野生のワニにピンクラグーンも!メキシコ「リオ・ラガルトス村」

野生のワニにピンクラグーンも!メキシコ「リオ・ラガルトス村」

更新日:2020/03/22 15:16

舟津 カナのプロフィール写真 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター
ピンク一色!幻想的でメルヘンチックな場所として世界的に有名なメキシコ・ユカタン半島の「ピンクラグーン」。実は、このラグーンがあるリオ・ラガルトス村は自然豊かな場所で、マングローブが生息し、フラミンゴや巨大クロコダイルなど珍しい動物たちに出会える秘境スポットでもあります!

カンクンは観光地化されていますが、ここはまだ手付かずの自然が残っており、ネイチャー好きの人にはたまらないスポットです。


新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

400種近くの鳥が住む「鳥の楽園」

400種近くの鳥が住む「鳥の楽園」

写真:舟津 カナ

地図を見る

カリブのブルーの海、マングローブが生い茂るジャングルなど自然豊かな場所にあるリオ・ラガルトス。海やピンクラグーンは自分たちで行けますが、多くの鳥やクロコダイルが生息するマングローブのジャングルを堪能するにはボートツアーに参加するのが一番!リオ・ラガルトス村には、ボートツアーを行っている旅行会社がいくつかあります。

ユカタン半島には、日本では見られない変わった鳥が多いですが、海水が混じるマングローブの森には、そのユニークな場所がら多くの珍しい鳥が生息しています。ボートツアーはいくつかコースがありますが、鳥好きなら3時間以上のツアーに参加して、じっくりバードウォッチングを楽しみましょう。運が良ければ、ペリカンがボートに遊びに来てくれます!

400種近くの鳥が住む「鳥の楽園」

写真:舟津 カナ

地図を見る

このボートツアーのハイライトはピンク・フラミンゴのコロニーです。ここのフラミンゴは小さい時は白色ですが、ピンク色のエビを捕食することにより鮮やかなピンクになります。時期によっては、白色の子供フラミンゴも見学できます。

400種近くの鳥が住む「鳥の楽園」

写真:舟津 カナ

地図を見る

4万匹以上生息しているといわれているピンク・フラミンゴのコロニーは圧巻!ピンクラグーンとともにピンクのフラミンゴも堪能でき、ピンク三昧の旅を楽しめます。

野生の巨大クロコダイルがウロウロ、ウジョウジョ!

野生の巨大クロコダイルがウロウロ、ウジョウジョ!

写真:舟津 カナ

地図を見る

鳥の多さにも驚きますが、川の中には大きな野生のクロコダイルがウロウロ!

野生の巨大クロコダイルがウロウロ、ウジョウジョ!

写真:舟津 カナ

地図を見る

しかも、かなり間近に見ることができます!その大きさにびっくりすることでしょう。

野生の巨大クロコダイルがウロウロ、ウジョウジョ!

写真:舟津 カナ

クロコダイルのほかにも、カブトガニも多く生息しています。繁殖期に訪れると、2匹のカブトガニがくっついている姿も間近に見られます。

マヤの文化も堪能!お肌がツルツルに!

マヤの文化も堪能!お肌がツルツルに!

写真:舟津 カナ

地図を見る

ユカタン半島はマヤ文明が栄えた場所で、今でもまだその文化が色濃く残っています。ボートツアーでは、川の中にセノーテから湧き出るマヤ人が大切にしている神聖な泉も見学。

マヤの文化も堪能!お肌がツルツルに!

写真:舟津 カナ

地図を見る

天然泥パックエリアにも立ち寄ります。この泥はマヤの時代からある泥でミネラルたっぷり。ガイドさん曰く「5歳若返る」とのこと。ここでは全身に泥パックができるので、水着を着用して行きましょう。

マヤの文化も堪能!お肌がツルツルに!

写真:舟津 カナ

地図を見る

ツアーによっては、帰ってシャワーがある場所もありますが、最後海で泳いで泥を落とすツアーもあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ピンクラグーンも見学可能

ピンクラグーンも見学可能

写真:舟津 カナ

地図を見る

ボートツアーの最終地点はフラミンゴが生息しているラグーンになりますが、その横は塩田で、ピンクラグーンになっています。ボートは岸に停め、ラグーン側からピンクラグーンを見学できます。

ピンクラグーンも見学可能

写真:舟津 カナ

地図を見る

ピンクになる場所は、時期により変わります。もしボートツアーでピンクラグーンがあまり近くに見られないようなら、ツアー後、車でアクセスできるピンクラグーンの場所に移動して、写真を撮るのもよいでしょう。

ピンクラグーンも見学可能

写真:舟津 カナ

車で行く場合、以前は塩田会社が持っている私有地に入ることができましたが、現在は勝手に入ることができません。私有地の外からも見られますが、近くで写真を撮りたい場合は、駐車場に待機しているガイドを雇い、中に入ることが可能です。

ボートツアーは現地でも申し込み可能!

ボートツアーは現地でも申し込み可能!

写真:舟津 カナ

ピンクラグーンがあるリオ・ラガルトスはユカタン半島の北側にある小さな村で、カンクンから車で3時間ほど。カンクンから向かう場合は公共機関が少ないため、レンタカーを借りて行くか、カンクン発のオプショナルツアーに申し込むかどちらかになります。

ボートツアーは現地でも申し込み可能!

写真:舟津 カナ

各自レンタカーで行く場合は、ボートツアーは当日現地で申し込むことも可能ですが、値段交渉が必要になります。また、きちんと伝えないと時間が短かったり、ガイドがあまり英語が話せないなどトラブルの元になることも!スペイン語や英語が得意でない場合は、事前にジャングルツアーを申し込んでおくのがよいでしょう。

村にはいくつかボートツアーを催行するツアー会社があり、ウェブで事前に申し込み可能です。基本的に1人単位の値段ではなく、ボート1艘の値段になるため、何人かでまとめて申し込んだほうが1人あたりはお得になります。

天気に左右されるので、天気予報を見て行こう!

ボートツアーは雨や風が強いときは催行されない場合があります。また、「ピンクラグーン」は曇りのときはピンクの色がきれいに見えません。ですので、時間に余裕があれば、天気予報を見て日程を調節しながら向かうのがよいでしょう!

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/25−2020/02/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -