最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

川に抱かれた芸術的都市!カナダ・カルガリー中心街必訪スポット

川に抱かれた芸術的都市!カナダ・カルガリー中心街必訪スポット

更新日:2020/03/26 17:14

ザーカー 久美子のプロフィール写真 ザーカー 久美子 アメリカ在住ライター、歌人、フローリスト、馬愛好家
カナディアンロッキーの玄関口として知られるカナダ南西部カルガリーは、川に抱かれた美しい北の街です。大型ショッピングモールのある目抜き通りには欧州調のレトロな建物が連なる一方、建築ファンをも唸らせる近未来的な建造物が林立した中心街は観光、買い物、グルメへすべてが徒歩圏内。気軽に街歩きが楽しめます。今回は、おひとり様〜家族連れまで大満足のカルガリー中心街必訪スポットをカテゴリー別にご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

見る:カルガリー中心街を空から少女から眺めよう

見る:カルガリー中心街を空から少女から眺めよう

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

カナダ建国100周年を記念して建てられた「カルガリータワー」は190.8mの高さを誇る展望台で、晴れた日にはカナディアンロッキーまで見渡すことができます。ガラス張りの床に足を踏みだせば空に浮いているよう!展望フロアの階下には回転式の「スカイ360レストラン&ラウンジ」があり、景色と食事を同時に味わえますよ。タワーへ入場無料(展望フロアへは要入場料)なのも嬉しいところ。

<基本情報>
住所:101 9 Ave SE, Calgary, Alberta

見る:カルガリー中心街を空から少女から眺めよう

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/地図を見る

58階建てのオフィスビル「ザ・ボウ」はカルガリータワーよりもさらに約50メートル高く、高層ビル群の中でもひときわ目を引く存在です。その正面に鎮座する「ワンダーランド」は、東京・虎ノ門ヒルズのパブリックアートを手がけたスペインの芸術家ジャウメ・プレンサ氏の作品。中に入ることができるので少女の目線から世界を眺めてみては?

<基本情報>
住所:500 Centre St SE, Calgary, Alberta

見る:カルガリー中心街を空から少女から眺めよう

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

かつて表彰式が行われた「オリンピックプラザ」は、現在ではオフィス街の休息の場として親しまれています。夏は水遊び場、冬はアイススケートリンクになる広場を囲むように敷かれたレンガは、開催年にちなんで19.88ドルで売られた寄付つき商品で、寄付者名が刻印されています。ちなみに「カルガリータワー」は聖火のモデルになったんですよ!耳をすませばメダリストたちへの喝采が聞こえてくるかも。

<基本情報>
住所:228 8 Ave SE, Calgary, Alberta

学ぶ:図書館&博物館でカルガリーの美をじっくり鑑賞

学ぶ:図書館&博物館でカルガリーの美をじっくり鑑賞

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

米ニュース誌「タイム」の2019年度版「世界で最も素晴らしい場所100選」に選ばれた「カルガリー中央図書館」は、雪の結晶を思わせる外観もさることながら、この地域に発生する雲を表現した階段などSNS映えスポットだらけ!無料ツアーに参加して様々な角度から美の図書館を巡ってみましょう。

<基本情報>
住所:800 3 St SE, Calgary, Alberta

学ぶ:図書館&博物館でカルガリーの美をじっくり鑑賞

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

後述する「デボニアンガーデン」の設立などに貢献したエリック・ラファティ・ハービー氏の膨大な収集品から誕生した「グレンボウ博物館」はカナダ西部最大の博物館。開拓の歴史を物語る展示品ほか、武器や鉱物など100万点以上に及ぶコレクションを誇ります。さらに3万点以上の近現代美術品も収蔵。毎月第一木曜日の夜間は入館無料なのでお見逃しなく!

<基本情報>
住所:130 9th Ave SE, Calgary, Alberta

学ぶ:図書館&博物館でカルガリーの美をじっくり鑑賞

提供元:Studio Bell

https://www.studiobell.ca/地図を見る

国立音楽センター「スタジオベル」では、音楽史にまつわる楽器や「カナダ音楽の殿堂」など2000点以上の展示品を鑑賞できます。ローリング・ストーンズが使用した移動式音楽スタジオとスティービー・ワンダーの名曲を生みだした巨大シンセサイザーは必見!バックステージ・パス・ツアーに参加して、名曲誕生の瞬間を共有してみては?

<基本情報>
住所:850 4 St SE, Calgary, Alberta

買う:お土産探しなら「ステファンアベニュー・ウォーク」へ

買う:お土産探しなら「ステファンアベニュー・ウォーク」へ

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

中心街でのお買い物なら8番通りへどうぞ。その通りのうち1880年代から半世紀にわたって建造された街並みを今に伝える5区画は「ステファンアベニュー・ウォーク」と呼ばれる遊歩道で、国定史跡に制定されています。通りのアイコン「ガレリアツリー」は、パブリックアートとしてだけでなくビル風を弱める働きがある優れもの。

買う:お土産探しなら「ステファンアベニュー・ウォーク」へ

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ステファンアベニュー・ウォークの中心的存在「コア・ショッピングセンター」。3区画分の広々とした館内にはカナダ発のアパレルブランド「ルーツ」や「レ・シャトー」ほか約160店舗が入っています。

柔らかい自然光を届けるガラスの天井は世界最大!長さ200m、幅26mを有します。その恩恵を受けているのが最上階にある「デボニアンガーデン」。1万本の草木が生い茂る植物園には鯉の泳ぐ池やプレイグラウンドがあり、まさに都会のオアシス!買い物の休憩がてら、ぜひお立ち寄りを。

<基本情報>
住所:333 7th Ave SW, Calgary, Alberta

買う:お土産探しなら「ステファンアベニュー・ウォーク」へ

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

バラまき用のお土産探しならショッピングモールの東側にある「ダララマ」がおススメ。カナダ全土に1200店舗以上ある“百均”に相当する店で、お菓子や雑貨のほかカナダの国旗のキーホルダーなど多くの物が1ドル(2〜4ドルの物も)で購入できるのが嬉しいですよね。気づいたら買い物カゴいっぱいになっているかも。

<基本情報>
住所:232 8th Ave SW, Calgary, Alberta

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

食べる:人気店の卵料理やコーヒーで朝からハッピーに

食べる:人気店の卵料理やコーヒーで朝からハッピーに

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ブランチなら行列のできる人気店「OEBブレックファースト」へ。カルガリー発の卵料理専門店で、平飼いの卵など地産地消の新鮮食材を使用しているのが人気の秘密です。店内にはワッフルや卵型の半個室がありとってもキュート。「カナダ産ロブスターとエビのクレープ」は塩味控えめで濃厚な卵の味を堪能できますよ。キャビアの光る贅沢な逸品で朝からハッピーに。

<基本情報>
住所:222 5 Ave SW, Calgary, Alberta

食べる:人気店の卵料理やコーヒーで朝からハッピーに

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

旧マットレス工場を利用した焙煎所「フィル&セバスチャン・コーヒーロースター」はカルガリーに6店舗を構える人気カフェの本店です。建物内にはベーカリーカフェとアルゼンチン料理の店もあり、各店舗で食事をいただきながら「フィル&セバスチャン」のコーヒーを飲むこともOK。まろやかでコクあるコーヒーとともに美味しい食事を召し上がれ。

<基本情報>
住所:618 Confluence Way SE, Calgary, Alberta

食べる:人気店の卵料理やコーヒーで朝からハッピーに

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ちょっと小腹が空いたならカナダのファストフード代表「プーティン」はいかが?プーティンとはグレービーソースとチーズのかかったフライドポテトで、ベーコンやハラペーニョをトッピングすることも。甘党ならカナダの大手ドーナツ店「ティム・ホートンズ」のドーナツを。「コア・ショッピングセンター」内のフードコートなら両方食べられて大満足!

歩く:動物たちとの出会いを求めてレッツ、リバーウォーク!

歩く:動物たちとの出会いを求めてレッツ、リバーウォーク!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

中心街は摩天楼を抱くようにボウ川が西から東へ流れており、整備された川ぞいではリバーウォークを楽しむことができます。

2012年に開通した「平和の橋」は、世界的に有名なスペインの建築家サンティアゴ・カラトラバ氏の作品です。赤いダイヤの連なりが目を引く全長126mの芸術的な橋は、必見のSNS映え!

歩く:動物たちとの出会いを求めてレッツ、リバーウォーク!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

川に浮かぶ2つの島のうち、中心街の北側「プリンス・アイランド公園」には、パブリックアートの遊歩道やプレイグラウンドがあり、市民の憩いの場として大変人気があります。湿地では運が良ければハクトウワシやビーバーに出会えることも。

歩く:動物たちとの出会いを求めてレッツ、リバーウォーク!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

中心街の東に浮かぶ「セント・パトリックス・アイランド公園 」。そのアイコン「ブルーム」はカナダの彫刻家ミケル・デ・ブロイン氏の作品で、夜はモニュメントの先端から光を放ち、より幻想的に。

島の東側には「カルガリー動物園」があり、1番人気のパンダほか、カナディアンロッキーに生息するオオツノヒツジやシロイワヤギなど約1000頭が暮らしています。動物好きなら迷わずゴー!

※パンダは2023年まで滞在予定

カナダ・カルガリー中心街必訪スポットのまとめ

カルガリーは都市と自然が上手く調和した美しい北の街です。観光名所、ショッピング&グルメスポットへ徒歩圏内の中心街を気ままに散策してくださいね。

〈一旅一首〉
ドーナツの穴をのぞけば見つけられるかもしれないお菓子の家を

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -