手袋生産量日本一「東かがわ市」にあるおもしろ観光ポイント!!

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

手袋生産量日本一「東かがわ市」にあるおもしろ観光ポイント!!

手袋生産量日本一「東かがわ市」にあるおもしろ観光ポイント!!

更新日:2014/06/15 11:05

東かがわ市は香川県最東部に位置し徳島県と隣接しています。
実際に香川県を訪れる観光客の多くは高松や琴平、小豆島を観光されるので、この記事をお読み頂くまで「東かがわ市を知らない」という方も多いかもしれません。
そんな東かがわ市には日本でも珍しい観光スポットや日本唯一のスポットなどこの地域でしか見ることが出来ない観光スポットが有ります。今回はそんな観光スポットに注目して東かがわ市をご案内して参ります♪

日本でここだけ?!の「てぶくろ資料館」に迫る。

日本でここだけ?!の「てぶくろ資料館」に迫る。
地図を見る

東かがわ市の手袋の生産は1888年(明治21年)から行われており、120年以上の歴史が有ります。
現在では全国の生産量の90%以上が東かがわで作られており、日本一の手袋生産量を誇るまちとなっています。

資料館では可愛らしいデザインの手袋を始め、ゴルフ、スキーやフェンシング等で使用した一流スポーツ選手のサイン入り手袋から消防士や特殊作業で使用する手袋等、普段なかなか見られない手袋が多岐に渡り展示されています。
もちろん日本一の生産量と技術力へと成長した東かがわの手袋産業の歴史なども詳細に知ることができ、資料館を出る頃には「手袋博士」となっているかもしれません♪

更に資料館のすぐ近くには手袋の直売店もあります。
店内は珍しい「ダンボールで出来た什器」を使用した造りとなっていて、そこには約30社の手袋メーカー1万点もの商品が所狭しと並んでいます。手袋以外にもカバンや帽子なども合わせてご覧頂くことができます。
ぜひとも資料館とあわせてご覧下さい♪

風待ち港としての古く懐かしい街並みを味わえる「引田」

風待ち港としての古く懐かしい街並みを味わえる「引田」
地図を見る

引田(ひけた)は古くから風待ち港として多くの人々で賑わいをみせ、醤油の醸造や砂糖の最高級品とされる和三盆の生産も盛んに行われてきました。「世界初のはまち養殖の地」でもあり、市内の飲食店で味わうことが出来ます♪

そんな引田の見どころの1点目は街並みです。
 
江戸時代に建てられた商家などの建築物が現存しており、とても落ち着いた雰囲気を味わうことが出来る街並みです。
昔ながらの路地も数多く残っており、散策途中にチラッと路地を覗くと、そこには一枚の絵となるような懐かしい光景を垣間見ることが出来ます。

2点目の見どころは讃州井筒屋敷です。
井筒屋は引田を代表する醤油の醸造・販売元でそれらの資料などを見ることが出来ます。
また繁栄を極めた井筒屋の母屋も見学することができ、随所にみられる当時の日本家屋の建築技法やしっかりと手入れされたお庭などが見どころです♪
現在は井筒屋敷が引田観光の拠点となっており、観光センターやレンタサイクルが有りますので、最初に訪れると良いかもしれません♪他にも改装した蔵には飲食店や土産物屋が店を構えているのでこちらも寄ってみると良いかも。

3点目の見どころはてぶくろギャラリーです。
上記でも「てぶくろ資料館」について述べましたが、こちらのギャラリーでは、手袋を作る上で必要な道具や機械などが展示してあるほか、手袋を利用したアート作品を見ることが出来ます♪
12mにも及ぶ「日本一長い手袋」はぜひ見ておきたいところですね♪

日本では珍しい岩脈「ランプロファイアー」を見ることが出来る

日本では珍しい岩脈「ランプロファイアー」を見ることが出来る
地図を見る

最後にご案内するのは瀬戸内海に面した「鹿浦越(かぶらごし)岬」
ここでは日本ではなかなか見ることが出来ない不思議な岩を見ることが出来ます。
それが「ランプロファイア」と言われる岩脈。

ランプロファイアは日本語で「煌斑岩(こうはんがん)」と言われる岩で、この岩自体日本で見ることはかなり珍しいようです。鹿浦越岬では黒色のランプロファイアと白色の花崗岩が何層か交互に重ねられており、まるでシマウマのような岩です。これも自然が作り出したアートですね♪

瀬戸内海の穏やかな海と共に一度は見ておきたいジオスポットです。

まだあるおもしろ観光スポット♪

という事で東かがわ市でしか見ることが出来ない貴重な観光スポットをご案内して参りました。
今回ご案内した観光スポット3つ全てを廻っても半日ほどあれば廻ることが出来ます。

上記3つの観光スポット以外にも白鳥松原にある日本一低い自然山「御山」や日本一ホワイトタイガーを多く見ることが出来る「しろとり動物園」など、まだまだオモシロ観光スポットは数多くあります。

市内は高松自動車道やJR高徳線も通っているので交通アクセスも決して悪くありません。高松市内から高速を利用して1時間、特急列車では40分程有れば引田まで行くことも出来ます。

ぜひとも香川県へお越しの際は東かがわ市へもお越しください♪

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/12/04−2010/12/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ