変化に富んだ景観と流れを!秩父『長瀞ライン下り』を存分に楽しむ方法

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

変化に富んだ景観と流れを!秩父『長瀞ライン下り』を存分に楽しむ方法

変化に富んだ景観と流れを!秩父『長瀞ライン下り』を存分に楽しむ方法

更新日:2014/06/05 15:06

きちこのプロフィール写真 きちこ 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、フードアナリスト3級

埼玉県・長瀞の観光と言えば、荒川を下る『ライン下り』。
都会から約90分というアクセスの良い場所にありながら、そこには大自然が待っています。

穏やかな流れから、巨岩の迫る急流まで。
変化に富んだ長瀞のライン下り、どうせ行くなら存分に満喫したいですよね!

今回は、絶対はずさない!長瀞のライン下りのコース選びや乗船中の楽しみ方のポイントをご紹介します〜!

コースは3種類!AコースかBコースか両方か!

コースは3種類!AコースかBコースか両方か!

写真:きちこ

地図を見る

まずはライン下りについて。
船の定員は20人前後。船頭さんの楽しい話を聞きながら、長瀞の美しい渓谷を船で進んでいきます。1隻の船に船頭さんは2人、竿を使って2人の船頭さんが息を合わせて船を操ってくれます。

ライン下りのコースは3種類。
【1】A(上流):親鼻橋(おやはなばし)→岩畳(約3キロ/約20分)
【2】B(下流):岩畳→高砂橋(たかさごばし)(約3キロ/約20分)
【3】A+B:親鼻橋→高砂橋(約6キロ/約40分)
※写真はAコースの終点/Bコースの出発点の岩畳です

気になるのは、どこのコースを選んだら良いのか?ということ。
もちろん【3】の全コースに乗るのが一番満喫できますが、時間・お金もかかるので、どちらかにしたいという方もいますよね!

*長瀞ライン下り詳細*
Aコース/Bコース 大人1,600円 小人(3歳以上)800円
全コース      大人3,000円 小人(3歳以上)1,400円

※水量により運航できない場合あり

予約も可能ですが、夏の繁忙期は不可。
電話・WEBによる事前予約、もしくは、HPに掲載されているクーポンの持参、前売り券のいずれかを利用すると、割引料金にて長瀞ラインくだりをご利用いただけます!詳しくは記事下部[MEMO]からHPをご覧ください。
(当記事の表記は「長瀞ライン下り」ですが、運航会社の表記は「長瀞ラインくだり」です。)

コースを選ぶポイントは前日までの天候と水量!

コースを選ぶポイントは前日までの天候と水量!

写真:きちこ

地図を見る

ライン下りは荒川の水量によって船のスピードが変わってきます。

<その1>雨がしばらく降っていなくて、水量も流れも落ち着いている場合は景色を重視!
AコースもBコースもスピードはほとんど変わりません。その場合には見たい景色で決めてみてください。
■Aコース:奇岩が多く「秩父赤壁」と呼ばれる絶壁や岩畳を船から見ることができる
■Bコース:新緑や紅葉などの景色が最高で、船から見る遠くの景色がすばらしい

<その2>水量があり、流れが速い場合にはスピードやスリルを重視!
Aコース:「小滝の瀬」と言われる流れが急でスリルがあるポイントがある(よくポスターに使われるポイントはココ!)
Bコース:「大河瀬」と言われる流れが速くなるスポットがあるが、小滝の瀬より川幅が広いので落ち着いている

※写真はBコース

スピード速すぎない?水に濡れない?

スピード速すぎない?水に濡れない?

写真:きちこ

地図を見る

川のアクティビティで気になるのが・・・
スピードが速すぎるのはイヤだし、水に濡れるのもイヤ。ということ。

ご安心ください!
長瀞のライン下りでは全員ライフジャケット着用です。小さなお子様向けのライフジャケットもあります。またスピードが速くなるのはAコース、Bコースともそれぞれ1カ所だけです。

当然水の流れが速い所を通れば水しぶきが・・・!
ご安心ください!
かぶる用のビニールが座席に備え付けられています♪
水がかかりそうな場所に近づくと、船頭さんが「ビニールかぶってくださいっ!」と教えてくれます!
濡れたらNGのものはあらかじめビニールの中に入れておけば、突然の水しぶきにも安心ですよ。

船頭さんのお話にはしっかり耳を傾けて!

船頭さんのお話にはしっかり耳を傾けて!

写真:きちこ

地図を見る

船上からは、たくさんの奇岩を見ることができます。
奇岩には、長瀞の名物の岩畳の他、動物の形をした「亀の子岩」「ゾウ岩」「カエル岩」などがあります。※写真はカエル岩
動物の形は、ある一定の方向から見なければ分かりにくいものもあるので、船頭さんが話してくれたその時に必ず見ること!他の場所の写真撮影に夢中で少しあとで見よう、なんて思っていると全くその形には見えないこともあります。

それから船の座席の位置について。
写真を撮りたい方は一番前がおすすめ!
少しでもスリルを味わいたい方、船頭の話をしっかり聞きたい方は、一番後方に座るのがおすすめ!(後ろの船頭が話をしてくれます)

出発前に乗る船の先頭はどちらか確認しておきましょう!

長瀞の観光名所「岩畳」の散策もお忘れなく♪

長瀞の観光名所「岩畳」の散策もお忘れなく♪

写真:きちこ

地図を見る

Aコースの到着点、Bコースの出発点である岩畳。
そこは荒川沿いにずっと奇岩が続いています。

Aコースの方は、船で通ってきますが、船から見る岩畳と歩いて見る岩畳はまた違って楽しむことができます。
また、この岩畳の上からライン下りをしている船を上から眺めるのもなかなか良い景色です♪

全コースの方は通り過ぎてしまうので、ライン下りが終わってから戻って来ても見る価値ありですよ!

いかがでしたか?

長瀞の観光の目玉である、ライン下り。
せっかく行くなら存分に楽しみたいですよね!

季節によっても表情を変える、長瀞のライン下りは、新緑の時期や紅葉の時期、色々な顔を見せてくれます。
是非、参考にしてみてください!!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ