バルセロナの全景を一望できる!絶景スポット3選

バルセロナの全景を一望できる!絶景スポット3選

更新日:2020/05/15 18:28

K. Kreuのプロフィール写真 K. Kreu トラベルライター、旅する通訳・翻訳家(日本語・ドイツ語・英語)
バルセロナはインスタ映えする建物や風景、食べ物の宝庫。限られた旅行期間内でどれも見逃したくない!そんな時には高いところからバルセロナを一望してみてはいかがでしょうか。
規則正しい街並みから飛び出すサグラダファミリアやトーレ・アグバールを見下ろして、おおよその土地感覚をつかむこともできます。ここでは絶景スポットとしてだけでなく、観光地としても訪れてほしいバルセロナのおすすめスポットをご紹介します。


新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ジョアン・ミロ公園も見下ろせる「ラス・アレナス闘牛場跡」

ジョアン・ミロ公園も見下ろせる「ラス・アレナス闘牛場跡」

写真:K. Kreu

地図を見る

スペイン広場(エスパーニャ広場、Placa d’Espanya)とジョアン・ミロ公園の間に位置するラス・アレナス闘牛場跡(Centro Comercial Arenas De Barcelona)。

バルセロナにある3つの闘牛場のひとつとして1900年に建てられたラス・アレナスは、最後の闘牛が行われた1978年以降は使用されずに放置されていました。

歴史的価値のある闘牛場の外観を活かしつつ、2011年にモダンなショッピングモールとしてリニューアルオープンして以来、ショッピングや映画だけでなく、展望スポットとしても人気があります。

ジョアン・ミロ公園も見下ろせる「ラス・アレナス闘牛場跡」

写真:K. Kreu

地図を見る

バルセロナを360度一望できる屋上へは、建物の外側に設置されたモダンな有料エレベーターを使って直行できますが、ショッピングモール内のエレベーターでも屋上まで行けます。

屋上からはジョアン・ミロ公園(Parc de Joan Miro)、カタルーニャ美術館 (MNAC)、ムンジュイックの丘(Montjuic)、ティビダボ山(Tibidabo)などを見渡すことができます。

ジョアン・ミロ公園も見下ろせる「ラス・アレナス闘牛場跡」

写真:K. Kreu

地図を見る

ここからジョアン・ミロ公園を眺めると、ミロが亡くなる1年前の1982年に完成させた22メートルの彫刻「女性と鳥(Dona i Ocell)」がとても小さく見えます。

屋上のレストランや地下のフードコートで食事もできるので、ラス・アレナスは観光途中の休憩場所としても利用でき、ショッピングも楽しめるおすすめスポットです。

<基本情報>
住所:Arenas De Barcelona Gran Via de les Corts Catalanes num. 373-385 08015 Barcelona
アクセス:メトロL1、L3のエスパーニャ(Espanya)駅下車、徒歩2分

若者が集う「ブンケルズ・デル・カルメル」からバルセロナを一望

若者が集う「ブンケルズ・デル・カルメル」からバルセロナを一望

写真:K. Kreu

地図を見る

グエル公園から1.3qほど北東にあるトゥロ・デ・ラ・ロビラ丘(Turo de la Rovira)。この丘の上に、バルセロナの全景を見下ろせるブンケルズ・デル・カルメル(Bunkers del Carmel)があります。

街並みから飛び出すサグラダファミリアやトーレ・アグバール(Torre Agbar)を一望できるのも標高262mの丘の上だからこそ。バルセロナを360度見渡せるのも魅力のひとつ。

ここから眺めるバルセロナの夜景も格別です。

若者が集う「ブンケルズ・デル・カルメル」からバルセロナを一望

写真:K. Kreu

地図を見る

ブンケルズ・デル・カルメルにはスペイン内戦時に作られた対空戦用の砲台があり、当時は高射砲陣地として使用されていました。

敷地内に7か所配置されていたかつての砲台は、バルセロナの全景を一望できるテラスのようになっています。

若者が集う「ブンケルズ・デル・カルメル」からバルセロナを一望

写真:K. Kreu

地図を見る

バルセロナの街並みを眺めながらピクニックを楽しむカップルや家族、友人と語り合う若者、音楽に合わせて踊る人などで溢れています。

ブンケルズ・デル・カルメルの周辺にはドリンクなどを買えるところがないので、飲み物や食べ物を事前に用意して持参することをお勧めします。

<基本情報>
住所:MUHBA Turo de la Rovira Carrer de Maria Lavernia s/n 08032 Barcelona
アクセス:バスV17、Port VellからCarmel行き。終点のCarmel下車、頂上まで徒歩約10分

「ティビダボの丘」から見下ろすバルセロナの全景

「ティビダボの丘」から見下ろすバルセロナの全景

写真:K. Kreu

地図を見る

コルセラ山脈(Serra de Collserola)の一番高いところにあるティビダボの丘 (Tibidabo)。

標高512mのティビダボはバルセロナ市内でも最も高い場所で、頂上にはサグラット・コール教会(Temple del Sagrat Cor)と小さな遊園地、ティビダボアミューズメントパーク(Parc d’Atraccions Tibidabo)があります。

山頂のサグラット・コール教会を含むパノラマエリアは無料で、遊園地を利用する場合のみ入園料がかかります。

「ティビダボの丘」から見下ろすバルセロナの全景

写真:K. Kreu

地図を見る

1900年にティビダボの山頂に登るためのケーブルカー、フニクラ(Funicular)が作られ、翌年には建物やテラス、そして最初のレジャー施設ができました。

100年以上に渡りバルセロナの子供たちを魅了し続けているティビダボ遊園地は、ヨーロッパで最も古い遊園地のひとつです。

高いところが好きな方はここのクレーンに乗ってバルセロナを一望してみてはいかがでしょうか。

「ティビダボの丘」から見下ろすバルセロナの全景

写真:K. Kreu

地図を見る

ティビダボ遊園地を見下ろすように建っているサグラット・コール教会(Temple del Sagrat Cor)。教会の入り口の横には左右両側に階段があり、キリスト像のある塔の前のテラスに登ることができます。

このテラスは遊園地や周りに広がる自然公園セラ・デ・コルセーロラ、バルセロナの街並み、地中海まで一望できる最高の絶景スポットです。

<基本情報>
住所:Serra de Collserola Natural Park Cumbre del Tibidabo 08035 Barcelona
アクセス:メトロL7、カタルーニャ広場(Placa Catalunya)からアヴィングダ・ティビダボ(Avinguda.Tibidabo)行き。終着駅アヴィングダ・ティビダボ下車、ケネディ広場(Pl.John.F. Kennedy)からバス196に乗り換えて終点のフニクラ・ダル・ティビダボ(Funicular del Tibidabo)下車。ここからフニクラと呼ばれるケーブルカー(別料金)で山頂まで登る

※ケネディ広場からはバス196の他、レトロな路面電車Tramvia Blauでフニクラまで行けますが、路面電車に乗り継ぐ場合は別料金(片道5.50ユーロ)がかかります。

※2019年10月からケーブルカーFunicularと路面電車Tramvia Blauは修復工事のため運休中。2020年秋にケーブルカーはCuca de Llumという名でリニューアルオープンの予定です。詳細は公式ページでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

バルセロナの街並みが一望できる絶景スポットのまとめ

バルセロナの観光スポットの中から、街全体を眺めることができるおすすめスポットを選んでご紹介しました。

街中を観光しながら、休憩場所としても気軽に立ち寄れる展望スポットや、ハイキング気分で登れる丘など、旅行のプランに合わせて出かけてみてください。

2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/10−2019/08/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -