伝統の床でジェラートを!京都 BABBI GELATERIA KYOTO

伝統の床でジェラートを!京都 BABBI GELATERIA KYOTO

更新日:2020/06/21 16:30

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
世界中の料理人やパティシエが店を持ちたいと望む、美食の町である京都。2020年に満を持してイタリアのスイーツブランド「BABBI」の手がける常設ジェラート店が出店しました。しかもその店舗は鴨川を望み、夏は期間限定で京都伝統の鴨川納涼床も楽しめます!
鴨川や東山、高瀬川といった周囲のロケーションとともに、目にも舌にも大満足の本格イタリアンジェラートと京都の伝統のコラボレーションを、どうぞご堪能あれ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

BABBI GELATERIA KYOTO のロケーション

BABBI GELATERIA KYOTO のロケーション

写真:古都の U助

地図を見る

2020年オープンした「BABBI GELATERIA KYOTO」は春は桜が美しい木屋町通に面しています。高瀬川に沿って南北に続く木屋町通は、店舗のある四条通よりも南側へ進むと、賑やか過ぎずそれでいて人気の飲食店も色々あって、ゆっくり散策するのには抜群のロケーションです。夏季はショップのガラス戸に写り込む緑も美しい!

BABBI GELATERIA KYOTO のロケーション

写真:古都の U助

地図を見る

店内にはジェラートのケースとお持ち帰りのスイーツ等が並ぶショーケースがあります。
店舗の東側には鴨川が流れ、店内から川沿いに茂る緑の光景が見えるのも良い感じ!

色とりどりのスイーツたち

色とりどりのスイーツたち

写真:古都の U助

地図を見る

ショーケースにはレモンやピスタチオフレーバー等の季節のフルーツ、京都らしい抹茶やきなこフレーバー等が随時色鮮やかに並びます。今では世界中で愛されるBABBIのスイーツですが、その歴史はもともとジェラート向けのコーン工場からはじまりました。
2020年現在では日本国内でBABBIのジェラートが通年で楽しめる常設店はここ京都だけ。しかも夏季の間は京都伝統の納涼床も楽しめます!

色とりどりのスイーツたち

写真:古都の U助

地図を見る

BABBIといえば絶妙な食感と濃厚なクリームのウエハースも大人気です。その他お持ち帰りのスイーツにはブッセやフィナンシェ、フロランタン、秋冬にはチョコレートが並ぶことも。
ギフトセットも用意されていて、ついついお土産も色々買って帰りたくなります。

ジェラート×川床の贅沢!

ジェラート×川床の贅沢!

写真:古都の U助

地図を見る

写真のジェラートはマンゴーにピスタチオ、コーンは風味豊かなショコラコーンです。鴨川やその背後にそびえる東山を背景にカラフルなジェラート。目や舌だけでなく、心にも焼きつく光景です。

ジェラートはカップの他、コーンはプレーン、ショコラ、ピッコラの3種類があり、ジェラートにはすべて可愛らしいハートのトッピングコーンがつきます。

ジェラート×川床の贅沢!

写真:古都の U助

地図を見る

納涼床の時期にジェラートの撮影がしたいとなると、時間との勝負ですが、飲むジェラート、NOMUGELAやクリームソーダ等をチョイスすれば、写真を撮るのもそんなに焦らなくても大丈夫ですね。ドリンクは冷たいジュース、コーヒー、紅茶等も。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

店内席からの鴨川の眺めもバッチリ!

店内席からの鴨川の眺めもバッチリ!

提供元:株式会社レガリーノ

http://www.babbi.co.jp/地図を見る

こちらは鴨川に面する東側が大きなガラス張りとなっている、通年利用できる店内席。夏期の納涼床が設置されていない時でも、美しい鴨川の光景が楽しめます。冬場の寒い時期は暖かい暖房のきいた部屋で食べるジェラートも、格別の味ですよね。

例年5月から9月の間営業される納涼床は、日中の営業は例年ですと5月と9月のみ。6月・7月・8月の納涼床は夕方以降のみの営業となるのですが、2020年は6月も昼間の営業が行われています。

夕方以降はガラッと雰囲気が変わります

夕方以降はガラッと雰囲気が変わります

写真:古都の U助

地図を見る

夕方以降、BABBI GELATERIA KYOT0の納涼床からの眺めはガラッと雰囲気が変わります。北側にはライトアップされた南座の姿も。

夕方以降はガラッと雰囲気が変わります

提供元:株式会社レガリーノ

http://www.babbi.co.jp/地図を見る

鴨川納涼床の歴史は古く、豊臣秀吉によって天下統一がなされ、三条や五条橋の架け替えが行われた頃まで遡ることができます。また、その呼び名はちょっとややこしいのですが、鴨川の納涼床は川床(かわゆか、又はゆか)、対して京都北部の貴船や高雄は川床(かわどこ)と呼ばれています。

夕方以降はガラッと雰囲気が変わります

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは四条大橋周辺の納涼床の光景です。
夕方以降の風情は抜群で、水面に揺れ動く明かりも本当に幻想的。思わず足を止めて見とれてしまいます。鴨川の納涼床は鴨川に沿って二条から五条まで見ることができます。周囲の光景も風情に溢れ素晴らしいので、ぜひ併せて楽しんで下さいね。

受け継いでいきたい伝統と、新しい形

納涼床は敷居が高いイメージもありますが、近年はどんどんと進化しています。通気性はもちろんバッチリで、外の風に吹かれての休憩はやはり良いもの。ぜひ、新しい形の伝統を体験し、これからも受け継いでいきたいものですね。

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -