ヨガの聖地「リシケシ」で味わうべきインドの食べ物いろいろ!

ヨガの聖地「リシケシ」で味わうべきインドの食べ物いろいろ!

更新日:2020/03/30 17:02

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター
ヨガの聖地として知られ、ヨギでもそうでなくても、充実して過ごせインドらしさがありながらもストレスフリーな街「リシケシ」。外国人観光客も多く、食べ物とレストランの選択肢がたくさん。

インド風朝食に、インドらしからぬお洒落なカフェ、ヨギが好むベジタリアン料理、屋台で味わうこれぞインドという食べ物、インド料理まで、もう一つ胃袋を欲しくなってしまうほど。

そんなリシケシで食べるべきものをご紹介します!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

朝カレーにチャパティ!病みつきになるインド風朝食

朝カレーにチャパティ!病みつきになるインド風朝食

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

インドの朝ごはんにはどんなものがあるのでしょうか?リシケシのガンジス川上流にかかる「ラクシュマンジュラ橋」に行ってみましょう。橋の西側ラクシュマンジュラ通りにインド料理レストランが並んでいます。

コーヒーよりもチャイが主流で、チャパティと同じ生地で中にじゃがいもなどの具が入っている「パランタ」は人気メニューの一つ。バターたっぷりで調理され、トッピングに唐辛子。

この通りに並ぶお店のほとんどでは店頭で調理しているのを見ることができます。作りたてのパランタは美味しさ倍増。

朝カレーにチャパティ!病みつきになるインド風朝食

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

北インドに位置するリシケシですが、ほとんどのインド料理レストランではインド全土の料理が味わえます。

南インドで朝食や軽食に食べられるのがこのビッグサイズの「ドーサ」。でも皮は薄くパリパリなのであっという間に完食。付け合わせは南インドのカレー、「サンバル」。どろっとしていなくて日本のお味噌汁のようで、味付けはスパイスと酸っぱさがミックスした感じ。

インドのヨーグルト「カード」と一緒に出てくることが多いです。

朝カレーにチャパティ!病みつきになるインド風朝食

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

さて、もう一つ南インドの朝食といえば「イドリー」。お米と豆の粉を混ぜてつくる蒸しパン。これにもサンバルとカードがついてきます。

<Bhandari Restaurantの基本情報>
住所:Tapovan, Rishikesh, Uttarakhand
営業時間:9時〜22時

ガンジス川からオアシスまで!くつろぎのカフェ

ガンジス川からオアシスまで!くつろぎのカフェ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

1日に何杯もチャイを飲むのがインドの習慣。ランチまでにもう1杯、となったらオススメはガンジス川をみながらくつろげる場所。外国人旅行者、そして短期間滞在するヨギも多いので、お洒落でのんびりできるカフェがたくさんあるのです。

オススメの一つが「オームフリーダムカフェ」。ガンジス川を横目に畳に座布団ときたら居心地がよすぎて危険なほど。

ガンジス川からオアシスまで!くつろぎのカフェ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

レストランでチャイを頼む時の注意は、チャイとマサラチャイとメニューに2つの種類があるのです。チャイはミルクティー、マサラチャイはスパイス入りのお茶のこと。

路上で売っているチャイは、通常砂糖が入っていますが、レストランでは砂糖なしを頼むこともできます。

<OM Freedom Cafeの基本情報>
住所:Laxman Jhula, Rishikesh, Uttarakhand
営業時間:毎日9時〜22時30分

ガンジス川からオアシスまで!くつろぎのカフェ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ランチで行っておきたい場所の一つは、「ピラミッドカフェ」。インド料理、イスラエル、アジア風、そしてベジタリアンにヴィーガン、ローフードまでメニューは充実しています。

時折リスまで現れる、木々で囲まれた酸素いっぱいの場所。

<Pyramid Cafeの基本情報>
住所:Laxman Jhula, Kirmola, Opp. Post Office Laxmanjhula, Rishikesh, Uttarakhand
営業時間:8時30分〜15時と18時〜22時

あやしすぎる?!魅惑の屋台の数々

あやしすぎる?!魅惑の屋台の数々

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

インドのこの上ない魅力で、観光スポットとも言える屋台の数々。多くの人、人力車、車、時には牛が行き交う隙間にある店構えと、陳列された食べ物は胃袋だけではなく、好奇心もそそられます。

Trimbakeshwar Shiva寺からラクシュマンジュラ橋にかけて巡礼グッズや、インドのプレート料理「ターリー」やチャイを売るお店が並びます。よーく見ると、靴磨きの人や、床屋さんまで、ジャンルなんて問わないのです。

衛生面で不安な人も多いと思いますが、病は気からというように、疑うことなく試してみる価値がある食べ物がたくさん、とはいえ、胃腸に自信がない人は注意してくださいね。

あやしすぎる?!魅惑の屋台の数々

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

橋の脇に並ぶのは、一度食べたらハマってしまう「ベルプリ」。ベビースター、クラッカー、いろんな種類の豆、唐辛子にカットしたトマト、玉ねぎ、キュウリなどを混ぜたスナック。

この周辺では水分補給として、ソーダ水にレモンと氷のセットや、辛いソース付きでカットされただけのキュウリなども見かけます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

下流にかかるもう一つの「ラムジュラ」橋付近も屋台が充実!

下流にかかるもう一つの「ラムジュラ」橋付近も屋台が充実!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

他にも屋台が並ぶ場所が、ラムジュラ橋の東側ガンジス川沿いに続く道。写真のような商店街と、夕方から夜にかけて屋台が出店するところがあります。

毎日夕方6時ごろから、近くのパラマータニケタンではガンジス川で行われる儀式「アールティ」があるので、その前後に立ち寄ってみてください。

下流にかかるもう一つの「ラムジュラ」橋付近も屋台が充実!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

どれもこれも食べてみたくなりますが「アルーティッキ」は人気の一つ。アルーとはじゃがいものことで、衣のないコロッケのようなもの。つぶして、これにお店オリジナルのソース(大概がピリ辛)をかけてくれます。

下流にかかるもう一つの「ラムジュラ」橋付近も屋台が充実!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

他にも、揚げ物がたくさんあるインドの軽食。じゃがいもやパンなどにターメリック入りの衣をつけて揚げた、インドの天ぷら「パコラ」からスナック菓子まで。

たくさんの種類の揚げ物が売っているお店があるのでいろいろ試してみましょう!

ナンと絶品カレーの数々!

ナンと絶品カレーの数々!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

インドに行ったらやっぱりカレーは食べておきたいもの。ラクシュマンジュラ橋の近くラクシュマンジュラ通りにある「パープルダバ」は、店先の釜で焼くナンが目印です。

ナンと絶品カレーの数々!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

こってり系からスープ無しのカレーまで種類が豊富。迷った時には、ターリー。数種類のカレーにナン、ライスとお得。ターリーにも基本からベジタリアン、なんとヨギ向けにニンニクと玉ねぎ抜きのターリーまであるのです。

また、写真のインドのチーズ、パニール入りのカレーはインド滞在中に絶対に試しておきたいメニューの一つ。

<J.G.B. Purple Dhabaの基本情報>
住所: Near Lucky Hotel, Laxman Jhula, Rishikesh, Uttarakhand
営業時間:毎日9時〜17時と19時〜22時

ヨガの聖地でありグルメな街リシケシ!

小さな街なのに休憩できるカフェやバラエティ豊富なレストランがたくさんあり、料理のレベルも高いのが特徴。

リシケシに関しては別記事で観光スポットやヨガについて紹介しています。関連MEMOのリンクから参考にしてみてください。

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -