最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

ロンドンの人気アートスポット「テートモダン」鑑賞ポイントも!

ロンドンの人気アートスポット「テートモダン」鑑賞ポイントも!

更新日:2020/04/15 18:16

miyoshi yucaのプロフィール写真 miyoshi yuca 旅×カルチャー・ライター
テートモダンはイギリス首都ロンドンのテムズ川沿いにある国立の近現代美術館。モネやピカソなどの有名な画家の作品が展示されているロンドン観光の目玉でもあります。膨大な数の作品が展示されているテートモダンは、時間をかけてゆっくりひとつひとつの作品をみたいところですが忙しい観光客には難しいことも。そこで、今回はテートモダンのみどころと、有名作家の作品の必見鑑賞ポイントもご紹介します!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

開放的な内観も

開放的な内観も

写真:miyoshi yuca

地図を見る

テートモダンは本館ボイラーハウスと新館となるスイッチハウスに分かれており、新館には無料で登れる展望台もあります。発電所だった本館ボイラーハウスは建物自体も見どころで、本館と新館の間には大型の発電機が置かれていたため今は巨大な吹き抜けになっている「タービンホール」があります。

誰でも知ってる超有名画家に出会う

誰でも知ってる超有名画家に出会う

写真:miyoshi yuca

地図を見る

クロード・モネは印象派の代表的なフランス人画家。それまで写実的な宗教画などが主流だったヨーロッパで自然の美しさを描くことに徹底、多くの作品を残しています。

モネの作品は、時間とともに変わりゆく光の移ろい、季節の移り変わりを描くために、同じモチーフを何枚も描き続ける連作というスタイルが特徴です。特にモネが好んで描いた「睡蓮」が有名です(写真)。睡蓮を描いた作品は実に約250枚も残されており、世界中の美術館に収蔵されています。もちろんテートモダンのコレクションにもあります。

モネは水面に映る光をいかにとらえ、いかに表現するか、その技法を追求しつづけました。日本美術に大きな影響を受けたというモネのスタイルは日本人にも馴染み深いです。こうした自分なりにみえたものを自分なりに表現したいという探究心や、新しい技法の模索は、のちの画家に大変大きな影響を与えました。

誰でも知ってる超有名画家に出会う

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ゲルニカで知られるパブロ・ピカソは、「キュビズム」など誰が見てもすぐにピカソだとわかる独特なスタイルをもちますが、実は時期によって全く違う技法やスタイルの作品を描いています。同じ画家の作品とは思えないほど、ガラッと作風を変え、常に勝負に出るピカソの芸術に対する姿勢には、多くの人々が感銘を受けてきました。

テートモダンにもそんなピカソの違う年代の作品が見られるので、その違いや共通点などを比較しながらピカソの独創性を鑑賞するのも面白いかもしれません。愛人を描いた「泣く女」や、好んで何度も描いた南フランスのアトリエがモチーフの「スタジオ」(写真)など有名な作品もあります。

誰でも知ってる超有名画家に出会う

写真:miyoshi yuca

地図を見る

アンディ・ウォーホルは、ポップ・アートというジャンルを作り出したアメリカ人のアーティストです。

ウォーホルは誰にでも身近で、どこにでもあるモチーフを使用したことで有名です。例えばコカ・コーラやキャンベルのスープ缶、マリリンモンローの肖像など。ウォーホルはそれをあろうことかシルクスクリーンに印刷しました。当時はアートとして認められず批判を受けましたが、「大量生産できる大衆的なもの」をアートとして扱うことで、エリート志向な芸術の世界に挑戦したのです。時代に逆らい、自分の道を作り出したウォーホルの反骨精神はまさに偉大なアーティストならではの姿なのかもしれません。

テートモダンでもウォーホルの作品を所蔵しているので、色々な作品をみることができます!

アイディア勝負!考えさせられるアート

アイディア勝負!考えさせられるアート

写真:miyoshi yuca

地図を見る

シュールレアリスムの代表格とも言えるサルバドール・ダリは他人と違うことをしたいと、とにかく個性を追求しました。「当たり前」であることに疑問を抱いたダリは、例えばレストランでロブスターを注文したら、お皿の代わりに茹でられた電話器にロブスターが乗っていてもいいのではないか、というかなり飛び抜けた発想をそのまま作品にしたり(「ロブスター電話」写真)、他にも時計が溶ける作品など奇抜な作風が有名です。

私にとっての普通があなたにとっての普通とは限らない。普通とはなんのか、常に見るものに問いかけ続けたダリは芸術の歴史にとって重要な人物なのです。

アイディア勝負!考えさせられるアート

写真:miyoshi yuca

地図を見る

マルセル・デュシャンの作品は難解なことでも知られています。とにかく突飛な作品タイトルで見る人を惑わせるのが得意なデュシャンですが、特に有名なのがテートモダンでも展示されている「泉」という作品。これは陶器でできた便器に仮名でサインしただけの作品です。見た人はまず「これはどういう意味なんだろう?」と首を傾げます。こうしてドゥシャンは「芸術とは何か」を私たちに問いかけます。

自ら作らなくても既製品にタイトルをつけることで、そのものの見方を変えてしまう。そしてどこにでもあるものが芸術作品になってしまいます。デュシャンは、それまでの芸術とは何かを作ることだという考え方を揺るがし、現代アートを確立させた偉人でもあるのです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アートを体感できる部屋で瞑想気分

アートを体感できる部屋で瞑想気分

写真:miyoshi yuca

地図を見る

テートモダンの見どころの一つでもある、マーク・ロスコの作品だけが並べられた「ロスコルーム」は必見です。自分の作品を並べ同じ場所で見せることにこだわったというロスコ作品の展示スタイルを堪能できる贅沢な空間です。照明がうっすらと落とされ、「瞑想する絵画」といえるのがうなずけるような心落ち着く空間になっています。

大きなキャンバスに色を重ねただけに見えるシンプルすぎる構図ですが、時間をかけて鑑賞するとそれ以上の発見があり、見る人を惹きつけます。だからどの作品よりも鑑賞者が足を止め、じっくり時間をかけているのでしょう。

テートモダンのもう一つの見どころ

テートモダンのもう一つの見どころ

写真:miyoshi yuca

地図を見る

2016年に開館した新館スイッチハウスの展望台からはロンドン市内を一望できます!高いビルがあまりないロンドンでここまでの景色はなかなか見られません。テムズ川に架かるミレニアムブリッジにつながる高い建物が、テートモダンの本館ボイラーハウスです。気持ちの良い風を感じながらパノラマビューを楽しんでください!

なお、今回ご紹介した作品は、訪問時期によっては貸出や修復などで展示されていない可能性もありますのでご了承ください。

テートモダンの基本情報

住所:Bankside, London SE1 9TG
開館時間:
日曜〜木曜 10:00〜18:00
金曜・土曜 10:00〜22:00
入場料:無料 ※特別展は有料
アクセス:最寄り駅「サザーク(Southwark)駅」から徒歩

2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/25−2018/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -