アメリカ・ナパバレー「ウィンダウンホテル」で楽しむワインカントリー

アメリカ・ナパバレー「ウィンダウンホテル」で楽しむワインカントリー

更新日:2020/07/26 17:00

Chanos Mayaのプロフィール写真 Chanos Maya トラベルコンサルタント、ワイナリーツアーアドバイザー
サンフランシスコから車で1時間。カリフォルニアワインの生産地、ナパバレーの真ん中に位置するセントヘレナにはトップクラスのワイナリーからグルメレストラン、おしゃれなショップなどが集まっています。ぶどう畑の絶景に囲まれ、「ナパバレーのメインストリート」とも称される街ではワインカントリーらしいアクティビティを満喫できます。そんなセントヘレナのブティックホテル「ウィンダウンホテル」をご紹介します。

ワインカントリーのど真ん中、セントヘレナ

ワインカントリーのど真ん中、セントヘレナ

写真:Chanos Maya

地図を見る

サンフランシスコから北に車で1時間ほど走ったところにあるナパカウンティ(カウンティ=郡)。ナパの西にはソノマがあり、一般的にナパ&ソノマバレーと呼ばれるカリフォルニアワインの生産地です。世界的に有名なブランドワイナリーから、小規模ワイナリーまで、品質のよいワインが毎年生まれています。

ナパ市内(ナパダウンタウン)はナパバレー観光の玄関口。ローカルたちの生活の拠点でもあり、ぶどう畑の広がるワインカントリーのイメージとは少し異なる、都会的な印象の街です。

そんなナパのダウンタウンを南北に延びる州道29号線を車で30分ほど北上したところにセントヘレナがあります。ワイナリーのみならず、ショップ、ギャラリーなどが集まるナパバレー観光の拠点となる街です。

セントヘレナのメインストリートに建つウィンダウンホテル

セントヘレナのメインストリートに建つウィンダウンホテル

写真:Chanos Maya

地図を見る

ナパのダウンタウンを抜け、ロバートモンダヴィやオーパスワンなど有名ワイナリーの広大なぶどう畑を過ぎ、ロードサイドに小さなショップが立ち並ぶようになると、そこがセントヘレナ。ぶどう畑に囲まれる、どこかくつろいだ印象の街です。

美しいワインカントリーの絶景に囲まれるセントヘレナは、ワイナリー、ショップ、ギャラリーなどの見どころが小さなエリアに集まっています。旅行のメインがワインテイスティングの場合、個人で運転をして周遊することが難しいため、歩いて散策や観光ができる足回りの良さはナパバレーを観光する上で重要なポイントです。

ナパから延びる29号線に沿って、ワインのテイスティングルーム、オリーブオイルの専門店、アンティークショップなどこだわりのあるお店が並ぶ一角に「ウィンダウンホテル」が建っています。

セントヘレナのメインストリートに建つウィンダウンホテル

写真:Chanos Maya

地図を見る

セントヘレナはナパバレーを代表する美食の街。アメリカの食のトレンドの発信地です。朝食をいただいたら、ホテル近くのワイナリーでテイスティング、昼食の後はギャラリーを訪ねて、夕食前にワイナリーへもう一軒と、ウィンダウンホテルから徒歩でワインカントリーならではのアクティビティが楽しめます。

セントヘレナのワイナリーは多くが個人経営。作り手のこだわりが詰まったワインは各ワイナリーでのテイスティングツアーなどで味わうことができます。様々なメーカーのワインを一度に味わうなら、ワインショップでのテイスティングもおすすめです。

セントヘレナ産ワインと地元の食材を使ったお料理とのペアリングなら、近くのダイニングで。セントヘレナにはミシュランの星付きレストランもあります。もっと気楽にセントヘレナのグルメを楽しむなら、地域で愛される「モデルベーカリー」へ。本格的なフレンチスタイルのペストリーやスイーツとともにひと時を過ごすのもアイデアです。

広々としたゲストルーム&クオリティの高いアメニティ

広々としたゲストルーム&クオリティの高いアメニティ

写真:Chanos Maya

地図を見る

ウィンダウンホテルはたった12室のブティックホテル。ロビーには季節ごとに異なる表情を見せる生の植物で作られたライブウォールや、レザーや木材など自然素材を利用したインテリアが置かれ、まるで現代アートの美術館のような雰囲気。

2つのカテゴリに分かれているゲストルームは最低でも30平米あり広々しています。壁に掛かる写真などのアート、インテリアはすべてウィンダウンホテルのために地元のアーティストがデザインしたもの。カリフォルニアらしい明るい印象のゲストルームです。

お部屋は全室シャワーのみとなりますが、広く取られたバスルームは機能的。バスアメニティもしっかりそろっていて快適な滞在ができます。

広々としたゲストルーム&クオリティの高いアメニティ

写真:Chanos Maya

地図を見る

ウィンダウンホテルでは充実したルームアメニティにも注目!すべてのお部屋にはネスプレッソ(エスプレッソメーカー)が備えられ、ソフトドリンクやペリエなどがぎっしりと詰まった冷蔵庫がゲストを待っています。これらのアメニティはすべてコンプリメンタリー(無料)サービスです。

散策に疲れたら、カフェでサンドイッチなどをテイクアウトして、お部屋でコーヒーと一緒に。ワイングラスなどもセットされており、ワイナリー巡りでみつけたワインをお部屋で楽しむことだって可能です。

朝が待ち遠しくなる「ウィンダウンホテル」の朝食

朝が待ち遠しくなる「ウィンダウンホテル」の朝食

写真:Chanos Maya

地図を見る

ウィンダウンホテルの宿泊には朝食が含まれており、ゲストは無料でいただくことができます。

目覚めのコーヒーは、サンフランシスコ発のサードウェーブコーヒーロースタリーの「リチュアルコーヒー」から。地元ナパやソノマ産のヨーグルトのほか、クロワッサンやハンドメイドのグラノーラが並びます。ベーカリー類はすべてモデルベーカリーから焼きたてが毎朝届けられ、パンの香りがホテル中に広がります。

無料でも朝が待ち遠しくなるクオリティの朝食サービス。美食の街セントヘレナらしい、グルメ朝食もウィンダウンホテルのハイライトです。

朝が待ち遠しくなる「ウィンダウンホテル」の朝食

写真:Chanos Maya

地図を見る

朝食が提供されるロビー横のスペース。おいしい朝の時間が過ぎると、その後はオーナーが集めたアートに囲まれるブティックホテルらしい、おしゃれなティールームに。この場所ではクラフトコーヒーやお茶などが終日セルフサービスでいただけます。

散策途中の一息に、チェックアウト後の出発前に、いつでも好きな時に気軽においしいお茶をいただけるのもうれしいサービスです。

ナパバレーの魅力を存分に楽しめる「ウィンダウンホテル」

気取らないカジュアルな雰囲気でありながら、きめ細かいサービスがうれしいウィンダウンホテル。洗練されたセントヘレナの街並みとワインカントリーを思いのままに散策できるロケーション。

そしてナパ市街へも車で30分、ソノマへも1時間ほどで、ナパ&ソノマのワインカントリーを自由自在に楽しめるアクセスの良さもポイントです。

今や世界のものが身近なところで手に入る時代。でもワインは現地で味わうのが一番!なぜならローカルの食材を使ったお料理、カリフォルニアの太陽のにおい、それらがさらにカリフォルニアワインを引き立てるから。セントヘレナのウィンダウンホテルで世界有数のワインカントリーでの1日を過ごしませんか?

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/15−2020/02/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -