沖縄で一番高いグスクも!?久米島3つの「絶景城巡り」

沖縄で一番高いグスクも!?久米島3つの「絶景城巡り」

更新日:2020/03/21 19:16

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
沖縄離島の中でも、特に起伏に富んだ地形を見せる「久米島」。車で一周すれば累積標高は500mを超え、最高地点は標高310mと沖縄県でも有数の高さを誇っています。そんな久米島の特徴は、山の上にグスク(城)が築かれているという点。沖縄一高い宇江城を筆頭として、高台に登武那覇城や具志川城など、島内に素晴らしいロケーションのグスクが数々残っています。歴史と自然が融和する久米島の「絶景城」を巡ってみませんか?

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

まさに天空の城!久米島最高地点「宇江城」の大パノラマ

まさに天空の城!久米島最高地点「宇江城」の大パノラマ

写真:土庄 雄平

地図を見る

まず久米島の絶景を語る上で、欠かせないスポットが久米島の最高地点・標高310mに位置する「宇江城」。記録がないため城跡の築城年代は不明なものの、15世紀の初めに、久米島をほぼ統治下に治めていた伊敷索按司(ちなはあじ)の長男・久米仲城(くめなかぐすく)按司が築城したと伝わっています。

なお後述しますが、久米島にあるグスクはそれぞれ宇江城=長男、具志川城=次男、登武那覇城=三男と、それぞれ伊敷索按司が息子たちへ分け与えた城。なんだか面白い繋がりですね!

まさに天空の城!久米島最高地点「宇江城」の大パノラマ

写真:土庄 雄平

地図を見る

さて、この宇江城は、第二尚氏の琉球統一(1510年)によって滅ぼされ、廃城になったのですが、今でも城の原形がしっかり残っていることが特徴!それに加え、久米島を360度見渡せる圧巻のパノラマを有し、最重要防衛施設という当時の姿を偲ぶことができます。

まさに天空の城!久米島最高地点「宇江城」の大パノラマ

写真:土庄 雄平

地図を見る

石を積み上げて作り上げた曲輪や垣、そして城の眼下に広がる島のダイナミックな風景。かつての琉球戦国時代(グスク時代)へ思いを馳せながら、ぜひ一度足を運んでみたい久米島有数の絶景スポットです。

<宇江城の基本情報>
住所:沖縄県島尻郡久米島町字宇江城
アクセス:久米島空港から車で30分、久米島港から車で40分

断崖からミーフガーを一望!穴場絶景スポット「具志川城」

断崖からミーフガーを一望!穴場絶景スポット「具志川城」

写真:土庄 雄平

地図を見る

久米島北部のパワースポット"ミーフガー"の近くに位置する城跡「具志川城」は、かつて琉球戦国時代(グスク時代)に真達勃(まだふつ)按司が築城した久米島最古の城。そして、その後に、勢力を強めていた伊敷索按司(ちなはあじ)によって滅ぼされ、その次男である真仁樽(まにくたる)へ譲渡したと伝わっています。

断崖からミーフガーを一望!穴場絶景スポット「具志川城」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな戦乱の時代をくぐり抜けてきたこの城が位置するのは、東シナ海を見渡す断崖!まさに島の北側から敵が入って来るのを監視するような絶好の立地の場所に城が築かれています。入り口からは小さな城に見えますが、実際に階段を上ってみれば、4つもの曲輪を有す大きな城だったということを実感できるでしょう!

断崖からミーフガーを一望!穴場絶景スポット「具志川城」

写真:土庄 雄平

地図を見る

この城のお勧め展望スポットは、道を少し上がって振り返った構図。断崖に立つ「具志川城」の後ろに、東シナ海の大海原、そして僅かにミーフガーが顔を覗かせる旅情かきたてる風景が広がります。

<具志川城の基本情報>
住所:沖縄県島尻郡久米島町字仲村渠
アクセス:久米島空港から車で15分、久米島港から車で25分

久米島屈指の展望「登武那覇城」で大自然を感じよう!

久米島屈指の展望「登武那覇城」で大自然を感じよう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

最後に紹介する「登武那覇(とんなはぐすく)」は、伊敷索(ちなは)按司の三男の笠末若茶良(がさしわかちゃら)によって築かれた城跡。これまで紹介してきた宇江城や具志川城と異なり、切り立った断崖でなく、ゆるやかな山の中腹に築かれているのが特徴です。

久米島屈指の展望「登武那覇城」で大自然を感じよう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

町からひっそりとした林道を進んでいきますが、城跡へ到着すると、そこには360度の大パノラマ!久米島東部の中心である仲原の町並みや、島南部の美しい海岸線もちろんのこと、その先にターコイズブルーの海に囲まれている「ハテの浜」や、運が良ければ渡名喜島まで見渡すことができますよ。

久米島屈指の展望「登武那覇城」で大自然を感じよう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

人工音や慌ただしさは皆無。そこにあるのは、鳥の心地よいさえずり、清々しい風、そして穏やかな時間。山頂部は天然の芝生になっており、裸足になって寝転がる時間は至福のひとときです。

また「登武那覇城」は朝日の名所でもあります。久米島の雄大な自然の美しさを大いに満喫できるので、朝早起きして訪れてみても良いかもしれませんね!

<登武那覇城の基本情報>
住所:沖縄県島尻郡久米島町
アクセス:久米島港から車で20分、久米島空港から車で45分

高台に立つ3つの「城」を巡って"久米島の絶景"を味わおう!

絶景と言えば、どうしても海やビーチといったイメージが先行しがちな沖縄離島。しかしながら、そんな沖縄離島の中で、今回紹介した「久米島」は一味違った絶景を見せてくれます。それこそ琉球戦国時代に築かれたグスクからのパノラマ。かつての時代を偲ばせる古びた城跡遺構と、久米島の雄大な自然が結びついた風景は、ここでしか味わえない唯一無二の風景。ぜひ一度、久米島の高台に立つ3つの「城」を巡ってみてはいかがでしょうか?

取材協力:久米島町観光協会

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/28−2020/02/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -