神を迎える稲佐の浜から、青い海に浮かぶ白亜の出雲日御碕灯台へ

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

神を迎える稲佐の浜から、青い海に浮かぶ白亜の出雲日御碕灯台へ

神を迎える稲佐の浜から、青い海に浮かぶ白亜の出雲日御碕灯台へ

更新日:2014/06/04 15:01

村井 マヤのプロフィール写真 村井 マヤ 中国・九州文化的街並探検家

縁結びで有名な、出雲大社にゆかりある稲佐の浜から車で約20分。日本海を眺めながら目指すは、日御碕(ひのみさき)。途中、日御碕神社へ立ち寄ることもできるが、出雲日御碕灯台へ行くまでの道すがら、海の幸を味わうことのできるお店や、灯台周辺の松林を散歩しても十分楽しめる。

稲佐の浜から日御碕灯台へ、美しい日本海の旅をご紹介する。

その昔国譲りが行われ、現在は神様のお出迎えをする稲佐の浜

その昔国譲りが行われ、現在は神様のお出迎えをする稲佐の浜

写真:村井 マヤ

地図を見る

その昔、国譲り神話の舞台となった出雲。出雲大社から車で約3分。途中出雲阿国の墓なども見受けられる。この稲佐の浜では、旧暦10月10日の夜7時から神迎祭(かみむかえさい)が行われる。この神事は、全国から参集する神々を迎える神事で、漆喰の闇に篝火を焚き潔斎(けっさい)を済ませた神職が厳かな儀式を執り行う。

そんな神事が執り行われる美しく神秘の浜にいると、浄化されるような清々しい気持ちになれる。

青い空と海に映える白亜の灯台!石積としては高さ日本一!

青い空と海に映える白亜の灯台!石積としては高さ日本一!

写真:村井 マヤ

地図を見る

稲佐の浜から車で約20分。出雲日御碕灯台までの国道29号線沿いは、美しい日本海の青が続く。
日御碕へのドライブは意外に遠い!地図で見るとすぐ行けそうだが、灯台はなかなか近づいてこない。じっくり時間をとって余裕をもって出かけていただきたい。

日御碕の駐車場から灯台までの散策道には、お土産屋さんや食堂が並ぶ。この散策道では新鮮な海の幸をリーズナブルな値段で提供してくれる。

出雲日御碕灯台は、明治36年(1903)年完成で、高さ43.65メートル。海面からの高さ63.3メートル。美保関の硬質な石で造られており、石積の灯台としては高さ日本一だ。もちろん灯台内部を見学できる。らせん階段を上り、灯台上部の展望台へ(参観料200円)。

出雲日御碕灯台:バス停日御碕から徒歩12分。灯台入場時間は9時から16時30分まで。県営駐車場200台利用。住所:出雲市大社町日御碕1478。

大山隠岐国立公園の雄大さに心打たれる

大山隠岐国立公園の雄大さに心打たれる

写真:村井 マヤ

灯台の周辺には松林や遊歩道があり、奇岩や「出雲松島」と呼ばれる海の景色が楽しめる。

日御碕灯台の魅力は、自然の織り成す造形美と海の景色だ。日本海の美しさも堪能できるので、出雲大社まで観光に出かけたら足を延ばすべきである。

松林と日本海が作り上げた美しい景観

松林と日本海が作り上げた美しい景観

写真:村井 マヤ

地図を見る

日本海側は、春と夏が格別美しい。基本的に天気が良い日があまりなく、天候も変わりやすい。それでも、夏の日本海の美しさは素晴らしい。日御碕まで足を延ばすのはちょっと大変だがあの美しさは圧巻である。

のんびり自然満喫!温泉も楽しめる宿「出雲ひのみさきの宿ふじ」

のんびり自然満喫!温泉も楽しめる宿「出雲ひのみさきの宿ふじ」

写真:村井 マヤ

地図を見る

日御碕灯台近くに美しいホテル「出雲ひのみさきの宿ふじ」がある。

島根の海の幸を楽しめる立ち寄りランチ(土日10組限定)も提供されており、灯台の周辺の遊歩道を散策する前に立ち寄ってもいいだろう。

客室からは、日本海の雄大な景色が眺望でき、大浴場では天然温泉が楽しめる。自然の中でのんびり過ごしたい方におすすめの宿である。(最新のランチ内容、その他の催しやサービスプランについては、公式HPをご確認下さい。)


出雲ひのみさきの宿ふじ
〒699-0763
島根県出雲市大社町日御碕588-1
TEL: 0853-54-5522(代)
FAX: 0853-54-5520

アクセス:JR出雲大社駅からバスまたは自動車約35分、バス停日御碕から徒歩5分
JR出雲大社駅からはバス・自動車約15分、バス停日御碕から上に同じ。
いずれも、一畑バス:日御碕・宇龍行き

国譲りの浜から白亜の灯台を目指して

稲佐の浜は、出雲大社へも車で約3分の距離。日御碕から出雲大社は車で約20分。参拝の帰りや、その前に立ち寄るのにもおすすめスポットである。

夕日に照らされた日御碕灯台や、稲佐の浜もぜひ心に刻んでいただきたい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/08/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ