大阪ベイエリアの隠れ家的デラックスホテル「クインテッサホテル大阪ベイ」

大阪ベイエリアの隠れ家的デラックスホテル「クインテッサホテル大阪ベイ」

更新日:2020/04/28 15:58

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
大都市大阪には多くのホテルがあります。中でもビジネスホテルをはじめとした宿泊に特化したホテルの占めるウエイトは高く、シングルルーム主体のため供給できる客室数の多さで近年の高まる宿泊需要に応えてきました。一方、デラックスホテルも増えてはいるものの注目される機会はそれほどでもありません。今回は穴場ともいえる大阪ベイエリアに着目しデラックスホテルにフォーカス、「クインテッサホテル大阪ベイ」を紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

大阪ベイエリアの魅力

大阪ベイエリアの魅力

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

近年の訪日外国人旅行者増加で、大阪にも様々なタイプの宿泊施設が増加してきました。デラックスホテルからビジネスホテル、カプセルホテル、民泊などバラエティに富み、ゲストは自身の旅行スタイルに合わせたセレクトができるようになりました。立地も難波や心斎橋といった中心部からキタのビジネス街はもちろん、これまで注目されてこなかったエリアにも多くの宿泊施設が誕生しています。

一方、大阪で穴場のエリアといえるのが“ベイエリア”です。東京でベイエリアといえば芝浦やお台場やなどいわゆる“港区”。まさに都心というイメージですが、大阪のベイエリアは中心部から少々離れたエリアで、ユニバーサルスタジオ・ジャパンの辺りから海遊館、そして南港といった一帯になります。中でも南港は大阪市住之江区に区分される人工島で“南港”というワードは大阪南港のことを指します。

大阪駅から送迎バスも

大阪駅から送迎バスも

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

南港はトレードセンターをはじめとした各種施設、区画整理されたとした住宅街など近未来的なイメージで、大型フェリー“さんふらわあ”のフェリーターミナルなどもあり多くの人々が行き来する街です。クインテッサホテル大阪ベイもそのような街に溶け込みつつも存在感を放ちます。ホテルは街のオアシス。宿泊客ばかりではなくそこに住む人にとっても交流の拠点にもなります。

クインテッサホテル大阪ベイの最寄り駅は中ふ頭駅ですが、トレードセンター駅で下車して複合施設を経由してデッキを歩き向かうのも楽しいです。複合施設内にはレストランやショップもあるので買い物にも困りません。トレードセンター駅へは、大阪メトロ中央線の本町駅からだとコスモスクエア駅まで向かい、南港ポートタウン線に乗り換えます。またJR大阪・地下鉄梅田駅まで無料送迎バスも出ています。

高級感溢れる外観

高級感溢れる外観

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

トレードセンター駅から複合施設を抜けるとホテルの入るビルの外観(コスモプラザビル)が望めます。存在感ある光景でホテルステイへの期待が高まります。館内は質感やデザイン性も高く、さすがデラックスホテルの風格です。

一方で、売店やパソコンコーナーなど快適に滞在するためのスポットも揃っています。高級感の演出ばかではなく、利用者目線が貫かれているところにもホテルのコンセプトを感じます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

全室40平方m以上!広々とした客室

全室40平方m以上!広々とした客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

クインテッサホテル大阪ベイの客室は全9タイプですが、全室40平方m以上という驚きの客室面積です。大きなスーツケースもらくらく広げることが出来ます。インテリアはコンテンポラリーシックで統一されており、アーバンテイストな都市型ホテルの進化系を体現しています。

全室40平方m以上!広々とした客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

何よりクインテッサホテル大阪ベイで感心するのが清掃。何度か利用しましたが他の一般ホテルと比べてハウスキーピーピングのレベルが高いことが印象的です。サービス業全般で人手不足が叫ばれていますが、ホテルの清掃スタッフ不足も深刻です。一般の多くのホテルでは専門の派遣会社に頼らざるを得ない状況で、ホテルによってバラツキも目立ちます。クインテッサホテル大阪ベイの運営会社は清掃スタッフの派遣会社も持っているということで、清掃レベルの高い理由が納得できます。

凄すぎる朝食!

凄すぎる朝食!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

クインテッサホテル大阪ベイの朝食は、ホテルも力を入れているということで内容の充実度は特筆すべきものです。ホテル朝食でブッフェスタイルは定番ですが、お決まりの内容や“まぁこんなものか”と感じることは間々あります。一方で、クインテッサホテル大阪ベイの朝食はデラックスホテルということを考えてもかなり凄い内容です。

凄すぎる朝食!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

メニュー数は約80種類。野菜の種類が印象的ですが肉料理も充実しています。夕食ブッフェだとしても納得の内容。器や彩りなど提供方法に気づかいが感じられるのも嬉しいところです。何よりテキパキと無駄のない動きのスタッフが好印象です。

ベイエリアのデラックスホテルでゆったりした時間を

大都市の中心部に宿泊して、周囲をたっぷり楽しむようなアクティブステイはもちろん魅力的です。一方で都市の利便性といった恩恵も受けつつ、敢えて中心部を外してゆったりした時間を過ごすのは贅沢な上級者ステイといえるでしょう。クインテッサホテル大阪ベイでそんな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/14−2019/02/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -