ご当地グルメが安い!スロベニアのレストラン「サラエヴォ’84」

ご当地グルメが安い!スロベニアのレストラン「サラエヴォ’84」

更新日:2020/02/28 15:51

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー
スロベニアの首都「リュブリャナ」は、イタリアやオーストリアなどの周辺国から多くの観光客が訪れる町。そんなリュブリャナで食事をしたいのが「サラエヴォ’84」というレストランです。スロベニア人が大好きなご当地グルメであるチェヴァプチチ(皮なしソーセージ)や町のビールをリーズナブルに楽しめるお店で、地元民・観光客問わず愛されていますよ。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

スロベニアの首都「リュブリャナ」

スロベニアの首都「リュブリャナ」

写真:岡本 大樹

地図を見る

スロベニアはイタリアやオーストリア、クロアチアといった日本でもよく知られたヨーロッパの国々に囲まれていながらも、まだ注目度が低い国。そのためか、首都のリュブリャナでは周辺国からの観光客は目にしますが、日本人を含むアジア人の姿はあまり見られない穴場の観光地とも言えます。

そんなリュブリャナでぜひ訪れたいレストランが今回ご紹介する「サラエヴォ’84」です。安く美味しいご当地グルメを堪能してみましょう。

スロベニア人が愛するチェヴァプチチとは?

スロベニア人が愛するチェヴァプチチとは?

写真:岡本 大樹

地図を見る

スロベニアのご当地グルメといっても、国自体の知名度が低いのでほぼ知られていないでしょう。そんな中で、ぜひ食べたいサラエヴォ’84の一番人気メニューが「チェヴァプチチ」です。

チェヴプチチというのはスロベニアだけではなく、バルカン半島など東南ヨーロッパの広い地域で食べられている食事で、一言で表すなら「皮なしソーセージ」。そのままでも食べられますが、ピタパンなどと一緒に提供されるのが定番となっています。

スロベニア人が愛するチェヴァプチチとは?

写真:岡本 大樹

地図を見る

このチェヴァプチチはリュブリャナの色々なレストランや屋台でも食べることができる食事で5本入りか10本入りの2種類で選べるところが多く、サラエヴォ’84でも同じように2つのパターンで提供されています。

写真だと大きさがわかりにくいかもしれませんが、10本入りのものはかなりのボリュームで、二人でシェアしてちょうどいいくらいになります。(後ろのビールジョッキが小さく見えますが、これは日本でいう大ジョッキなので、お皿自体が相当大きいことがわかるでしょう。)

なお、こちらのお店ではパプリカなどを使ったソースとみじん切りにした玉ねぎが添えられているので、途中で味や食感にアクセントを加えればより美味しくいただけますよ。

スロベニア人が愛するチェヴァプチチとは?

写真:岡本 大樹

地図を見る

その他のメニューとしてオススメなのが、ニンジンやじゃがいもが具材のスープです。メニューにはチキンとビーフの2種類があり、お肉も野菜もゴロゴロとたっぷり使われているので、食事としてもしっかり楽しめます。

さらにこちらも付け合わせにピタパンがあり、味の相性が抜群なので一緒に堪能することをオススメします。

スープはお肉を使っていることもあり、少し油っぽくはありますが、味自体はくどさがなく、あっさり目のコンソメ味に仕上げられています。

リュブリャナのビールもあります

リュブリャナのビールもあります

写真:岡本 大樹

地図を見る

ドリンクメニューにはリュブリャナのビールである「Union」も並びます。すっきりとした味わいは日本のビールと似ていて、少し濃いめの味付けとなっているチェヴァプチチとよく合います。

缶ビールもそうですが、Unionのデザインにはリュブリャナのシンボル的存在でもあるドラゴンが。ここでもそのジョッキに描かれていますよ。

またビールなどのお酒を含め、サラエヴォ’84は美味しいだけでなく料金もリーズナブル。チェヴァプチチ5本とビール1杯なら1000円程度と手軽なディナーを楽しむことができます。

リュブリャナのビールもあります

写真:岡本 大樹

地図を見る

リュブリャナの中心地のレストランでは外食は日本と比べてもそれほど安くありませんが、サラエヴォ’84のチェアヴァプチチは屋台のテイクアウト商品のものとそれほど違わない値段でゆっくり楽しめます。お店には地元の常連客の姿も見られ、提供している値段も通い詰める理由の一つでしょう。

さらにスタッフの方のサービスも良く、半地下にある店内で洞窟のような面白い雰囲気でありながら、とても明るく軽快な音楽が流れているので、居心地も抜群。もちろんメニューの英語表記もあり、スタッフとは英語でやりとりできます。またクレジットカードの支払いも対応しているので、不便さは感じられません。

ぜひ、リュブリャナで地元の人と混ざって名物グルメを食べてみてくださいね。

サラエヴォ’84の基本情報

住所:Nazorjeva ulica 12 1000 Ljubljana
アクセス:リュブリャナ駅から徒歩約15分
営業時間:10:00〜24:00(平日)、12:00〜24:00(土)、12:00〜22:00(日)
定休日:なし

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -