最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

お家で簡単!定番中華料理「トマトの卵炒め」で気軽に中国旅気分

お家で簡単!定番中華料理「トマトの卵炒め」で気軽に中国旅気分

更新日:2020/04/24 16:22

MISAKI IIDAのプロフィール写真 MISAKI IIDA 学芸員資格
外食やお買い物がなかなか難しい今だからこそ作りたい、簡単、美味しい中華料理をご紹介いたします。使用する具材はなんと2つだけ!トマトと卵があれば出来る「トマトの卵炒め」(西紅柿炒ダン)で気軽に中国旅行気分を味わいましょう!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「トマトの卵炒め」(西紅柿炒ダン)とは

「トマトの卵炒め」(西紅柿炒ダン)とは

写真:MISAKI IIDA

中華料理と言えばフランス料理、トルコ料理とならぶ世界三大料理の一つ。日本人の口にも合い、広く愛されています。今回ご紹介する「トマトの卵炒め」(西紅柿ダン)は、中華全土で一般的で、中華料理では定番の家庭料理です。中華料理と聞き連想する炒飯や、小籠包、北京ダックのようにプロの技や中華鍋などは一切不要で、自宅で簡単に作ることが出来る一品です。

トマトの卵炒めの作り方

トマトの卵炒めの作り方

写真:MISAKI IIDA

材料をご紹介いたします。

トマト:大サイズならば1個、中サイズならば2個
卵:Lサイズ3個
炒め油:大さじ4
砂糖:大さじ1
醤油:大さじ1.5〜2
ごま油:大さじ1

トマトの卵炒めの作り方

写真:MISAKI IIDA

作り方をご紹介します。

1.トマトをくし切りにする
2.お皿に卵を溶き、フライパンに注ぎ焼く
3.焼けた卵をお皿に移す
4.トマトを中火で3分程炒める
5.そこへ砂糖、醤油を入れる
6.最後に卵、ごま油を加え軽く炒め完成

卵を焼く際に、たくさん混ぜずに大きな形を残しふんわり焼くことがポイントです!

中国土産のグッズと共に!気分は中国旅行

中国土産のグッズと共に!気分は中国旅行

写真:MISAKI IIDA

少ない材料と、少ない調理工程で調理時間は約10分程で完成です!トマトの酸味と甘じょっぱさでぐんぐんご飯が進む一品。お好みで豚バラ肉を加えると、メインメニューの役割をさらに果たしてくれる優れものです。

こちらのレシピは筆者が中国の友人と自国の料理を紹介し合うホームパーティーで習ったレシピです。トマトと卵を炒めるだけで、こんなに美味しいなんて!と感動し、すぐさま我が家の食卓のレパートリーに加えました。トマトの卵炒めは家庭料理ということで、味付けには鶏ガラのスープの素や、塩胡椒を使用するなどバリエーションが様々ありますので、好みの味を探してみるのも楽しいですね。

中国土産のグッズと共に!気分は中国旅行

写真:MISAKI IIDA

今回ご紹介した「トマトの卵炒め」の他、自宅で簡単に出来る中華料理と言えば「中華粥」ではないでしょうか。日本でお粥は体調が優れない時、さらりと食べられるものというイメージですが、中国では古くからお粥が食べられており、朝食の定番メニューでもあります。中国旅行の際、ホテルでの朝食ではお粥を見かけることが多いです。

自宅にある材料で簡単に出来るトマトの卵炒め、中華粥、ウーロン茶などを組み合わせて、中国旅行の気分をグッと高めてみてはいかがでしょうか。中国の熱気漂うエネルギッシュな街並みを想像しながら、中華料理を味わいましょう!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

簡単美味しい!中国家庭料理をぜひご自宅で!

トマト料理といえば、ピザやパスタ、鶏肉のトマト煮込みなど洋食のイメージがあったのですが、トマトの卵炒めを知ってからは、卵と卵が揃うとついつい使ってしまう程、手軽で美味しい一品です。自宅で簡単な中華料理を作り、中国旅行気分を味わいましょう!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/04/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -