岐阜・付知峡「不動滝」の絶景へ!人気上昇中の癒しスポット

岐阜・付知峡「不動滝」の絶景へ!人気上昇中の癒しスポット

更新日:2020/07/14 16:27

赤木 リンのプロフィール写真 赤木 リン
岐阜県南東部に位置する中津川市には、付知峡という美しい峡谷があります。水の透明度が非常に高く、下流の付知川は鮎釣りの名所として有名です。

その美しい付知峡の中でも、特に話題を集めている絶景スポットが不動滝。エメラルドグリーンの滝壺は雑誌などでも取り上げられ、近年人気が急上昇しています。

周辺の散策も楽しめる、マイナスイオンたっぷりの涼感スポットをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

公園入り口から不動滝までは歩いて約10分!

公園入り口から不動滝までは歩いて約10分!

写真:赤木 リン

地図を見る

不動滝があるのは岐阜県中津川市付知町。周辺は不動公園として整備されています。公園の入り口にマップがあるので、散策を始める前に見ておくと迷わず向かうことができます。公園内にトイレはないので、駐車場にあるトイレを利用しておきましょう。

入り口横にある民宿「不動滝ひろづき」では宿泊だけでなく食事をとることが可能。また、不動公園奥にはBeGreen日和立というキャンプ場があり、夏季は多くの観光客でにぎわいます。

それではさっそく散策開始!ここから不動滝まではおよそ10分かかります。

公園入り口から不動滝までは歩いて約10分!

写真:赤木 リン

地図を見る

不動滝までの道のりの序盤は、整備された遊歩道を歩きます。しかし階段の段差の幅が揃っていなかったり、デコボコした箇所があったりするので要注意。雨の日やその翌日などはぬかるんで滑りやすくなります。歩きやすいスニーカーで行きましょう。

遊歩道の周囲では季節ごとにシャクナゲやコブシなどさまざまな植物を見ることができ、秋には紅葉も!森林浴を楽しみながら、のんびり散策しましょう。

公園入り口から不動滝までは歩いて約10分!

写真:赤木 リン

地図を見る

遊歩道の途中には休憩できるスペースやテラスがあるので、一休みしたりお弁当を食べたりすることもできます。ゴミは必ず持ち帰りましょうね。

足元に気をつけて!不動滝まであと少し

足元に気をつけて!不動滝まであと少し

写真:赤木 リン

地図を見る

遊歩道をしばらく歩くと、「不動滝入口」と書かれた看板があります。左の看板に書かれた「仙樽の滝」も少し気になりますが、まずは今回のお目当てである不動滝へ。

足元に気をつけて!不動滝まであと少し

写真:赤木 リン

地図を見る

不動滝までは写真の急階段を下りていきます。ちょっとドキドキしますが、慌てずゆっくり進んでいきましょう。絶景はもうすぐです。

足元に気をつけて!不動滝まであと少し

写真:赤木 リン

地図を見る

さらに階段を下りると、左手にエメラルドグリーンの滝壺が見えてきます。不動滝まであと少し!

階段を下りると……エメラルドグリーンの絶景!

階段を下りると……エメラルドグリーンの絶景!

写真:赤木 リン

地図を見る

階段を下りた先は展望台になっていて、目の前には見事な滝が登場!

ちなみに、先ほどから「不動滝」と呼んでいますが、厳密にいうと写真の滝は「観音滝」です。

階段を下りると……エメラルドグリーンの絶景!

写真:赤木 リン

地図を見る

その滝壺は、美しいエメラルドグリーン。近づくことはできず展望台から見下ろす形になりますが、見ているだけで水の冷たさを感じられ、マイナスイオンをたっぷり浴びているような気分に!ずっと眺めていたくなる美しさです。

階段を下りると……エメラルドグリーンの絶景!

写真:赤木 リン

地図を見る

滝は二段になっていて、観音滝の滝壺から流れているこちらが不動滝。展望台の奥には不動観音がいらっしゃるので、あわせてお参りをしていきましょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

仙樽の滝にも立ち寄ろう

仙樽の滝にも立ち寄ろう

写真:赤木 リン

地図を見る

不動滝を見学したら先ほどの看板まで戻り、せっかくなので仙樽の滝も立ち寄ってみましょう。落石の危険があるため2020年7月現在は遊歩道が閉鎖され、滝の近くまで行くことはできませんが、行くまでの道のりが楽しいのでおすすめです。

仙樽の滝に向かう道の途中に架かる吊り橋はスリリング!3人以上は乗れないのでご注意を。不動滝へ向かう道よりデコボコした岩場を歩いたり、急な階段を上ったりするのでややハードな道のりです。

仙樽の滝にも立ち寄ろう

写真:赤木 リン

地図を見る

こちらは仙樽の滝の上流です。遊歩道閉鎖のため滝の近くに行くことはできませんが、美しい川の流れを間近に見ることができます。スリリングな吊り橋を渡る体験も楽しいので、ぜひ訪れてみてください。

付知川を間近に!さらに上流へ

付知川を間近に!さらに上流へ

写真:赤木 リン

地図を見る

仙樽の滝から遊歩道へ戻ったら、まだまだ散策コースは続きます。もう少し奥まで行ってみましょう。

遊歩道の脇を流れる水路の透明度も高い!触ってみるとその冷たさにびっくりするはずですよ。

付知川を間近に!さらに上流へ

写真:赤木 リン

地図を見る

しばらく遊歩道を進むと、大きな岩がゴロゴロした川原が見えてきます。下りることができるので近くに行ってみましょう。

付知川を間近に!さらに上流へ

写真:赤木 リン

川遊びはできませんが、岩に座って付知川の清流をのんびり眺めたり、少し足を浸したりするのにピッタリの場所です。ぜひ訪れて実際にその美しさをご覧くださいね。

不動滝の基本情報

住所:岐阜県中津川市付知町下浦(不動公園内)
電話番号:0573-82-4737(付知町観光協会)
アクセス:中央道中津川ICから車で約50分

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -