ハワイの週末はノースショアへ!ハレイワ必食の三大グルメ

ハワイの週末はノースショアへ!ハレイワ必食の三大グルメ

更新日:2020/06/03 14:55

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター
オアフ島北部の街「ハレイワ」は、サーファー憧れの地であり、観光客にも大人気の観光地として脚光を浴びています。そのハレイワには特徴的なグルメも多く、特に三大グルメと言われる「炭焼きのフリフリチキン」「虹色のフォトジェニックなかき氷」「北部の養殖エビ直送ガーリックシュリンプ」は絶対に食べて欲しい必食グルメです。おススメメニューや他のグルメとの違いなどご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.Ray’s Kiawe Broiled Chickenの炭焼きフリフリチキン

1.Ray’s Kiawe Broiled Chickenの炭焼きフリフリチキン

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ハレイワ三大グルメの中でも特にレアなのが、「Ray’s Kiawe Broiled Chickenの炭焼きフリフリチキン」です。週末土日の二日間しかオープンしない、移動式の屋台で提供されています。

ハレイワのメインストリート「カメハメハ・ハイウェイ」の北部、マラマ・マーケットという日用品を販売するスーパーの駐車場に、週末土日の9:00〜16:00に出現します。

1.Ray’s Kiawe Broiled Chickenの炭焼きフリフリチキン

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

フリフリチキンとは鶏を串に刺して直火焼きにしたもの。「Huli(フリ)」とはハワイ語で「回す・返す」という意味です。

ちなみに店名にある「Kiawe(キアヴェ)」とは、ペルー原産のマメ科の植物で、成長すると20mもの木になる「木」の事です。その木で作った炭は香りも良く、日本の「備長炭」のような高級品として扱われています。

巨大な炭火焼きコーナーでは、約40羽程の丸ごとの鶏が、グルグルと回されて焼かれています。この光景だけでも観る価値有りですよ!

1.Ray’s Kiawe Broiled Chickenの炭焼きフリフリチキン

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

チキンだけを丸ごとや半分で購入も可能ですし、ライスがセットされたプレートランチもあります。テイクアウト専門ですので、レンタカーなどで訪れた方は、ビーチで食べると更にハレイワらしいランチになりますよ!

<基本情報>
住所:66-160 Kamehameha Hwy, Haleiwa (マラマ・マーケット駐車場内)
電話番号:+1-808-479-9891
営業時間:週末土日の9:00〜16:00

2.MATSUMOTO’S SHAVE ICEのかき氷

2.MATSUMOTO’S SHAVE ICEのかき氷

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ハレイワ三大グルメの中でもスイーツでおススメしたいのが、MATSUMOTO’S SHAVE ICEの「虹色のフォトジェニックなかき氷」です。

ハレイワのメインストリート「カメハメハ・ハイウェイ」の最北部、いつくかのショップが集まるHaleiwa Store Lots内にあります。元々は、ハワイ移民労働者であった先代によってオープンされた、1951年開業のかき氷の有名店で、現在は二代目がオーナーとして活躍しています。

40種類ものこだわりのシロップで作られるかき氷はとってもカラフルで、「SNS映えする」「フォトジェニックだ」と大人気です。

2.MATSUMOTO’S SHAVE ICEのかき氷

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

午後にはいつも店外まで行列で一杯になりますので、午前中の来店をおススメします。

2.MATSUMOTO’S SHAVE ICEのかき氷

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

併設されているショップでは、カラフルでユニークなオリジナルTシャツやバッグも販売され、毎年新作が出るアイテムなどもあります。Tシャツのサイズは子どもから大人まで揃っていますので、是非、来店記念のお土産などにもどうぞ!

*より詳しくは下記「関連MEMO」の記事を参照

<基本情報>
住所:66-111 Kamehameha Hwy #605, Haleiwa
電話番号:+1-808-637-4827
営業時間:9:00〜18:00 無休
アクセス:ハレイワのHaleiwa Store Lots 内

3.CAMARONのガーリックシュリンプ

3.CAMARONのガーリックシュリンプ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

「ハレイワと言えばガーリックシュリンプ!」と言われる理由は、北部にエビの養殖場があり、その周辺でガーリックシュリンプが生まれたからです。

ハレイワ三大グルメのラストは、ガーリックシュリンプの名店「CAMARON(カマロン)」を紹介します。ハレイワのメインストリート「カメハメハ・ハイウェイ」のほぼ中央辺り、パタゴニアなどが入るノースショアマーケットプレイスのすぐ隣にあります。周辺には3つのフードトラックが集まっており、専用のテラス席があっていつも賑わっています。

ちなみに、CAMARONとはスペイン語でエビを意味します。

3.CAMARONのガーリックシュリンプ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

CAMARONのガーリックシュリンプは他のショップでは見掛けない、エビフライになっています。ソースや味付けは、ココナッツのオーロラソースとチリソースです。サクサクの衣が一番の特徴と魅力ですが、果物・野菜・花びらなどによる彩りも見事な一品です。

*より詳しくは下記「関連MEMO」の記事を参照

<基本情報>
住所:66-236 Kamehameha Hwy, Haleiwa
電話番号:+1-808-348-6484
営業時間:10:30〜16:00 ※無休

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

オアフ島での週末はハレイワで三大グルメを食す!

「チキン」「かき氷」「ガーリックシュリンプ」など、ホノルルでも同じ様なメニューは注文できますが、ハレイワの三大グルメはどれもが「元祖」「本場」「こだわり」の絶品です。しかも、炭焼きフリフリチキンは二日間限定の品です。ハワイ滞在中に週末を迎えるなら、是非ともハレイワを訪れて、三大グルメを食べてみて下さい。

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/24−2020/01/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -