函館から日帰り可!「恵山」周辺で楽しめるオススメ絶景スポット3選

函館から日帰り可!「恵山」周辺で楽しめるオススメ絶景スポット3選

更新日:2020/06/08 13:05

てっぴいのプロフィール写真 てっぴい 国内専門の絶景旅ブロガー
皆さんは函館観光と言えば何を思い浮かべますか?朝市!五稜郭!日本三大夜景!…どれもとても有名ですね。しかし、函館観光の醍醐味は街中だけにはあらず。亀田半島の先端にある「恵山」という山に行けば、これぞ北海道!と思えるような見事な自然の大絶景があなたを待っているのです。恵山までは車で約1時間の道のり。日帰りでも十分に楽しめます。今回はそんな恵山周辺で見られるおススメの絶景スポットを3つご紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

これが恵山だ!今なお活動中の“活火山”が魅せる大地の鼓動!

これが恵山だ!今なお活動中の“活火山”が魅せる大地の鼓動!

写真:てっぴい

地図を見る

とは言え、一体「恵山」ってどういう山なんだろう?と思った方もいるかもしれません。ですので、まず初めは恵山についての説明をしていきます。

亀田半島の最先端にある恵山は、標高618mの山。活火山です。直近では、明治の時代にも噴火の記録が残っており、現在も気象庁が常時噴火活動の観測を行っている山になります。

上の写真は、登山コースの途中から恵山の全景を見たものになりますが、まさに活火山そのものと言った荒々しい山肌の光景が広がります。美瑛の丘の風景や、積丹半島にある神威(かむい)岬など。北海道には雄大な自然を感じるスポットが数限りなくありますが、こちらの恵山も大地の息吹…迫力…等々。溢れんばかりの自然の漲るパワーを、間近に感じられるというのが最大の魅力になっています!

そんな恵山までは、概ね亀田半島の海岸線に沿って走る国道278号線などを経由して車でおよそ1時間の道のり。冒頭にも説明した通り、函館の市街地から日帰りで気軽に観光することも可能なのです。

そしてなんとさらに驚くべきは、こちらの恵山、山頂にも車でアクセスすることが出来ます!先程の光景も、登山コースまで足を運ぶまでもなく、もはや駐車場からでもほぼ同じ景色が楽しめます。重装備となる本格的な登山装備を持っていなくても、北海道の大自然を満喫するにはもってこいです。

ラクラク登れて見事な絶景が楽しめる!「恵山展望台」

ラクラク登れて見事な絶景が楽しめる!「恵山展望台」

写真:てっぴい

地図を見る

遥か下の津軽海峡へ向かって、転がり落ちるような断崖の地形が続いていく恵山。上の段落で紹介した恵山の山頂をぐるりと回り込むようにして、「恵山展望台」への散策路は続きます。全長は1.4km。展望台までの所要時間はおよそ40分になります。

このコースはアップダウンが多少あるものの、少し上がった息が心地よく感じられる程度で、ほとんどハイキングと同じ、と言っても差し支えないでしょう。写真の景色が見られる所まで来れば、展望台まではもうすぐ!どんな素晴らしい絶景が待っているんだろう?とワクワクしながら、登ってみてくださいね。

ラクラク登れて見事な絶景が楽しめる!「恵山展望台」

写真:てっぴい

地図を見る

恵山展望台からの見事な絶景がこちら!40分の道のりをかけて歩いて来た疲れが一気に吹き飛ぶ程の、実に開放的な北海道と津軽海峡の大パノラマが広がります!

眼下に見えるのは、旧恵山町の街並みや、亀田半島の海岸線。それに、山頂へと続く道路のつづら折り…。まるで自分が大空を自由に飛び回る鳥になったかのような、雄大な北の大地の絶景を眺めることが出来ますので、恵山に訪れたら、こちらの恵山展望台まで是非とも足を延ばしてみることをおススメします。

<基本情報>
住所:北海道函館市柏野町
アクセス:JR函館駅より車で約1時間(※駐車場から登山コースを歩いて40分)

恵山山頂へと至る途中の「海峡展望台」も見逃すな!

恵山山頂へと至る途中の「海峡展望台」も見逃すな!

写真:てっぴい

地図を見る

恵山展望台と併せてもう1つおススメしたいのが、こちらの「海峡展望台」。その名の通り、対岸にある下北半島を一望することの出来る絶景スポットです。本州最北端の地である大間崎から、下北半島もう1つの先端である尻屋崎まで。「日本三大霊場」の1つとして知られる恐山の山並みまでハッキリと目で見ることが出来ます。

先程の恵山展望台とはうってかわって、こちらの海峡展望台で印象的なのは、とにかくひたすらに“青い”ということ。圧倒的な空の青と、それを反射させる津軽海峡の青。どこまでも続く海と空の青の風景を、心行くまで感じていくと良いでしょう。

恵山山頂へと至る途中の「海峡展望台」も見逃すな!

写真:てっぴい

地図を見る

ちなみにこちらの海峡展望台からは、恵山の山頂もバッチリ眺めることが出来ます。恵山山頂へとアクセスする道路のつづら折りになっている途中に海峡展望台はありますので、見逃さないように要注意です。

<基本情報>
住所:北海道函館市柏野町117
アクセス:JR函館駅より車で約1時間

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

恵山へ向かう道中では是非「武井(むい)の島展望台」へ!

恵山へ向かう道中では是非「武井(むい)の島展望台」へ!

写真:てっぴい

地図を見る

最初の段落でも説明しましたが、恵山へアクセスする際のメインルートとなるのが、海岸線沿いを走る国道278号線。津軽海峡を挟んで反対側にちょうど本州の下北半島を望むことが出来るので、道中素晴らしいシーサイドドライブが楽しめます!

…ですが、ただ車を走らせて通り過ぎてしまうだけではあまりにもったいない。実は途中にも「武井(むい)の島展望台」と呼ばれる絶景スポットがありますので、ここは是非立ち寄って行きましょう。

上の写真が武井の島展望台から見ることの出来る絶景オーシャンビューです!弓なりの海岸線の一番向こうに見えるのが日浦岬。近くには「道南金剛」と呼ばれ、荒々しい岩山が切り立つ海岸線が続くエリアがある程ですので、その景色はもう一級品です。

恵山へ向かう道中では是非「武井(むい)の島展望台」へ!

写真:てっぴい

地図を見る

ちなみに、展望台の名前の由来にもなっている「武井(むい)の島」というのが、写真左手に写る島です。駐車場から展望台までは、起伏のある遊歩道を350mほど歩きますが、広々とした駐車場も整備されており、アクセスには困りません。

冒頭の写真とは反対側にあたる戸井の漁村集落もバッチリ眺めることが出来ます。なので、寄り道とは言いつつも、武井の島展望台で心地の良い潮風を感じながら、見事な海の絶景に心癒されてみてください。

<基本情報>
住所:北海道函館市浜町
アクセス:JR函館駅より車で約40分

函館周辺で気軽に北海道の大自然を感じる旅にレッツ・ゴー!

「恵山」周辺で楽しめる3つの絶景。いかがでしたでしょうか?これだけの美しい絶景の数々が、函館の街からわずか車で1時間程度移動しただけで見ることが出来るのは、非常にポイントが高いでしょう!

定番の函館観光も楽しいですが、あえて自然を感じる函館ツアーも乙なものです。恵山の雄大な北の大自然があなたを待っていますよ。

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -