「アイラン」&「サバサンド」簡単トルコ料理で心はイスタンブール

「アイラン」&「サバサンド」簡単トルコ料理で心はイスタンブール

更新日:2020/05/02 17:36

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家
中華料理、フランス料理が世界三大料理といわれているのをご存知の方は多いでしょう。ではもう一つは?それがトルコ料理です。
肉料理ばかりと思われるかもしれませんが、イスタンブールのフェリー乗り場の名物が「サバサンド」です。そしてヨーグルト発祥の地とも言われているトルコならではの飲み物が「アイラン」。どちらも作り方は超簡単。イスタンブールでボスフォラス海峡の潮風に吹かれてる…そんな気持ちで召し上がれ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

シンプルな材料で作れる「サバサンド」

シンプルな材料で作れる「サバサンド」

写真:万葉 りえ

世界三大料理の一つトルコ料理。そのトルコの首都イスタンブールは、ボスフォラス海峡をはさんでヨーロッパとアジアをまたぎ様々な歴史を刻んできました。そのヨーロッパサイトの旧市街に、「エミノニュ」という波止場があります。そこの名物がご紹介する「サバサンド」です。
材料はご覧のように、実にシンプル。

【二人分】
塩サバ:二切れ
バケット:小さめ1本(子ども向けなら食パンでも)
玉ねぎ:スライスして適量
レタスやサラダ菜など:好みで適量
レモン汁はお好みで

焼いて・・・はさむだけ!

焼いて・・・はさむだけ!

写真:万葉 りえ

イスタンブールの旧市街と新市街をつなぐガラタ橋。エミノニュの波止場はその橋の近くです。そこではアジアサイト等とをつなぐ船が忙しく出入りし、沢山の人々の頭上をカモメが飛び回ります。

そんな旅情ある波止場の海上屋台で売っているサバサンド。サバを揚げる店もあるのですが、今回は焼く方法で作ります。

焼いて・・・はさむだけ!

写真:万葉 りえ

サバが焼ければ、あとはレタス類やスライス玉ねぎと一緒にパンにはさむだけ。レモン汁をふると、さっぱり感が増します。パンの厚みは食べやすいように調整してくださいね。

これは外国人旅行者だけでなくトルコ国内の旅行者にも人気のメニューなので、エミノニュに行けばサバサンドを販売している海上屋台が沢山。どの屋台で買おうかと見て周るのも楽しいはず。

トルコ料理にヨーグルトは欠かせない

トルコ料理にヨーグルトは欠かせない

写真:万葉 りえ

次にご紹介する「アイラン」は「チャイ」と同じくトルコの国民的飲み物で、ヨーグルトがベースです。

初めてトルコでアイランを飲んだ時は、泡のもこもこ感にちょっと驚いたのですが…。でも口にしてみれば、「食事に合って、美味しい!」飲み物だったのです。ヨーグルトから手作りするのも珍しくない土地なので泡もとろみ具合も店によりさまざまでした。

中央アジアの遊牧民がルーツというトルコの人々。家畜から搾った乳は大切な蛋白源で、トルコ語の「ヨウルト」が語源というくらいこの国の人々にとってヨーグルトはかかせないものです。ですから、飲むだけでなく、調味料としてもいろいろな料理に使います。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

材料は、たったこれだけ!しかもヘルシー!

材料は、たったこれだけ!しかもヘルシー!

写真:万葉 りえ

日本の「飲むヨーグルト」やインドの「ラッシー」との違って「アイラン」は甘くはありません。だからこそ、そのさっぱり感が食事にとてもよく合うのです!しかも、ボウル等に入れてこぼれないようにかき混ぜること1分。たったそれだけ。

【二人分】
ヨーグルト:400ml
水:100ml
塩:お好みで

材料は、たったこれだけ!しかもヘルシー!

写真:万葉 りえ

トルコには、アイランにザクロのジュースを加えたものが飲める地方もあります。そこで、同じようにブルーベリーなどをちょっと入れてアレンジすることも。現地のコンビニでもアイランは販売されています。私は飲食店のものより泡もとろみ感も控えめのように感じました。

いくつかの日本国内メーカーのヨーグルトでも試してみたところでは、粘りが強いものの方が泡立ちが多くなるようです。またとろみについても、好みで水の量を調整してみてください。

イスタンブール…西洋と東洋の真ん中で「美味しい」とさけぶ

イスタンブール…西洋と東洋の真ん中で「美味しい」とさけぶ

写真:万葉 りえ

世界の重要だった都市の中でも、歴史のあつみが半端ないイスタンブール。なぜならこの街は、キリスト教の文化からイスラム教の文化へと変わっただけでなく、アジアとヨーロッパをつないだ文明の十字路。日本までつながっていたシルクロードも、ヨーロッパを横断してきたオリエント急行も。ん〜エキゾチックさがあふれてます。

エミノニュの対岸、アジアサイトにあるユスキュダルという街の沖には、「クズ・クレスィ」・別名「乙女の塔」という建造物が残っています。ここの訪問は絶対夕方ですよ。
夕陽の下に対岸のモスクのシルエットが浮かび、本当にロマンチック。ここは「西洋と東洋の間にいるんだ!」感もしっかり味わえます。(関連MEMOをご参照ください)

イスタンブール…西洋と東洋の真ん中で「美味しい」とさけぶ

写真:万葉 りえ

羊肉を重ねて焼いた「ドネル・ケバブ」やそれをパンにはさんだ「ケバブサンド」。そして伸びるアイス「ドンドゥルマ」に伝統菓子「ロクム」。ジャガイモ料理「クムピル」に…と、街歩きのおすすめメニューだけでも迷うほどあるイスタンブール。ちょっと手が込んだものは、実際にイスタンブールに行ったときに食べるとして…。

失敗なく作れて、しかも美味しい。魚を使ったイスタンブール名物をぜひ試してみてくださいね!

自分好みで作ってみよう

遠い世界のように感じるかもしれませんが、アジアの伝統を持ったまま西に移動していったといわれているトルコの人々。じつは日本人と同じように床に座る文化を持っていたんです。ちょっと親近感がわきませんか?

春から初夏の新玉ねぎの季節は玉ねぎの美味しさがますます感じられるので、さらにサバサンドを作るのにおすすめですよ〜。トマトなどがあれば一緒にはさんでも。
そして、アイランは牛乳の消費拡大に美味しくヘルシーに協力できます。また。トルコのシンプルサラダは、キュウリやトマトを切ってヨーグルトと塩などであえるだけ。これにオリーブオイルやマヨネーズなどを加えて作ることもできます。

そして、いつか、世界三大料理の一つトルコ料理を、ぜひ本場でたっぷり召し上がってください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -