最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

輝く海を望む伊豆「高根山」日本一の総檜風呂で混浴も満喫

輝く海を望む伊豆「高根山」日本一の総檜風呂で混浴も満喫

更新日:2020/07/17 12:11

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
静岡県下田市にある「高根山」は、山頂から大展望が眺められる山。蓮台寺駅からの軽快なハイキングは約1時間2kmで、迷う所もなく初心者でも大満足。安置されるお地蔵さんを巡って山頂まで行けば、伊豆を代表する輝く海と、天城山系の雄大な景色が楽しめます。さらに蓮台寺駅近くの日本一の総檜千人風呂では混浴も楽しめます。さわやかな汗をかいた後に、風情たっぷりの檜風呂で日ごろの疲れを一掃してみてはいかがでしょうか?

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

伊豆急行線蓮台寺駅からスタートする大展望の高根山

伊豆急行線蓮台寺駅からスタートする大展望の高根山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

静岡県下田市にある「高根山(たかねやま343.4m)」は、伊豆急行線蓮台寺駅の裏に位置する里山。昭文社の山と高原地図に記載されるハイキングルートが整備されています。約1時間2km、上り下りの標高差は300mほどで初心者にも無理のない気軽なハイキングルートになっています。

伊豆急行線蓮台寺駅からスタートする大展望の高根山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ハイキングルートは、蓮台寺駅を背に「稲生沢川」の手前を五分ほど右へ進みます。赤い郵便ポストの手前にハイキングの道標があるので、これを右に入り伊豆急行線の踏切を渡りそのまま山側へ!この先はトイレがありませんので、必ず蓮台寺駅で済ませてください。

伊豆急行線蓮台寺駅からスタートする大展望の高根山

写真:佐久田 隆司

地図を見る

小さな川の脇を山側へ進むと、倒れている木々をくぐるなど荒れた印象がありますが、実際はここだけで後は荒れているところはありません。突き当りの堰堤前にある写真の石橋を渡り、堰堤左側にある階段を上ればハイキングの開始です。この付近には道標がありませんので、この場所は特に注意しましょう。

お地蔵さんを巡る軽快なハイキングルート

お地蔵さんを巡る軽快なハイキングルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

堰堤の階段を上がるとほどなくしてお地蔵さんが現れます。このルートに道標は少ないですが、目印としてお地蔵さんが現れれば間違いない証拠!丁寧に祀られているお地蔵さんを眺めながら歩きやすいルートを上っていきます。

お地蔵さんを巡る軽快なハイキングルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

途中大きな石が現れることもあります。でもしっかりルートが確保されているので問題はありません。今回のルートは短時間で迷う所もないですが、ヘッドライト、地図、携帯、携帯バッテリー、雨具などは必ず用意してください。特に平日はほとんど人に会うことがないので注意が必要です。ただし伊豆半島には熊はいませんので安心できます。

お地蔵さんを巡る軽快なハイキングルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

初めての石の道導には、右山道、左高根道、とありますから、これは左の高根道を進みます。間違って右にはいかないように。

美しい竹林を抜け勾配が上がってくる山頂までの道を行く

美しい竹林を抜け勾配が上がってくる山頂までの道を行く

写真:佐久田 隆司

地図を見る

道標の先には美しい竹林が待っています。自然のままに生育した竹林の姿は圧倒的な存在感があります。

美しい竹林を抜け勾配が上がってくる山頂までの道を行く

写真:佐久田 隆司

地図を見る

この辺りまで来ると山頂までおおよそ半分の地点。少しずつ道の勾配が上がってきます。広いところを見つけて休憩をするのもいいでしょう。

美しい竹林を抜け勾配が上がってくる山頂までの道を行く

写真:佐久田 隆司

地図を見る

植生が変わり、樹林間も広く、ルートが明るくなってくれば山頂が近い証拠。勾配が緩くなると「十七丁目」の表示があり、その先に小屋が見えてきます。小屋には高根地蔵の由来が書かれていて、すぐわきに最後のお地蔵さんがあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

山頂からは、伊豆白浜の渚と天城山の山々の大展望が!

山頂からは、伊豆白浜の渚と天城山の山々の大展望が!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

小屋を過ぎ、電波塔が建つ位置が高根山山頂です。高根山山頂から東方向には伊豆白浜海岸の美しいエメラルドグリーンの渚が見て取れます。さらに西側には天城山系の山々の稜線が広がります。山頂にはベンチもあるので、昼食や休憩にもってこい。雄大な眺めを楽しみましょう。

山頂からは、伊豆白浜の渚と天城山の山々の大展望が!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂からルートは分岐して伊豆白浜海岸へは50分、寝姿山までは60分ですが、初心者には来た道を戻るのがお勧めです。

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは高根山ハイキングの様子をダイジェスト版動画で紹介しています。

<高根山の基本情報>
住所:静岡県下田市白浜
電話番号:0558-22-1531(下田市観光協会)
アクセス:伊豆急行線蓮台寺駅から徒歩

日本一の総檜千人風呂で疲れを癒す

日本一の総檜千人風呂で疲れを癒す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

蓮台寺駅まで戻ったら、駅から徒歩4分のところに「金谷旅館」があります。ここは創業1867年の江戸末期から続く老舗温泉旅館。自家源泉かけ流しの素晴らしい泉質とともに、日本一の総檜(そうひのき)で出来た「千人風呂」があります。ここに宿泊し優雅な歴史ロマンを堪能するのもいいでしょう。

日本一の総檜千人風呂で疲れを癒す
提供元:https://kanayaryokan.jp/spa.html

大正4年に建てられた「千人風呂(写真)」は、奥行き20m、幅5m、一番深いところで1m近くもある立派なもの。総檜で造られた日本一の雅な浴場は必見の価値あり。男子は「千人風呂」と露天、女子も国内最大の木造の浴場「万葉の湯」と露天、さらに貸切風呂も用意されていて、日帰り入浴も可能です。

「千人風呂」は混浴になりますが、バスタオルの貸し出し(水着は不可)もあり、女子「万葉の湯」からの千人風呂専用扉の鍵を渡されるので脱衣に心配はありません。

自家源泉掛け流しの温泉は弱アルカリ性単純泉ですこしぬめりがあるさらっとしたお湯。飲用もでき、痛み、かゆみを和らげる効果があり、皮膚疾患に最適とされています。

日本一の総檜千人風呂で疲れを癒す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

金谷旅館は江戸時代から続く老舗だけあって、建物自体も風情たっぷり。そこかしこからうかがえる歴史ロマンを感じながら、ゆっくり宿泊するのがお勧め!

<金谷旅館の基本情報>
住所:静岡県下田市河内114-2
電話番号:0558-22-0325
アクセス:伊豆急行線蓮台寺駅より徒歩4分

絶景を望みロマンある日本一の総檜風呂で汗を流す

手軽な絶景ハイキングの高根山で汗をかいた後、歴史ロマンあふれる総檜千人風呂で汗を流し、雅な時を過ごす楽しさをあなたもいかがですか?

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -