探索できる炭鉱!長崎「池島」圧巻の8階建てアパートも

探索できる炭鉱!長崎「池島」圧巻の8階建てアパートも

更新日:2020/03/30 13:37

いまづる めぐのプロフィール写真 いまづる めぐ 旅ブロガー
日本の炭鉱は明治初期から1975年頃まで盛んで、日本の経済向上に貢献していました。世界遺産として登録されている軍艦島もかつては東京以上の人口密度を誇るほど栄えていた炭鉱でした。老朽化、現存維持の為、ツアー参加が必須、決められた範囲からみることしかできない軍艦島に比べ、同じく長崎にある「池島」は炭鉱の中では新しく、個人でも探索することができるのでおすすめです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

九州で唯一残っていた池島炭鉱

九州で唯一残っていた池島炭鉱

写真:いまづる めぐ

地図を見る

炭鉱事業は昔の日本にとって欠かせない経済成長の一つでしたが、1975年ころになると品質劣化や外国の炭鉱が活性化したことにより、日本の炭鉱事業は下降し閉山に追い込まれました。多くの炭鉱が閉山に追い込まれる中、九州で唯一残っていた炭鉱が「池島」だったんです。

九州で唯一残っていた池島炭鉱

写真:いまづる めぐ

地図を見る

世界遺産でもある軍艦島は日本でも一番有名な元炭鉱ですが、老朽化、そして現存保護のため立ち入ることができるエリアがかなり限られている上、ツアーでしか上陸することができません。それに比べて同じく長崎県にある池島は自分の足で探索することができます。

1959年に始まった池島炭鉱は、現在人口は約130人ほどしかいませんが炭鉱事業ピーク時は7500人もの人で賑わっていました。低価格の外国の炭鉱に押され人員削減、コストカットも行いましたが2001年11月29日に閉山し、その後は日本の石炭技術を海外に移転するため海外研修に力を入れました。

神功皇后の伝説をもつ港

神功皇后の伝説をもつ港

写真:いまづる めぐ

地図を見る

現在の池島港は昔「鏡池」と呼ばれていました。それには日本の第14代の天皇である仲哀天皇の皇后「神功皇后」にまつわる伝説が関わっています。三韓征伐から帰還途中、神功皇后が池島に上陸し湖畔をあゆみ、池のほとりで遠征の労を癒し、清き水面に英姿を映されたと言われており、その後「鏡池」(現池島港)というようになりました。

エレベーターがない8階建て旧炭鉱住宅

エレベーターがない8階建て旧炭鉱住宅

写真:いまづる めぐ

地図を見る

池島に訪れる方が一番目当てにして訪れる、旧炭鉱住宅はなんと8階建てのアパート!離島で8階建てというのにも驚きですが、地形をうまく利用し、正面の道路から1階から4階、裏側からは5階から8階に行けたためエレベーターを必要としませんでした。

エレベーターがない8階建て旧炭鉱住宅

写真:いまづる めぐ

地図を見る

8階建てアパートの他にも、炭鉱住宅跡があり、これらは1953年頃から建設が開始され1978年までに50棟が建てられました。ちなみに建物内には入ることはできませんが、ツアーに参加すればアパートの一室、屋上に行くことができます。その他、アパートではありませんが、池島中央会館は宿泊することが可能です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

作業員の安全を見守る女神像

作業員の安全を見守る女神像

写真:いまづる めぐ

地図を見る

第2立坑の立坑ゲージ(エレベーターかご)は上中下段に各30人乗りの合計90人を海面下650mまで、なんと100秒で運んでいました。地下で作業する作業員を見守る女神像も1983年に建立されています。それは第2立坑の立坑ゲージ近くの地を見つめ、作業員の安全を願うものでした。

池島を歩いて探索した後は炭鉱体験もおすすめ

池島を歩いて探索した後は炭鉱体験もおすすめ

写真:いまづる めぐ

地図を見る

日本の離島には猫がいっぱいいる島が多くありますが、池島もその一つ。暖かい日は日向ぼっこしています。歩いて探索できるからこそ楽しめる風景ですよね。

池島を歩いて探索した後は炭鉱体験もおすすめ

写真:いまづる めぐ

地図を見る

池島は立ち入り禁止区域以外、自分の足で探索できますが、炭鉱体験できるツアーもありますので、歴史や成り立ちを知りたい方にはツアー参加もおすすめです。

池島の基本情報

住所:長崎県長崎市池島町
アクセス:神ノ浦港からフェリーで26分、瀬戸港からフェリーで28分

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -