贅沢すぎる〜っ!! 旬の美味しい果物狩りを山梨県で!

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

贅沢すぎる〜っ!! 旬の美味しい果物狩りを山梨県で!

贅沢すぎる〜っ!! 旬の美味しい果物狩りを山梨県で!

更新日:2014/06/27 15:46

So dainty!! Seasonal fruits picking in Yamanashi prefecture!

日本一高い山の富士山、日本一の日照時間の長さ、日本一のミネラルウォーターの出荷量、と「日本一の○○」がたくさんの山梨県!

その中でも広く知られているのが、「日本一のフルーツ王国」の山梨県です!
これからぞくぞく旬を迎える果物達。さくらんぼや桃、ぶどうなど一度に楽しみたい方におすすめ、山梨県の果物狩りをご紹介しまーす(^^)

「果物狩り」を楽しむための事前準備〜!

「果物狩り」を楽しむための事前準備〜!
地図を見る

「果物狩り」は、下記のような事前準備をするとより楽しめますよ!

1.両手はあけて行こう
さくらんぼ狩りもも狩りも、木の上部にある実を採るには農園によっては脚立を使う事があります。この時、両手があいていないと採りにくいし少し危なっかしいので、両手はあくようにしましょう。
女性でしたら斜めがけポーチなどがおすすめです。

2.大きめのタオルを持って行こう
果物はとってもジューシーなので、手や口をふくために、ポケットやポーチにタオルを入れておいてくださいね。
農園備え付けのタンクで、手を洗う時にも使えます!

3.事前にトイレを済ませよう
実は一番肝心・・・!?
農園までの間に、コンビニや道の駅などでトイレに行っておきましょう。
農園にも簡易トイレがある場合もありますが、人が多いと順番待ちになることも。

4.暑さ、日焼け対策は入念に!
日照時間日本一の山梨県は、晴れていても曇っていても暑い時期は暑い!
全天候型の農園でも、日差しはバンバン降り注ぎますので、暑さ対策に日よけの帽子や、日焼け止めの準備をするのがおすすめです。

他にも歩きやすい靴で行くこと、果汁がついてもめだたない色の服を選ぶなど、奥深い準備が「果物狩り」を制する要になりますよ(^^)

7月まで楽しめる!「さくらんぼ狩り」の魅力

7月まで楽しめる!「さくらんぼ狩り」の魅力
地図を見る

筆者は今回、南アルプス市にある中込農園さんを利用して「さくらんぼ&桃狩り」を体験しました。こちらの農園では、訪れる時期によって「さくらんぼ&桃狩り」「桃&ぶどう狩り」など、2つの果物狩りをセットで体験できる、欲張りさんに嬉しいサービスがあります!!

こちらの農園のさくらんぼの種類は、「高砂(たかさご)」「佐藤錦」の2つ。品種が違うので、それぞれの味の違いを比べられますよ♪
「高砂」は実が大きくみずみずしさと甘さが特徴で、「佐藤錦」は少し小ぶりで締まっていて、甘さと酸味のバランスがよくとれています。木の幹にどの品種かわかるようプレートがかけてあるので、食べ比べを楽しんでくださいね♪

さくらんぼの採り方は、実の部分を持って少しひねるだけ、と簡単です。来年以降の美味しいさくらんぼの収穫のために、実の部分だけを採って食べるのがルールですよ!
食べ終わった種は、足元へどうぞ(^^)

上を見上げて、さくらんぼを探そう!!

上を見上げて、さくらんぼを探そう!!
地図を見る

さくらんぼ狩りでは、こちらの写真のように脚立を使って実を採ります。脚立に登って実をとる人、下で実をもらう人などの役割分担をすると、甘〜いさくらんぼが効率よくたくさん食べられますよ!

さくらんぼの木ってとっても背が高いんですよね。一般的には5,6メートルくらいまで大きくなるんです。さくらんぼ農家さんは、この背の高い木のさらに上に、ハウスを設置しています。高所作業の多いさくらんぼ栽培は、大変手間もかかるし難しいものなんですって。

手塩にかけて育てられたさくらんぼですので、さくらんぼを狩る側も大事に頂きたいですね(^^)

時期によって変わる桃の品種! 何度も訪れて食べ比べを!

時期によって変わる桃の品種! 何度も訪れて食べ比べを!

一般的な桃狩りは6月下旬からが多いのですが、中込農園さんでは「ひめこなつ」という5月下旬から収穫の始まる桃を取り扱っており、桃狩りを6月中旬からされています。
「ひめこなつ」の実が終わる頃には、「白鳳」や「浅間白桃」など次の品種が育ちますので、訪れる時期の中で一番食べ頃の桃を食べることができちゃいますよ♪
「ひめこなつ」は小ぶりで、写真のように手のひらにいくつかのってしまいますが、「白鳳」や「浅間白桃」は実がとっても大きくて、1個で手のひらサイズまでなりますよ〜(^^)
桃狩りのシーズン中に、2度、3度と足を運ぶと色々な桃が楽しめますね♪

ももは、手で皮をむいてかぶりついてもOKですし、ナイフとお皿を借りられるので、少しずつ切って食べてもOKです! 種や皮はお皿に入れて、終わったら農園の方へ渡して捨ててもらいます。

備え付けの水タンクがあるので、ももを洗っても良いし、果汁でべたつく手も洗えるので、安心してたくさんももが食べられますよ〜!

これからも旬が続々!果物狩りの期間は意外と長い!

これからも旬が続々!果物狩りの期間は意外と長い!
地図を見る

初夏から秋にかけては、まさに「果物狩り」の旬の時期ですよ!
山梨県で生産されている果物の、おおよその収穫時期は下記のようになります。

●さくらんぼ・・・5月下旬〜7月上旬
●桃    ・・・6月下旬〜9月上旬
●ぶどう狩り・・・8月中旬〜10月中旬
●梨狩り  ・・・8月下旬〜10月中旬

上記以外にも、山梨県ではプラム、プルーン、りんごなどの果物狩りができるんですよ〜!『旬の時期が過ぎちゃったかな?』という時でも、果物狩りが出来る場合もありますので、ぜひ各農園に確認してみて下さいね。
皆さんが思っているより、意外と長い期間楽しめますよ♪

果物狩りをしながら、富士山の雄大な姿を眺められるのも、フルーツ王国の山梨県ならでは!景色も一緒で、2倍楽しい果物狩りになりますね(^^)

果物狩りのまとめ

行こう行こう、と思っているうちに旬の時期を逃してしまいがちな果物狩りですが、山梨県では前述した通り、長い期間楽しむことができますよ!

東京から中央道で2時間弱とアクセスも良く、ご家族揃ってのお出かけや、カップルのデートにもピッタリですよ(^^)

「フルーツ王国」山梨県の果物狩り、この機会にお楽しみ下さい♪

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ