最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

名物はかりめ(穴子)を味わい尽くす!千葉県富津「いそね」

名物はかりめ(穴子)を味わい尽くす!千葉県富津「いそね」

更新日:2020/06/16 15:18

カノオミツヒサのプロフィール写真 カノオミツヒサ フリーライター
東京湾に沿って、南北40キロの海岸線が続く千葉県富津市。豊かな漁場を持ち、江戸前の寿司や天ぷらに欠かせない食材「穴子」が名物です。体の横に点々とある模様が、市場や河岸で使用していた棒はかりに似ていることから、当地では「はかりめ」と呼ばれています。この新鮮な「はかりめ」を、色々なスタイルで味わえる贅沢なお店が「いそね」です。
今回は「いそね」をご案内します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

潮風に包まれる、海沿いの人気店

潮風に包まれる、海沿いの人気店

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「いそね」の最寄り駅はJR内房線の大貫駅で、東京駅から1時間50分ほど。駅からお店までは、海に向かって徒歩10分です。お車の場合は東京湾アクアラインから館山自動車道の君津ICを利用し、20分ほどで到着します。

「いそね」が創業したのは45年ほど前。当時は大貫駅近くにありましたが、25年ほど前に、海岸に面した現在の場所に移転されました。

潮風に包まれる、海沿いの人気店

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

店内はとても明るく、カウンターと小上がりのスペースがあります。「祖父は水産の仲買人。父親が始めたお店を今は自分が切り盛りしています」と語るのは、2代目のご主人。味はもちろんのこと、お客様一人一人に気を配る丁寧な対応を心掛けられており、それが店内の良い雰囲気につながっています。おひとりさまから家族連れまで入りやすく、地元のみならず観光客にもリピーターが多いことから、人気の高さがうかがえます。

味わい色々。「はかりめ二色丼」と「はかりめひつまぶし」

味わい色々。「はかりめ二色丼」と「はかりめひつまぶし」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「いそね」でおすすめの「はかりめ二色丼」です。定番のはかりめ丼は、甘辛のタレが食欲をそそるしっかりとした味わい。一方、珍しいのは白煮で爽やかに仕上げたレモン風味のはかりめ丼。酢飯の上に、大葉、海苔、ショウガが敷かれ、はかりめと共にサッパリと頂くことができます。

味わい色々。「はかりめ二色丼」と「はかりめひつまぶし」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

また、「はかりめひつまぶし」も人気メニューです。食べ方として、まずは甘辛のタレがしみ込んだはかりめ丼を頂きましょう。さらにネギやワサビをトッピングすると、スッキリとした味わいに。

味わい色々。「はかりめ二色丼」と「はかりめひつまぶし」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

シメは特製だしをかけたお茶漬け。奥深いながらもサッパリとした食感で、最後まで箸が止まらなくなること必至です。柔らかくてフワフワのはかりめを、お好みの味で召し上がってみてください。

女性におすすめ「レディースセット」

女性におすすめ「レディースセット」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

こちらはデザート付きの「レディースセット」です。メインは海鮮丼・天丼・はかりめ丼から選ぶことができます。ご要望があれば、はかりめ天丼(写真)も注文可能です。

はかりめの脂肪分はウナギの半分で、免疫力を高めるビタミンA、脂質の酸化防止に役立つビタミンEが豊富。健康に気を配りながら、美味しいものが食べたい女性には特におすすめです。

季節のデザート(週替わり)は、2代目の奥様が担当。ご夫婦の愛情がこめられているメニューは、地元の奥様たちから人気を集めています。栄養たっぷりで幸せな気分になれるお料理を、ぜひご堪能ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

富津の由来とは?「弟橘姫(オトタチバナヒメ)」の像

富津の由来とは?「弟橘姫(オトタチバナヒメ)」の像

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「いそね」を訪問する際、あわせて見て頂きたいのがお店の正面に立つ「弟橘媛(オトタチバナヒメ)」の像。弟橘媛は日本武尊(ヤマトタケル)の妃で、『日本書紀』や『古事記』に登場します。

伝説によるとその昔、日本武尊が率いる一行は東国遠征の途中、三浦半島で大嵐にあいました。房総半島へ進むことができないなか、弟橘媛は海の神の怒りを鎮めるために自ら身を捧げました。すると嵐はおさまり、一行は無事に海(東京湾)を渡ることができました。

富津の由来とは?「弟橘姫(オトタチバナヒメ)」の像

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

たどり着いた海岸には、弟橘媛の衣が流れ着いていました。このことから、布が流れ着いた津「布流津(ふるつ)」と呼ばれるようになり、「富津(ふっつ)」の名の由来となっています。

夫婦の愛情や富津の歴史にふれつつ、当地が誇る極上のはかりめが頂ける「いそね」。はかりめの旬は6〜8月ですので、時期を合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか?
みなさまもぜひ、新鮮な海の幸に舌鼓を打ってみてください。

「いそね」の基本情報

住所:千葉県富津市岩瀬993-4
電話番号:0439-65-3535
アクセス:JR内房線・大貫駅から徒歩10分

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -