最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

食いしん坊必見!ウィーンの高級食材店「ユリウス・マインル」

食いしん坊必見!ウィーンの高級食材店「ユリウス・マインル」

更新日:2020/10/10 10:09

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド
ウィーンの旧市街、高級ブランドショップが集中するエリアに、中欧随一の高級食品スーパー「ユリウス・マインル」があります。選りすぐりのおいしいものがズラリ、高品質の自社ブランド品も種類豊富。ウィーン、あるいはオーストリアらしいおみやげ探しにもぴったりです。

また、イートイン派には併設のカフェやレストラン、本格ワインバーも穴場です。テイクアウト派には充実のデリがおすすめです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

マインルとコーヒーのちょっとイイ話

マインルとコーヒーのちょっとイイ話

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.meinlamgraben.at/Home

ウィーンと言えばコーヒー!ヨーロッパにコーヒーが初めて伝来したのも、カフェが誕生したのもウィーンです(諸説あり)。さらには、初めて焙煎コーヒー豆を販売したのがユリウス・マインル(Julius Meinl)、1862年のことです。

小さな食品雑貨店を営むマインルは、生豆を各家庭で焙煎していたその時代に、プロが焙煎した方が高品質で味も安定、何より便利と気付いたのです。これが大当たり!ヨーロッパ中にユリウス・マインルの名とロゴ(写真のカップ)が知られるようになります。

※写真のコーヒーは「マリア・テレジア」。併設のカフェでどうぞ!

マインルとコーヒーのちょっとイイ話

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.facebook.com/MeinlamGraben地図を見る

父の事業を引き継いだ息子のユリウス・マインル2世は、財界の大物になるほどの成功を収めます。この大富豪の再婚相手が、彼より40歳も若い田中路子で、ウィーンを中心に声楽家や女優として活躍した人物です。

このことを知らずにJulius Meinl am Graben(以下、マインル)のお茶売り場(写真)に行くと、日本人女性の古い写真がずらっと飾ってあるので驚きます。これは自社ブランド品「ミチコのお気に入り」という、ルイボスティーをベースにしたフレーバーティーのイメージづくりのため。

マインルとコーヒーのちょっとイイ話

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.meinlamgraben.at/Home地図を見る

かつて、マインルの支店やフランチャイズは、オーストリアや東欧諸国に1000店舗以上もありましたが、現在では1950年にオープンした旗艦店だけです。(※1)

初めて現地に行くと、左の白い建物に看板とロゴを発見しますが、こちらはカフェ。右の黄色の建物が正面入口です。二棟は中でつながっています。

(※1)Parndorfのアウトレットモール(※2)内にも店舗あり。ただし、アウトレットモールに来る外国人客をターゲットにした定番商品がメインで、生鮮品はない。
(※2)詳しくは下記リンクの別記事をご参照ください。

国産品も輸入品も抜群の品揃え

国産品も輸入品も抜群の品揃え

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.meinlamgraben.at/Home地図を見る

マインルは地上階と1階(日本式の2階)、そして地下のワインバーで構成されています。様々な自社ブランド品の他、オーストリア産、ヨーロッパの定番グルメ、アジアやアメリカなど、世界中のおいしいものが見つかります。

例えるなら、明治屋、紀ノ国屋、成城石井に似ています。

国産品も輸入品も抜群の品揃え

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.facebook.com/MeinlamGraben地図を見る

精肉や鮮魚などの従量制商品は、一部対面販売ですが、会計は集中レジで行うスーパーマーケットです。なので、自身で商品を手に取って、じっくり選ぶことができます。

自社ブランド品も含め、高品質商品や輸入品が多いため、一般のスーパーに比べ割高に思うかもしれません。実際には、原則としてセールス品やバーゲン品がなく、定価販売をしているだけです。逆に言えば、観光地にありがちな割り増し設定もありません。

国産品も輸入品も抜群の品揃え

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.facebook.com/MeinlamGraben地図を見る

商品を見ていて楽しいのは、すべての商品のプライスカードに産地が示されていることです。しかも、その大半が国旗で示されていて、とても分かりやすいのです。

例えば、せっかくオーストリアのおみやげを買いたいのに、ドイツ語のパッケージだからと、うっかりまちがえてドイツ製品を買うことを防げるでしょう。

おみやげにも適した自社ブランド品

おみやげにも適した自社ブランド品

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.facebook.com/MeinlamGraben地図を見る

先述の「ミチコのお気に入り」をはじめとしたお茶のラインナップも魅力的ですが、やはり看板商品はコーヒー。おみやげには後に残る缶入りはいかがでしょうか?クリムトの名画やエリザベート皇妃のパッケージは古くからの人気商品です。

おみやげにも適した自社ブランド品

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.facebook.com/MeinlamGraben地図を見る

アプリコットは世界遺産でもあるヴァッハウ渓谷の名産品で、ウィーンのスイーツに欠かせません。おみやげに自社製アプリコットジャムはいかがでしょうか。

ジャムの種類は膨大です。ドイツ語が分からなければ、イラスト入りのもので選ぶといった方法もありますが、やはりお値段が高いものが高品質です。

おみやげにも適した自社ブランド品

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.facebook.com/MeinlamGraben地図を見る

自社ブランド品にこだわる必要はないのですが、パッケージがかわいいので、ついつい目が・・・。なお、マグカップの他、業務用品と同じカップ&ソーサーも販売しています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

マインルを食べる、マインルで食べる

マインルを食べる、マインルで食べる

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.meinlamgraben.at/Home地図を見る

マインルの正面玄関入ってすぐの場所に、テイクアウトの惣菜コーナーMeinl To Goがあります。サンドイッチ、サラダやパスタの他、日替わりのランチメニューはスープにメイン、そしてデザートまで数種類から選べる充実した内容です。スーパーの会計とは別で、ここだけで清算します。

すぐに食べられるように、ちょっとしたカウンターテーブルもあります。

マインルを食べる、マインルで食べる

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.meinlamgraben.at/Home地図を見る

1階(日本式の2階)にあるMEINLS RESTAURANTは本格のオーストリア料理店。土曜限定の朝食メニュー(10時半まで)も秀逸です。ホームページ上で即時予約が可能なので、事前にぜひ予約を!

営業時間:
月〜金 11:30〜14:30、18:00〜24:00
土 9:00〜24:00

マインルを食べる、マインルで食べる

提供元:Julius Meinl am Graben GmbH

https://www.meinlamgraben.at/Home地図を見る

ワインは高級食材店の要!手頃なオーストリア産から世界の極上品までズラリ。すぐにも飲みたい人は、地下のバーでどうぞ。グラスワインも常時40種類程度取り揃えています。

営業時間:月〜土 16:00〜24:00

マインル(Julius Meinl am Graben)の基本情報

住所:Graben 19,1010 Wien
電話番号:+43-1-532-3334
アクセス:地下鉄Stephansplatzから徒歩3分
営業時間:
月〜金 8:00〜19:30、土 9:00〜18:00
日・祝休業(カフェとMeinl To Go共通)   

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -