「茅の輪くぐり」が1か月間できる!京都・車折神社で夏越しの祓い

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「茅の輪くぐり」が1か月間できる!京都・車折神社で夏越しの祓い

「茅の輪くぐり」が1か月間できる!京都・車折神社で夏越しの祓い

更新日:2014/06/03 14:49

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

1年の折り返し地点でもある6月30日、京都市内では「夏越祓(なごしのはらえ)」が主要な各神社で行われます。いずれの神社でも「茅の輪くぐり」ができるのですが、どこも6月30日のワンチャンスのみ。そこでおすすめしたいのが芸能人が通うというパワースポット「車折神社(くるまざきじんじゃ)」。ここではなんと、6月の1ヶ月間「茅の輪くぐり」が出来るのです!

芸能人もやってくるパワースポット!

芸能人もやってくるパワースポット!

写真:bow

地図を見る

嵐山にほど近い場所にある車折神社。境内には「芸能神社」があり、芸能や芸術に関わる人達に崇められていて、芸能人にとってのパワースポットとして有名な神社でもあるのです。

そのため、お忍びで訪れる芸能人も多いというこの神社。近年はメディア露出も頻繁で、観光客にもすっかりお馴染みになってきた神社でもあります。

「茅の輪」の設置期間は1ヶ月!

「茅の輪」の設置期間は1ヶ月!

写真:bow

地図を見る

そんな車折神社では6月になると「夏越祓」(なごしのはらい、なごしのはらえ)の準備がなされます。境内の鳥居前には「茅の輪」が設置され、「茅の輪くぐり」ができるようになります。

そもそも「夏越祓」とは、1年から半年経った6月末、にその年に積もった罪や穢れを払い、残り半年を無事に過ごせるようにと祈る行事です。京都の主な神社では大きな「茅の輪」を飾り、その「茅の輪」をくぐると無病息災・悪厄退散になると伝えられています。

通常、京都市内の神社では6月30日にだけ設置される「茅の輪」が、ここ車折神社ではなんと6月の1ヶ月間設置されるのです!なかなか「茅の輪くぐり」の為に日程調整ができないとお嘆きの方には朗報!そのおかげで観光客にも人気となっているのです。

「夏越祓」とは?

「夏越祓」とは?

写真:bow

地図を見る

「夏越祓」の作法は神社によって異なりますが、基本的には大きな茅の輪を三回廻って、罪・穢れを祓い清めるというもの。また、「茅の輪くぐり」以外にも紙の人形(ひとがた)に穢れをうつすという作法のある神社もあります。

人形に自分の息を吹きかけたり、身体を撫でることで穢れを人形にうつした後、水に流したり、焚き上げてもらうなど、お清めの儀式も神社によって様々です。

車折神社では茅の輪の他にも人形が用意されていて、人形には名前・年齢・性別を書き、息を3回吹きかけて罪・穢れを託します。これを6月30日の大祓式で神主が焚き上げて祓い清めます。せっかく茅の輪をくぐったのなら、人形もぜひ焚き上げてもらいましょう。

水無月を食べるのが関西流

水無月を食べるのが関西流

写真:bow

地図を見る

6月になると京都じゅうの和菓子屋には、とある和菓子が並び始めます。それは「水無月(みなづき)」です。京都では6月30日にこのお菓子を食べる風習があるのです。

旧暦6月1日は「氷の節句」と呼ばれ、氷室の中で夏まで保存していた貴重な氷を口にして暑気払いをしていました。しかし実際に氷を口にできるのは御所に関わる貴族のみで、庶民にとって夏の氷は手の届かない代物。そこで生み出されたのが、氷を模した和菓子・水無月だったのです。

水無月の白いういろうは氷を意味し、三角形は氷室の氷片を表し、上に乗っている小豆は魔よけの力があるとされています。水無月はまさに”夏越祓専用の和菓子”とも言えるものだったのです。京都人にとっては水無月とは6月のことではなく、和菓子の水無月をイメージする人が多いのです。それほど、6月になると必ず食べる和菓子として定着しています。

夏越祓で1年を折り返そう!

京都は盆地という土地柄、夏の暑さは日本でも有数の厳しさを誇ります。それゆえに「夏越祓」は重要な儀式だったのかもしれません。

そんな夏を乗り越え、1年の後半を元気に過ごすための儀式として、古来から脈々と受け継がれてきた「夏越祓」。初詣は日本人なら誰しも行くものですが、1年の折り返し地点、「夏越祓」でまた神社をお詣りするしてみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/06/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -