最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

手軽に絶景が楽しめる!小豆島・三都半島「飯神山」ハイキング

手軽に絶景が楽しめる!小豆島・三都半島「飯神山」ハイキング

更新日:2020/04/23 12:13

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
有名な寒霞渓をはじめとして、素晴らしい山や展望台が数々揃っている「小豆島」は、初心者ハイカーや登山入門者に最適!体力をあまり必要とせず、手軽に満足度の高い山歩きが楽しめます。今回紹介する三都半島「飯神山(いかみやま)」もその一つ。山頂まで往復1時間半と短時間ながら、途中の展望スポットや山頂から、美しい瀬戸内海と島東部の海岸線を眺めることができますよ!下山後のジェラートも楽しみの一つ。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

素晴らしい低山の宝庫!小豆島で絶景ハイキングを楽しもう

素晴らしい低山の宝庫!小豆島で絶景ハイキングを楽しもう

写真:土庄 雄平

地図を見る

瀬戸内国際芸術祭の開催やエンジェルロードなどの景勝地から、近年国内旅行先として人気が高まっている「小豆島」。そんなこの島には様々な魅力がありますが、中でも注目したいのが「展望スポットの多さ」です。

実は海のイメージが先行しがちな小豆島ですが、島全体に渓谷や山の地形が発達しており、少し登れば素晴らしいパノラマに出会うことができます。

素晴らしい低山の宝庫!小豆島で絶景ハイキングを楽しもう

写真:土庄 雄平

地図を見る

有名なのは、寒霞渓や重岩などの景勝地。観光スポットとしても認知されており、多くの観光客が訪れます。その一方で、ひそかに勧めたいのが、小豆島の中に幾つも存在する「低山」です。

星ヶ城、碁石山、千羽ヶ嶽、仙多公峰、皇踏山、そして今回紹介する「飯神山(いかみやま)」など、あまり知られていないものの素晴らしい登山やハイキングを楽しめる山が数多く存在します。

知る人ぞ知る三都半島の里山「飯神山」

知る人ぞ知る三都半島の里山「飯神山」

写真:土庄 雄平

地図を見る

「飯神山(いかみやま)」は小豆島南部・三都半島の付け根に位置する標高267mの山。三都半島自体、小豆島の中では比較的マイナーなエリアで、この飯神山の存在も地元民の方以外ほとんど知られていません。

そんなこの山のアクセスですが、池田港から「道の駅 小豆島ふるさと村」を越えて、二面(ふたおもて)地区へ至り、内陸へ伸びていく林道の先から登山口が始まります。道は一つしかないので、マップを片手に行けば迷うことはないでしょう!

※登山口詳細は上記の画像をクリックすると地図で確認できます。

知る人ぞ知る三都半島の里山「飯神山」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして道の傍らに「飯神山登山口」という標識が現れたら、そこから登山スタート!マイナーな山とは言いながら、しっかり登山道は整備され、道は明瞭。また途中に迷うような分岐もないため、道なりに進んでいけば大丈夫です。また電波も通じているため、GPSで現在地が確認できる点も安心ですね。

そして登山開始から30分ほどで、少しずつ視界が開けてくることに気づくはず!

山頂付近の奇岩の先に広がる「小豆島」の絶景

山頂付近の奇岩の先に広がる「小豆島」の絶景

写真:土庄 雄平

地図を見る

見上げれば、木々の隙間から瀬戸内海の青色が飛び込んできます。樹林帯を進んでいる時は気づかないかもしれませんが、知らず知らずのうちの標高が上がり、そこはもう海を見渡す高さ。

実は飯神山の7合目から山頂にかけては、幾つも奇岩が顔を出しており、その一つ一つが絶好の展望スポットになっているのです。

山頂付近の奇岩の先に広がる「小豆島」の絶景

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして山頂にある巨岩がゴール!この巨岩の先に広がる、二十四の瞳映画村が位置する「田浦半島」から、内陸部の「中山千枚田」まで見られるワイドなパノラマは見応え抜群です。

なお、この巨岩ですが、愛を叫ぶと成就するという言い伝えのあるパワースポットでもあるので、ぜひ試してみると良いでしょう!きっと声の届く距離に人はいないと思うので、恥ずかしい思いをする心配はない、はず?(笑)

山頂付近の奇岩の先に広がる「小豆島」の絶景

写真:土庄 雄平

地図を見る

また「飯神山」の楽しみ方としてオススメなのが、登頂後に自分お気に入りの展望台を見つけて、ゆっくりと座りながら島の風景を眺めること。奇岩の先には、小豆島東部の綺麗な海岸線を望むことができ、この上なく爽快!標高が低いため、海が身近に、そして大きく感じられる点もポイントです。

お菓子やお弁当を持参して、景色を眺めながらお昼を頂くのも良いかもしれません。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

下山後は「MINORI GELATO」でクールダウン!

下山後は「MINORI GELATO」でクールダウン!

写真:土庄 雄平

地図を見る

「飯神山」登山の細やかな楽しみが、下山後のクールダウン。登山口から車で約10分ほど草壁港まで走れば、小豆島のご当地スイーツ「MINORI GELATO」で絶品ジェラートを頂けます。

特に少し気温が上がってくる春〜夏には、清涼感たまらないフルーツフレーバーと、少しミルキーなヨーグルトフレーバーの組み合わせが絶品です。

<MINORI GELATOの基本情報>
住所:香川県小豆郡草壁本町1055-2
営業時間:10時〜18時
定休日:水曜日・木曜日
電話番号:0879-62-8181
アクセス:草壁港から徒歩1分、坂手港から車で5分、池田港から車で10分

往復1時間!小豆島「飯神山」絶景ハイキングを楽しもう

往復1時間!小豆島「飯神山」絶景ハイキングを楽しもう

写真:土庄 雄平

地図を見る

島全体が山がちな地形の「小豆島」には、少し登るだけで素晴らしい景色を楽しめる山が数々存在します。その中で今回紹介した「飯神山」は最も登りやすくて、そして手軽に絶景が楽しめる名山。素晴らしい景色の後には、ジェラートで最高のクールダウンも待っています!

ハイカーの方はもちろんのこと、普通の格好でも登頂できるので観光客の方も旅行途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

飯神山の基本情報

住所:香川県小豆郡小豆島町二面
アクセス:池田港から車で10分、草壁港から車で20分で登山口、登山口から山頂まで往復1時間

2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -