越前美濃街道・朝倉氏の一乗谷をゆく〜JR越美北線乗り撮り歩き

越前美濃街道・朝倉氏の一乗谷をゆく〜JR越美北線乗り撮り歩き

更新日:2020/06/10 14:33

もんTのプロフィール写真 もんT チューター、フリーライター
福井平野から大野盆地を抜け、岐阜県境へ。古くから越前と美濃を結んでいた街道に沿うように、JRのローカル線・越美北線が走っています。越美北線に乗ると、戦国時代の都市遺構・一乗谷朝倉氏遺跡へもアクセス可能。足羽川や九頭竜川の流れ、そして越前杉の林を車窓に見ながら、旧街道沿いをローカル線で旅してみましょう。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

まずは越美北線について…

まずは越美北線について…

写真:もんT

地図を見る

越美北(えつみほく)線は、福井県の福井駅と九頭竜湖駅とを結ぶ55.1kmのローカル線。国鉄時代に、越前と美濃を結ぶ路線として建設が進められました。しかし、岐阜県との県境区間は未開通のまま、国鉄民営化。現在は、福井市と奥越の越前大野市を結ぶ、地元の生活路線として、また、奥越の豊かな自然を車窓から楽しめる観光路線として、愛されています。列車の本数は限られていますので、最新の時刻表をチェックしてから出かけましょう!

まずは越美北線について…

写真:もんT

地図を見る

列車は、福井平野を東へ。一乗谷駅を過ぎると足羽川に沿うように、奥越の豊かな自然の中を走ります。足羽川は何度も鉄橋で渡ります。越美北線を走るキハ120形ディーゼルカーは、バスのようなコンパクトな車体。運転席横からは、写真のような前面展望も楽しめますよ。

まずは越美北線について…

写真:もんT

地図を見る

大野盆地を抜けるときには、天空の城・大野城も、進行方向左後方に見えます。この先は九頭竜(くずりゅう)川に沿って、さらに山奥へ…。終着・九頭竜湖駅を目指します。山間部はトンネルで短絡していますが、線路はほぼ、かつての越前美濃街道、現在の国道158号線に沿っています。

越前美濃街道の面影を求めて〜足羽川沿いを歩いてみよう

越前美濃街道の面影を求めて〜足羽川沿いを歩いてみよう

写真:もんT

地図を見る

越美北線の沿線は、始発の福井駅近くには福井城跡、途中には東郷の宿場町に、一乗谷遺跡、そして越前大野駅近くには大野城…と、数多くの歴史遺産があります。これらのスポットは、古くは越前美濃街道で結ばれていました。

街道の大部分は、現在は国道となっていますが、昔のまま、かつての面影を残しているような場所もあります。その一つ、越前高田(えちぜんたかだ)駅で、途中下車してみましょう。福井駅からは22分、一乗谷の次の駅です。ここは、古くは越前美濃街道から永平寺へ至る道の分岐点で、駅前の集落を貫く小道は、まさに越前美濃街道でした。

越前美濃街道の面影を求めて〜足羽川沿いを歩いてみよう

写真:もんT

地図を見る

写真は越前高田の集落の南、足羽川にかかる橋の上から、下流方向を撮った1枚。昔の街道は、この辺りでは足羽川の右岸(北側)を通っていました。集落を抜けると、道は、越前杉の林の中へ。昔の旅人になった気分でぜひ歩いてみて!明智光秀は信長に仕える前、一時期、美濃から逃れて、越前の朝倉氏のもとに身を寄せたことが伝えられています。きっとこの道を歩いたことでしょう。

越前高田の集落から、足羽川に沿って進むと、一乗谷朝倉氏遺跡までは、およそ4km。1時間のハイキングになります。右岸の旧街道を歩く場合は、次の足羽川にかかる橋(国道158号線の橋)で、左岸(南側)に渡って、県道を川沿いに進みましょう。

朝倉氏が築いた中世都市・一乗谷を歩こう!

朝倉氏が築いた中世都市・一乗谷を歩こう!

写真:もんT

地図を見る

中世の都市遺構として、国の特別史跡となっている一乗谷朝倉氏遺跡は、沿線随一の観光スポット。列車の車窓からは遺跡は見えませんので、ぜひ途中下車してみましょう!一乗谷駅からは、歩いて行けます。駅を降りたら、右手の方へ向かい、越美北線の線路を渡って、一乗谷川の谷に向かって、緩やかに上っていきましょう。10分ほどで、かつての城門・下城戸にたどり着きます。

朝倉氏が築いた中世都市・一乗谷を歩こう!

写真:もんT

地図を見る

戦国大名朝倉家、最後の当主・義景(よしかげ)の館跡は、下城戸からさらに10分ほど歩きます。広大な谷全体が、中世の一大都市であったことが偲ばれます。

朝倉氏が築いた中世都市・一乗谷を歩こう!

写真:もんT

地図を見る

館跡の背後の山にも、ちょっと登ってみましょう。山腹には、庭園や寺社の跡なども残っていて、山全体も含めた、広大な遺跡であることが、よくわかります。谷間の「一乗谷復原町並」も、俯瞰できます。山城の城郭跡なども見て回るのなら、たっぷり1日、時間をかけることをおススメします。

<一乗谷復原町並の基本情報>
住所:福井市城戸ノ内町28-37 (一社)朝倉氏遺跡保存協会
電話番号:0776-41-2330
開場時間:9:00〜17:00 ※入場は16:30まで
定休日:年末年始(12/28〜1/4)
入場料:一般220円
アクセス:JR越美北線・一乗谷駅下車 徒歩20分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

越前美濃街道と一乗谷を旅しよう

越前美濃街道と一乗谷を、ローカル線で訪ねる旅をご紹介しました。越美北線沿線には、他にも、一乗谷の隣・越前東郷の宿場町や、越前大野の城下の古い家並みなど、往時の往来を偲ばせる歴史遺産が点在。こちらも列車で訪ねることができるおススメスポットです。奥越の豊かな自然と、歴史遺産に触れる旅、越美北線に乗って楽しんできてください。

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/03/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -