井の頭公園はホントにモネの池?噂の真実をめぐる散策ガイド

井の頭公園はホントにモネの池?噂の真実をめぐる散策ガイド

更新日:2020/06/19 15:50

風祭 哲哉のプロフィール写真 風祭 哲哉 B級スポットライター、物語ツーリズムライター、青春18きっぷ伝道師
井の頭恩賜公園(井の頭公園)は、豊かな水と緑に恵まれた東京の憩いのスポット。
100年以上も前から市民に愛されてきた井の頭公園が、突然クロード・モネの「睡蓮」の池のようだ、と話題になったのは2019年のこと。

なぜ急にそんな噂になったのでしょうか。そしてそこは本当に「モネの池」なのでしょうか?
今回はそんな視点から井の頭公園をご案内します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

井の頭公園が突然変異?

井の頭公園が突然変異?

写真:風祭 哲哉

地図を見る

井の頭公園は、東京の住みたいまちランキングでも常にトップを争う吉祥寺の駅からほんの5分の場所にある、緑と水の豊かな公園。
公園の中央に広がる井の頭池を中心に、普段は多くの家族連れやカップル、ジョギングやウォーキングをする人々で賑わっていますが、2019年の6月、突如この井の頭公園がSNSを中心に話題となりました。

それは「井の頭公園がなんだかモネの池っぽい」というもの。
100年以上も昔から人々に愛されてきた井の頭公園が、なぜ今頃そんなふうに言われ始めたのでしょうか。なにか突然変異があったのでしょうか?

「かいぼり」による環境改善で「モネの池」へと変化?

「かいぼり」による環境改善で「モネの池」へと変化?

写真:風祭 哲哉

地図を見る

豊富な湧き水に恵まれていた井の頭池は、かつては澄んだ水面に水生植物が広がる美しい池でした。ところが1960年代から水質が悪化し水が濁り始め、同時に生態系に影響を及ぼす外来種の繁殖により環境汚染が深刻になっていました。

そこで2014年から1年おきに3回、池の水を抜いて水質を浄化し、外来種を駆除する「かいぼり」と呼ばれる環境改善活動を行ったのですが、井の頭公園がモネの池へと突然変異した理由はここにあったのです。

「かいぼり」による環境改善で「モネの池」へと変化?

写真:風祭 哲哉

地図を見る

「モネの池」っぽいとされる一番の理由は「ツツイトモ」をはじめとする水草が急激に増え、水面を覆い始めたこと。

ツツイトモは環境省のレッドリストに掲載されていた絶滅危惧種の一つでしたが、2014年に行われたかいぼり以降、池底で眠っていた埋土種子や胞子が休眠から目覚め生えてきた水草です。これが3回のかいぼり活動を経て池全域で見られるようになり、とうとう2019年にブレイクしたのです。

また井の頭池で発見された植物で、環境省レッドリストの絶滅危惧I類であった「イノカシラフラスコモ」は絶滅したと考えられていましたが、これも約60年ぶりに生育が確認されています。

「かいぼり」による環境改善で「モネの池」へと変化?

写真:風祭 哲哉

地図を見る

ところでみなさん「モネの池」はご存知でしょうか?
フランスの画家クロード・モネはジヴェルニーの自宅の庭をこよなく愛し、特に睡蓮の咲く池を数多く描きました。

現在日本でも「モネ」はひそかなブームになっていて、高知県北川村にはクロード・モネ財団公認の「モネの庭(写真上)」が作られたり、岐阜県関市にある美しい池が「モネの睡蓮の池」に似ている、と話題になりました。

そしてこの井の頭池も新たに「モネの池」の仲間入りを果たしたのですが、実際はどうなのでしょうか?

井の頭公園「モネの池」のめぐり方

井の頭公園「モネの池」のめぐり方

写真:風祭 哲哉

地図を見る

井の頭公園を「モネの池」っぽく見せる最大の要因は、井の頭池の水面に揺らめく水生植物。その代表「ツツイトモ」は例年6月がピークとなりますので、その頃がベストシーズンです。

またよく晴れて風のない日は水面が鏡のようになり、美しいリフレクション(反射)が期待できます。朝のうちは風が弱い日が多いので、早い時間がおすすめです。

井の頭公園「モネの池」のめぐり方

写真:風祭 哲哉

地図を見る

「ツツイトモ」などの水生植物は5月頃から目立ち始め、やがて井の頭池全体を覆いつくすようになります。2020年は一番東側のひょうたん池側から繁殖し、次第に西のボート乗り場のほうへと広がっています。

特に美しいのは池の幅が狭い部分でしょうか。
対岸の木々がリフレクションで池に反射し、その下に緑の水生植物が揺らめいている様子は、少しモネっぽいです(笑)。

井の頭公園「モネの池」のめぐり方

写真:風祭 哲哉

地図を見る

「モネの池」に似ていると言われていても、やはり本物のモネの池と井の頭池は違います。
まずはその大きさ。本場のモネの池も、あるいはそのほかの「モネの池もどき」も手入れがしやすい小さな池ですが、この井の頭池は一周すると2キロほどある大きな池で、深さも平均1.5メートル。手入れもそう簡単にできる大きさではありません。

そのため常に澄み切った水で水底も見える、という感じではありません。睡蓮が咲いているわけでも、美しい鯉が泳いでいるわけでもありません。ですから「モネの池」と言い切ってしまうと少し大げさな表現かもしれません。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

井の頭「モネの池」の魅力は都会から極近で豊かな自然環境

井の頭「モネの池」の魅力は都会から極近で豊かな自然環境

写真:風祭 哲哉

地図を見る

本場の「モネの池」や各地で作られるレプリカの「モネの池」とは違う井の頭「モネの池」の魅力は、そのスケールの大きな自然環境。

御殿山と呼ばれる雑木林や広い池があるため、都会からほんのわずか離れただけでもそこはバードサンクチュアリ。特に池の水鳥の種類が豊富で、カルガモやカイツブリ、アオサギやゴイサギ(写真上)青い宝石とよばれるカワセミなどの姿を見ることができます。

井の頭「モネの池」の魅力は都会から極近で豊かな自然環境

写真:風祭 哲哉

地図を見る

また井の頭「モネの池」の最盛期6月はあじさいとの共演も魅力。気が向けばボートに乗って池の上から「モネ感」を楽しむこともできます。
何よりも人気のスポット吉祥寺に近く、都心からでも気軽に行ける「モネ」というのもうれしいじゃありませんか。

そんなわけで、あまり肩ひじ張らずに、ちょっと「モネの池っぽい」感じを楽しみに行くのがおすすめです。

井の頭恩賜公園の基本情報

住所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
電話番号:0422-47-6900
アクセス:JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」下車 徒歩5分、京王井の頭線「井の頭公園」下車 徒歩1分

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/24−2020/06/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -