉川駅から美術館入口前まで約10分。タクシー料金約800円(道路状況により変動)

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/24−2020/02/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -