閲覧注意?!爬虫類に囲まれるカフェ「横浜亜熱帯茶館」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

閲覧注意?!爬虫類に囲まれるカフェ「横浜亜熱帯茶館」

閲覧注意?!爬虫類に囲まれるカフェ「横浜亜熱帯茶館」

更新日:2014/07/11 12:05

奈良山 鹿子のプロフィール写真 奈良山 鹿子 元観光バスガイド

猫カフェ・ウサギカフェ・犬カフェ・ふくろうカフェ…など、動物と触れ合えたり見たり出来るカフェが人気ですよね。
今回紹介するのは「爬虫類カフェ」です。横浜駅から電車でも数分の立地で、爬虫類がいっぱい。爬虫類を観賞・触れ合えることはもちろん、本格的な中国茶がいただける本格的なカフェなんですよ。

爬虫類カフェ・横浜亜熱帯茶館

爬虫類カフェ・横浜亜熱帯茶館

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

横浜市の爬虫類カフェに行くには、電車ですと横浜駅から市営地下鉄でおよそ7分。伊勢佐木町駅で下車して徒歩およそ10分です。

2階にあるので、入口は階段を登ったところ。
中に入るとテーブルとイスが余裕を持って並べられていて、一見普通のカフェ。ですが周りを見ると水槽や爬虫類がいるケースがずらり。奥では大きなリクガメがごそごそ…。放し飼いにされている爬虫類もいるのですが、においは全く気になりません。

お店のシステムはワンドリンクオーダー制。まず案内されたイスに座り、机の注意書きを読んでからドリンクをオーダーします。そのあとはドリンクを飲みながらゆっくりしたり、爬虫類を見たり、触れ合ったりするというもの。時間によるチャージは必要ありません。混雑時は2時間までとなっていますが、余裕があれば時間は無制限です。

ドリンクは本格的な中国茶を是非。
写真…ジェラート(チョコ)400円
中国茶凍頂烏龍茶(水出し冷茶)800円

グリーンイグアナに釘付け!

入口正面にある大きなガラスの中に入っているのがグリ―ンイグアナ。
このお店には現在およそ20種40匹の動物がいるそう(2014年6月現在)ですが、それらのなかでも特に存在感があります。
グリーンイグアナはじっと木にとどまっているのかな…と思いきや、ガサゴソガサゴソ…!真ん中にある野菜を食べたり、違う木に移動したり。実は行動的なんですね。
座る場所によっては真っ正面にグリーンイグアナを見ることが出来ます。

ちなみにこちらのお店では、動物は全て「お店のスタッフ」なんだそうです。

グリーンイグアナに釘付け!

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

放し飼いエリアで間近に見よう

店内には動物と触れ合えて間近で見られる「放し飼いエリア」があります。

ドアがありますが出入りは自由。
「入る前と後は必ず消毒手洗いを行ってください」と注意書きがあり、衛生面をとても徹底しています。あと触れ合えると言っても、だっこしたり持ちあげることはできません。

放し飼いエリアにはリクガメやトカゲがいます。窓際ではぽかぽか陽気に当たって日光浴をしている動物も。
この写真の中にも動物が隠れています。見つけることができるでしょうか?

放し飼いエリアで間近に見よう

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

リクガメに癒される…

リクガメに癒される…

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

放し飼いエリアで人気なのがリクガメ。
日陰でじっとしていることも多いですが、たまに動き出します。
あまり警戒心がないのか、近付いて目線を合わせてみても動じることなく、トコトコ歩いています。
写真はヒョウモンガメ。大きなリクガメに混じって一番小柄なカメです。と言っても一般的なカメに比べれば大きいです。思い切って甲羅にタッチしてみましょう!

放し飼いエリアの入口には、いかにも爬虫類カフェ!というような本がずらり。イスに座ってゆっくり読むのも良いですね。

爬虫類同伴もOK。

いかがでしたか?
今回はイグアナやリクガメを中心にご案内しましたが、他にもヘビやトカゲなどの爬虫類や両生類がいます。
自分で飼っている爬虫類を連れてきても良いとの事。

とは言っても、本格的に爬虫類大好き!という人でなくても楽しめる場所なので、是非1度訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -