最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

大人の隠れ家リゾート「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」

大人の隠れ家リゾート「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」

更新日:2020/06/15 17:07

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
沖縄は美しい海と豊かな自然に囲まれたリゾート地。那覇市には都市型ホテルも多くありますが、やはりビーチ沿いの豪華なリゾートホテルがイメージ。大型タイプのホテルはファミリー層に人気ですが、大人をターゲットにゆったりとした時間を過ごせるホテルも少しずつ増えており存在感を際立たせています。今回は2019年7月に開業した「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」を紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

読谷の豊かな自然や歴史に触れる

読谷の豊かな自然や歴史に触れる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートのある読谷村は、沖縄本島の中部西海岸、残波岬が目印となります。ひとことで言うならば“美しい村”。自然はもちろんのこと歴史や文化に触れられる場所です。サンゴの海をはじめマングローブの自生する川など自然を身近に感じることができます。

その歴史も長く、琉球王国時代には貿易の拠点として栄えたともいわれています。是非訪れたいスポットのひとつが世界遺産である「座喜味城跡」。写真で見たことがあるという人もいるのは?地平線に沈む美しい夕日は感動的です。ホテルでも、こうした文化や歴史に触れられるアクティビティが用意されています。「読谷(よみたん)の地で美しくしなやかに遊ぶ」というホテルのコンセプトがよくマッチしたエリアです。

ナチュラルで自由なホテル

ナチュラルで自由なホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートは、言うなれば大人リゾートホテル。リゾートホテルといえばお決まりの滞在パターンというケースも時々見られますが、大人のリゾートホテルはどこまでも“自由”です。

ホテルで決められたルールに縛られるのはある意味身を任せる楽さがありますが、旅慣れた大人であれば自分流にアレンジしたいもの。そんな滞在をさせてくれるのもホテルの懐の深さです。自然豊かな読谷にあるリゾートホテルはやはり自然な時間が流れます。

特徴的な客室

特徴的な客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室は4タイプありどれもが特徴的。中でも、男性の居場所としての書斎デスク、女性にはデスク代わりにもなりそうなドレッサースペースがあります。こうした設えは、男女それぞれが自分時間を過ごせるようにとのホテルの思いなのでしょう。滞在型客室ということでミニキッチンが完備されているのも嬉しいところ。

特徴的な客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室にはフレグランスが心地よく広がります。豊かな自然、海風などをイメージするオリジナルのアロマフレグランスは、レモン、シダーウッド、ブルーサイブレスなどバラエティに富んでいます。香りが安らぎの空間を彩るリラックスした時間が流れます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

グルメも自在にアレンジ

グルメも自在にアレンジ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

メインダイエング「BAR&RESTAURANT TASTE」は、開放感溢れる空間ながらプライベート感もあるダイニング。その秘密は2名席を充実させていること。とはいえ、テーブルもチェアも大振りでどっしりしています。

ラグジュアリーなリゾートホテルといえばグルメも高額になりがちですが、リーズナブルなアラカルトメニューが充実しており、1000円以下のメニューも多く見受けられ意表を突かれます。全体的に多国籍なキュイジーヌといったイメージの料理で南国風のアレンジが秀逸。まさに南国のリゾートを彷彿とさせます。

グルメも自在にアレンジ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ダイニングでも自由な滞在が実感できます。というのもボトルで頼んだワインやウィスキーは、ボトルケースを活用しBAR(BAR ZANPA(バーザンパ)※宿泊者のみ)や客室にも自由に持っていくことができるのです。アルコールまでも自分でカスタマイズする自由なスタイルです。

朝食はプールから繋がるリラックス空間である「CAFE LOUNGE CHILLAX(カフェラウンジ チルラックス)」で提供されています。ここは、朝食のラウンジとしてはもちろん、プールサイトでコーヒーやスイーツを楽しむカフェとして、夜はカクテルを味わうバーとしても利用できます。

表情豊かなプール

表情豊かなプール

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

沖縄、リゾートホテルといえばやはりプール。グランディスタイル 沖縄読谷 ホテル&リゾート「P00L:2VISONS(プール2ヴィジョンズ)※宿泊者のみ」という名のプールがあります。2ヴィジョンズという通りこのプールには2つの表情があります。

表情豊かなプール

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

朝から日中は水平線を望むインフィニティプールとして、沈む太陽とのグラデーションが感動的な夕方の時間、夜は星の輝きが水面を彩る幻想的なナイトプールと表情を変化させていきます。

16歳以上限定のリゾートホテル

グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートは年齢制限があり、16歳以上限定のリゾートホテルなのです。非日常的な空間で大人のゆとりを感じるラグジュアリーリゾートが体験できます。

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/24−2019/07/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -