ゆったり大浴場に充実の無料朝食!徳島「ホテルルートイン阿南」

ゆったり大浴場に充実の無料朝食!徳島「ホテルルートイン阿南」

更新日:2020/05/20 12:20

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
東京に住んでいると四国へ出向くのは少々ハードルが高いイメージ。空路でのアクセスが一般的という面があるかと思いますが、一方最近ではLCCも就航しており低料金で気軽に出向けるエリアになりました。また、関西からであれば身近な観光地でもあり、徳島は四国の玄関口ともいえる県です。徳島といえば徳島市をはじめ鳴門などが有名ですが、今回は南部の阿南市にある新しい全国チェーン「ホテルルートイン阿南」を紹介します。


新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

淡路島を通って四国へもまた一興

淡路島を通って四国へもまた一興

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

空路以外で四国・徳島へ出向くなら、新幹線なら岡山で在来線に乗り換え、瀬戸大橋を渡って辿り着けるエリアという印象です。他方、大阪から徳島はとても近い存在と言われます。確かに地図を見れば隣というのはわかりますが、海をはさんでいますし、鉄道なら岡山経由で相当遠回りになります。

淡路島を通って四国へもまた一興

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

実は、大阪から徳島へは明石海峡大橋と淡路島を通るルートが一般的で、高速バスの利用が大変便利なのです。徳島・鳴門までなら約2時間、片道2000円ほどでアクセスできます。もし自家用車やレンタカーならば、途中の「淡路サービスエリア」は是非訪れたいスポットです。瀬戸内の眺望もさることながら、名物の玉ねぎや各種お土産も購入できるので楽しい時間が過ごせることでしょう。

観光県として注目される徳島

観光県として注目される徳島

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

徳島といえば近年観光県としても存在感を高めています。伝統的な阿波踊りや高名な鳴門のうず潮などは定番の観光という中にあって、最近ではテレビ番組の影響もあり大ブームとなった「大塚美術館」など新しい観光のコンテンツも増えています。

グルメも充実。徳島ラーメンなど魅力的なB級グルメも人気ですが、やはり四国ということでカツオのたたきや、徳島県産名物の“すだち”で育てたすだち鰤なども知られています。

観光県として注目される徳島

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルルートイン阿南のある阿南市は徳島県の南東部に位置します。四国最東端の街であり海に面した風光明媚な場所です。渚百選に選ばれた「北の脇海水浴場」から四国遍路のお寺まで見所が多くあります。

市の玄関口阿南駅から5分ほど歩いた大きな通りにはショップや飲食店などが並びます。ホテルルートイン阿南もそうした通り沿いに立地します。駅からは少し歩きますが多くのお店が周囲にあるので、ホテルステイに何かと役立つことでしょう。

ルートイン人気の秘密

ルートイン人気の秘密

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルルートインといえば、全国各地に展開する巨大ビジネスホテルチェーンとして知られています。一度は泊まったことがあるという人も多いことでしょう。もともとはホテル名の通りロードサイドへの出店が多くみられました。今でもロードサイドでよく見かけますが、最近では駅前や繁華街の中心部などでも看板を見ることが多くなりました。

ルートイン人気の秘密

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ルートインで特徴的なのが大浴場を設けた店舗を多くみかけること。ビジネスホテルで大浴場はやはり嬉しい設備。リーズナブルな料金で旅の疲れをときほぐすことができると好評。ホテルルートイン阿南にも大浴場「旅人の湯」があります。

ラジウム温浴剤により軟水化されたラジウム人工温泉です※。水当たりが軟らかく肌に潤いを与えるとされる人工温泉を採用しています。発汗作用が高く、血行促進、リウマチ、神経痛、冷え性、肩こりなどに効果があるといいます。

※ラジウム人工温泉大浴場は厚生労働省認可の医薬部外品ラジホープ(認可番号47D第447号)が溶かされた人工温泉

ルートイン人気の秘密

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

このようにホテルルートインは、リーズナブルな料金にして充実した付帯設備をはじめ、機能性や清潔感も高く、利用者目線に優れたビジネスホテルという印象です。また最近ではハイスペックな設備やサービスを提供する店舗も増えており、ルートインスタイルともいえるコンセプトも浸透しつつあるようです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ポイントを押さえた客室

ポイントを押さえた客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ビジネスホテルのシングルルームに宿泊し、中途半端なデスクやチェア、割り切り感のあるベッドなどがあると身の置き場に困ることがあります。ホテルルートインでは、他のホテルには見られないようなひとり用のミニソファに稼働できるテーブルが目を引きます。テーブルはデスクにもなりますし、そもそもソファは程よいホールド感があるのでチェア的な使い方も可能。ついソファに根を生やしてしまいそうなホテルルートイン阿南の客室です。

ポイントを押さえた客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

その他にも大型テレビ、個別エアコン、枕元充電器など備えており、泊まってわかる快適客室です。

無料とは思えない朝食

無料とは思えない朝食

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルルートインといえば、内容充実の無料朝食でも知られています。他のチェーンでも無料朝食はよく見られますが、全国チェーンとして多店舗展開というブランドではホテルルートインの朝食は一歩抜きん出ています。もちろんホテルルートイン阿南の朝食も大満足。とても無料とは思えない内容です。

109台!平面無料駐車場

ホテルルートイン阿南はさすがのロードサイドホテルということで、平面駐車場で109台分確保されています。しかも無料というのは嬉しいところ。自家用車でレンタカーでも臆することなくアクセスできます。

2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/17−2018/11/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -