泊れるのは今だけ!上野の名旅館「水月ホテル鴎外荘」閉館へ

泊れるのは今だけ!上野の名旅館「水月ホテル鴎外荘」閉館へ

更新日:2020/04/08 13:47

みなみ じゅんのプロフィール写真 みなみ じゅん 雑誌編集者、旅ライター、侘び寂び温泉ファン
東京上野の老舗温泉旅館「水月ホテル鴎外荘」が、2020年5月31日をもって幕を引くことになりました。

この宿最大の魅力は、明治の文豪・森鴎外が処女作「舞姫」を書いた居宅が敷地内にあることです。そのうえ大浴場には天然温泉の黒湯が掛け流され、「プロが選ぶ日本のホテル料理100選」を15年連続受賞した、都内でも貴重な存在です。まさに今、訪ねておきたい名旅館です。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

閉館直前の温泉宿を訪ねて上野へ

閉館直前の温泉宿を訪ねて上野へ

写真:みなみ じゅん

地図を見る

水月ホテル鴎外荘は、昭和18年(1943年)木造2階建ての水月旅館といて上野の池之端で創業。2020年5月31日をもって80年近い歴史に幕を引く名旅館です。

JR上野駅から徒歩12分。不忍池と上野公園に挟まれた動物園通りを北へ向かうと、静かな住宅地へ入りかけたところにある宿です。東京メトロ根津駅からは徒歩5分です。

赤いカーペットの敷かれたロビーは、観光旅館らしい雰囲気。売店では、文豪・森鴎外の小説「舞姫・雁」(水月ホテルの私家版)や鴎外の名がつくワイン、ホテルオリジナルの鴎外グッズが売られます。

閉館直前の温泉宿を訪ねて上野へ

写真:みなみ じゅん

地図を見る

終戦間もない昭和21年、水月旅館の創業者は、森鴎外が処女作「舞姫」を執筆(明治23年)した隣家を購入。以来「鷗外荘」は旅館の一部として使われ、現在は見学や会食会場に利用しています。ロビーからは、鴎外が暮らした明治期の建物や庭が見られます。

閉館直前の温泉宿を訪ねて上野へ

写真:みなみ じゅん

地図を見る

鴎外荘の入口「舞姫門」。これは資料を基に復元したもので、門をくぐると明治期にタイムスリップしたような錯覚に。

森鴎外が130年前に住んだ古民家

森鴎外が130年前に住んだ古民家

写真:みなみ じゅん

地図を見る

鴎外荘の庭は70坪ほど。近年鯉の泳ぐ池を改修し、湯客が足を滑らせないよう石の小道が敷かれた他は、庭石や燈篭など当時のままの姿です。

森鴎外が130年前に住んだ古民家

写真:みなみ じゅん

地図を見る

軍医だった鴎外は、明治22年(1889年)海軍中将赤松則良男爵の長女登志子と結婚。赤松家が所有していたこの家に住みます。築130年を超えた家は、宮大工により釘を使わず建てられました。

森鴎外が130年前に住んだ古民家

写真:みなみ じゅん

地図を見る

鴎外荘の廊下に立つと、緑豊かな庭が見られます。樹齢300年を超えるクロガネモチやカヤ、柘榴の木々が立ち、都会の喧騒を忘れたような静けさに包まれます。

鴎外が処女作「舞姫」を書いた家

鴎外が処女作「舞姫」を書いた家

写真:みなみ じゅん

地図を見る

鴎外荘は「舞姫の間」と呼ばれる襖で仕切られた3部屋の座敷のほかに、ふたつの個室「蔵の間」と「於母影(おもかげ)の間」からなります。

鴎外はこの家で「舞姫」を書きあげ、明治23年(1890年)1月3日、文壇デビューを果たします。ほかに短編小説「うたかたの記」と訳詩集「於母影」がここで執筆されました。

鴎外が処女作「舞姫」を書いた家

写真:みなみ じゅん

地図を見る

通常鴎外荘は見学料550円。会食などで利用する際は、1部屋16,500円のルームチャージ料が必要ですが、4月初旬現在、期間限定で、見学と食事などの利用が無料となり、たいへんお得です。

鴎外が処女作「舞姫」を書いた家

写真:みなみ じゅん

地図を見る

「蔵の間」は古い蔵を改装した、個室のダイニングです。梁がめぐらされた天井の高い建物は定員4名で、6名までの利用が可能。ほかに12名まで利用できるテーブル席の個室「於母影の間」もあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「黒湯」で知られる上野の名湯

「黒湯」で知られる上野の名湯

写真:みなみ じゅん

地図を見る

水月ホテルの魅力のひとつが温泉です。大浴場が2箇所あり、夜に男女が入れ替わるので、宿泊客は両方のお風呂を楽しめます。

温泉は敷地内を掘削した自家源泉で、平成12年(2000年)には東京23区内の第一号温泉として都から指定を受けました。泉質はpH8.4の重炭酸ソーダ泉で、「黒湯」とも呼ばれる琥珀色のお湯が掛け流されています。とても柔らかい湯ざわりで保湿効果も高く、疲れがすーっと引くいいお湯です。

「黒湯」で知られる上野の名湯

写真:みなみ じゅん

地図を見る

大浴場の「福の湯」には、天然大理石の重厚な浴槽を備えます。

脱衣場には化粧品類もあり、女湯はDHC、男湯はポーラの「ガチ」が置かれます。さらに髪や顔、身体にも使える人気の「ルーヴルドー復元ドライヤー」が用意され、宿のこだわりを感じます。

「黒湯」で知られる上野の名湯

写真:みなみ じゅん

地図を見る

檜の湯船を備えた「檜の湯」も注目。樹齢二千年の希少な古代檜に、漆を塗り重ねた珍し造り。漆のせいで表面はツルリとしますが、それでも木の柔らかさが感じられるいい湯船です。

日帰り入浴で利用するご近所の住民もいて、地域に愛されるお風呂。温泉好きなら入っておきたい上野の天然温泉です。

黄綬褒章受章の総料理長が作る味

黄綬褒章受章の総料理長が作る味

提供元:水月ホテル鴎外荘

https://ohgai.co.jp/地図を見る

水月ホテルで外せないのが料理です。「プロが選ぶ日本のホテル料理100選」を15年連続で受賞。大河原実総料理長は、2014年に都の優秀技能者に贈られる「東京マイスター」を受賞し、2016年には厚生労働省が卓越した技能者へ贈る「現代の名工」に選出。さらに同年、黄綬褒章を授与されました。味はもちろん、目でも楽しめる料理です。

宿泊は、1泊2食つきの懐石コース(写真)がお手頃価格です。

宿泊以外にも、ランチやディナーでの利用も可。宿自慢の懐石料理は、3日前までの予約制。さらに4月初旬現在は期間限定で、普段はないリーズナブルなランチコースとディナーコースを提供します。水月ホテルで手ごろなコースを食べられるのも、今ならでは。

黄綬褒章受章の総料理長が作る味

提供元:水月ホテル鴎外荘

https://ohgai.co.jp/地図を見る

ランチやディナーのみ利用の方は、「鴎外懐石」(写真)と「鷗外プレミアム懐石」がオススメです。温泉入浴がセットになって、食事とお風呂を楽しめます。「草紙懐石」と「山椒懐石」も、入浴料を500円ディスカウント。これらの料理も3日前までの予約が必要です。

鴎外懐石を試したい宿泊客は、プランに組まれていないので、1泊朝食付きのプランにオプションで鴎外懐石を加えるといいでしょう。

黄綬褒章受章の総料理長が作る味

写真:みなみ じゅん

地図を見る

水月ホテルは、鴎外荘とその庭を囲むように建つ3棟のビルからなります。客室は123部屋で、和室をはじめ、洋室はシングル、ツイン、ダブルがそろいます。

鴎外荘の利用料、およびリーズナブルなコース料理は、期間限定の特別価格です。料金や内容が変更することもありますので、ホテルにご確認ください。

5月31日 グランドフィナーレ

森鴎外は若き芸術家たちが訪ねてくると、いつも丁寧にもてなしたと伝わります。水月ホテルはそんな鴎外の気持ちにならい、宿に近い東京芸術大学の学生やプロの奏者を招いてのミニコンサートなど、文学や芸術の発信に寄与してきました。それだけに、閉店はたいへん惜しまれます。

歴史、料理、温泉と、三拍子そろった宿は、東京でも貴重な存在。都心では珍しく女将さんのいる宿です。丁寧な接客も老舗旅館の証し。そして鴎外荘の中に立てば、令和の現代とは違う時間が流れます。2020年5月31日、グランドフィナーレ。今、訪ねたいお宿です。

2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/03/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -