最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

群馬県嬬恋村の隠れパワースポット!「鳴尾の熊野神社大杉」

群馬県嬬恋村の隠れパワースポット!「鳴尾の熊野神社大杉」

更新日:2020/03/19 17:50

村松 佐保のプロフィール写真 村松 佐保 嬬恋村案内人
弘法大師が立てた杖に根が生えて逆さに育ったと伝えられている「鳴尾の熊野神社大杉」をご案内いたします。大杉が鎮座する熊野神社とともに深い歴史がたくさん詰まっています。JR吾妻線の万座・鹿沢口から20分ほどのアクセスで、そのルートも魅力的! 古き時代を感じられる毛無道や秘境ともいえる絶景を楽しめる熊野大橋など、この地域ならではの歴史や自然に触れながら、大杉のエネルギーをたっぷり感じてください!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アクセスも魅力! 歴史を感じる毛無道&熊野大橋からの絶景

アクセスも魅力! 歴史を感じる毛無道&熊野大橋からの絶景

写真:村松 佐保

地図を見る

熊野神社大杉へのおすすめルートは二つ! 一つ目は万座・鹿沢口の西側を流れる万座川に沿って走る道(毛無道)です。かつて群馬と長野をつなぐ大事な道として使われていました。

大杉が鎮座する熊野神社は、門貝(カドガイ)という集落にあります。このちょっと変わった地名には、他の地域との出入口にある集落という意味があります。カド(門)は出入口、そしてカイは集落の垣内(カイト)。ひっそりとした山あいの小さな集落が、毛無道を経由して村々をつなぐ出入り口としての重要な役割を果たしていました。

一車線道路ですが往来も少なくとても静かです。過去の趣を感じながらのドライブを楽しんでください。写真は神社方面から見上げた景色(熊野大橋)です。

アクセスも魅力! 歴史を感じる毛無道&熊野大橋からの絶景

写真:村松 佐保

地図を見る

もう一つのおすすめは熊野大橋を渡るルートです。毛無道より少し遠回りになりますが、万座川より先の県道112号線から右折して嬬恋パノラマライン北ルートを走ってみてください。とても走りやすい二車線道路で、何といっても流れる景色が素晴らしい!

そして極めつけは、深い山に架かる熊野大橋からの絶景です。季節によって変化する景色は見応えがあります。橋を渡り終えて左折すれば、道なりに1キロ弱で神社です。

目的地までのドライブも貴重な旅時間です。歴史が詰まった毛無道、絶景を味わえる熊野大橋、どちらも楽しんでみてはいかがですか!

深い歴史が刻まれた熊野神社

深い歴史が刻まれた熊野神社

写真:村松 佐保

地図を見る

毛無道の東側に熊野神社の参道が見えてきます。大空に向かって真っ直ぐ伸びる樹々に挟まれて古びた石段を上っていると、どんどん日常から遠ざかっていくのを感じます。鳥居をくぐり手水舎、ご本堂へと進んで行くとさらに森が深くなり、神聖な空気に包まれていることを実感できます。

平安時代から盛んであった熊野信仰は、山伏によって修験の霊場として様々な場所に広められました。門貝の北に、四阿山(あずまやさん)や白根山などの奥深い山々がそびえていることから、熊野神社は修験の本拠地として文保3年(1319)頃に祀られたといわれています。昭和51年(1976年)には嬬恋村の指定史跡として指定されました。

深い歴史が刻まれた熊野神社

写真:村松 佐保

地図を見る

この歴史ある熊野神社にはいくつかの遺跡があります。参道の入口には安山岩の巨石、そして神社の裏山を登ったところには、越後まで続くと言い伝えられてきた深い洞窟があります。

それぞれに梵字(古代インド文字)が刻まれていますが、これらは修験者が作った修行の跡と考えられています。深い森に囲まれた境内で巨石に刻まれた梵字を見つめていると、遠い昔にタイムスリップしたかのようです。

さかさ杉とも呼ばれている鳴尾の熊野神社大杉

さかさ杉とも呼ばれている鳴尾の熊野神社大杉

写真:村松 佐保

地図を見る

熊野神社の神域内にある大杉は、参道の右手を少し上がったところに鎮座しています。道沿いに車一台が停められるほどのスペースがありますが、その奥になります。天に向かって堂々と延びる幹、鬱蒼とおおい茂る巨大なその姿に神々しささえ感じます。

この大杉は、弘法大師(空海/774〜835年)がこの地を訪ねたとき、立てた杖に根が生えて逆さに育ったと伝えられ、さかさ杉とも呼ばれています。熊野神社が文保3年(1319年)頃に祀られたことを考えれば、樹齢七百年ほどと数えられます。

さかさ杉とも呼ばれている鳴尾の熊野神社大杉

写真:村松 佐保

地図を見る

高さ36メートル、根回り9メートルもある大杉が地面に向かって垂れ下がる様子がまさにさかさ杉! 昭和31年(1956年)に群馬県天然記念物に指定されたこの大杉は、県内でも有数の名木と言われています。垂れ下がる枝や露出している根に、長い時を生き抜いてきた強ささえ感じます。

歴史がたっぷり詰まった小さな集落。そこに鎮座する熊野神社の大杉からみなぎるエネルギーを全身で感じる旅はいかがでしたでしょうか。先人も通った毛無道、秘境ともいえる熊野大橋からの絶景、アクセスも魅力の嬬恋村の隠れパワースポット鳴尾の熊野神社大杉で、非日常を味わえる旅を思いっきり楽しんでください!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

鳴尾の熊野神社大杉の基本情報

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大字門貝981番地(熊野神社内)
電話番号:0279-82-1293(嬬恋村観光商工課)
アクセス(万座・鹿沢口方面から車の場合):
<万座川ルート>国道406号を西に進み、1.5キロほどのところを右折、万座川沿いに4.5キロほど走った右手
<つまごいパノラマライン北ルート>同じく国道406号から県道112号(大前須坂線)を右折し、さらに2.5キロほどでつまごいパノラマライン北ルートに入り、熊野大橋を渡り終えたらすぐに左折して道なりに進んだ左手
駐車場:あり(神社前スペースに1台分)
トイレ:なし

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -