初島でダイビングしよう!はじめてでもOK!東京周辺から日帰りも可能なリゾートアイランド!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初島でダイビングしよう!はじめてでもOK!東京周辺から日帰りも可能なリゾートアイランド!

初島でダイビングしよう!はじめてでもOK!東京周辺から日帰りも可能なリゾートアイランド!

更新日:2014/06/03 17:25

二条 まゆらのプロフィール写真 二条 まゆら

初島は熱海から船に乗って25分。気軽に離島のリゾート気分が味わえます。島なので海中の透明度も良く、生き物も豊富。Cカードを持っていない方の体験ダイビングから上級者まで、レベルと好みに合わせたダイビングができるのも初島の魅力です。

群れ!サンゴ!ウミウシ!好みのダイビングスタイルを見つけよう

群れ!サンゴ!ウミウシ!好みのダイビングスタイルを見つけよう

写真:二条 まゆら

地図を見る

初島のダイビングはビーチダイビングです。メインポイントのフタツネはスロープも整備されていて楽ちん。
海に入ると定番のキンギョハナダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、ネンブツダイの群れが迎えてくれます。
沖に出て中層を見上げると、タカベ、イサキの群れや、カンパチなどの回遊魚に出会えたり、下を見ていると大きなヒラメやネコザメに遭遇したり。
じっくり探すとジョーフィッシュやウミウシなどのマクロ生物も豊富。
キバナトサカの群生や綺麗なソフトコーラルも楽しめます。

多彩な楽しみ方ができるので、好みのダイビングスタイルや見たい生物があれば、ガイドさんにリクエストしてみましょう。(自然相手なので、リクエスト通りに行かないこともありますが、それがまたダイビングの良いところなのです。)

メインポイントのフタツネの他にイサキネ、ニシマト、ヤンバダ、期間限定の上級者向けポイント「ヤグラ2.5」と全部で5つのポイントがあり、それぞれ少しずつ海の表情が違います。

アフターダイブの楽しみ方

アフターダイブの楽しみ方

写真:二条 まゆら

アフターダイブの楽しみは何といってもランチ!初島には、漁師さんがやっている食堂街があり、おいしいお魚料理がいただけます。ちょっとお値段は張りますが、活イカや活イセエビは、なかなか他では味わえない絶品です。
ランチの後は、「海泉浴 島の湯」や、島の周りの散歩で、「アジアンガーデン」などでのんびり島時間を楽しみましょう。
「初島アイランドリゾート」や民宿街もあるので、時間に余裕がある方は島に泊まってゆっくりするのも良いでしょう。

初島ダイビングの行き方

初島ダイビングの行き方

写真:二条 まゆら

初島は個人でのセルフダイビング(バディダイビング)はできませんので、ダイビングショップのツアーに申し込みます。
行きつけのダイビングショップがある方は、初島ツアーを行っているかどうか確認してみてください。

行きつけのショップがない方、Cカードを持っていない方は、熱海の現地ショップに問い合わせてみましょう。現地ショップに申し込んだ場合は、ショップ、熱海駅、熱海港などに集合して、船に乗って初島に渡ることが多いです。熱海港から初島までは約25〜30分、船は日中1時間おきぐらいに出ています。
また、熱海のほかに、伊東からも船が出ています。

初島に行ってから現地で申し込んでも参加できない可能性がありますので、必ず事前に予約をいれましょう。
Cカードを持っていない方は「体験ダイビング」、持っている方は「ファンダイビング」ですので、間違えないように注意してくださいね。

まとめ

初島は、全く初めての方から上級者まで、マクロ好きな方も回遊魚好きな方も、みんなが楽しめるダイビングスポットです。2014年3月には新造船「イルドバカンスプレミア」も就航し、旅気分、リゾート気分も盛り上がります。
男性も女性も、一人参加の方も比較的多いので、気軽に体験してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -