兵庫「宝塚ホテル」には宝塚ファン垂涎のレビュールームが!

兵庫「宝塚ホテル」には宝塚ファン垂涎のレビュールームが!

更新日:2020/07/02 13:49

Sige pandaのプロフィール写真 Sige panda パンダライター、パンダスポット探検家
約94年にわたって地元で愛された「宝塚ホテル」が、2020年6月にリニューアルオープン。

宝塚歌劇のオフィシャルホテルで、宝塚歌劇ファンの聖地でもある宝塚ホテルは、宝塚大劇場の西側へ移転し、阪急電鉄 宝塚駅から徒歩約4分とアクセスも便利に。

旧ホテルのクラシカルなデザインを継承。阪神間モダニズムと称される、モダンなデザインと、細やかな装飾なども見どころです。
ぜひ予約したいレビュールームも!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

宝塚ホテルの見どころ

宝塚ホテルの見どころ

写真:Sige panda

地図を見る

同ホテルのコンセプトは「夢のつづき」。観劇後の余韻に浸れる、クラシックで落ち着いた館内。支配人には、元タカラジェンヌの憧花ゆりのさんが就任。宝塚歌劇の華やかな雰囲気が、ホテル全体に息づいています。

夢のように美しい館内には、訪れたならぜひチェックしたい、見どころがたくさん。その1つが、旧ホテルから移設されたシャンデリア。

なんと、スワロフスキーのシャンデリアなのです。エントランスや宴会場などさまざまな所で見ることができ、キラキラと美しい輝きを放っています。

宝塚ホテルの見どころ

写真:Sige panda

地図を見る

さらに旧館のシンボルでもあった、真っ赤なじゅうたん敷きの階段も再現。階段の手すりの一部は、旧ホテルのデザインを継承しています。大劇場のフィナーレの舞台を思い出すような階段に、心も弾みます。

宝塚ホテルの見どころ

写真:Sige panda

地図を見る

1階ロビーには、旧ホテルから引き継いだ緞帳(どんちょう)も。緞帳とは、舞台の幕の事で、こちらは昭和51年から56年まで、宝塚大劇場で実際に使用されていたもの。

昭和期に活躍した画家 小磯良平が原画を描いたこの作品。新しいホテルに飾る際に、この緞帳を作った職人自らが修復し、当時の雰囲気そのままに、色彩鮮やかによみがえりました。

ファン必見!宝塚歌劇の常設展示

ファン必見!宝塚歌劇の常設展示

写真:Sige panda

地図を見る

1階の宴会場へ続く廊下には、「花」「月」「雪」「星」「宙」それぞれの組の男役・娘役トップスターの写真が展示されています。

旧ホテルでは、男役の写真のみを展示していましたが、今回はデザインも一新し、娘役トップスターとともに展示。台座の部分にはそれぞれの組のシンボルマークも!

もちろん写真OKですので、ぜひ、推しと一緒に撮ってくださいね。

ファン必見!宝塚歌劇の常設展示

写真:Sige panda

地図を見る

ファンにはたまらないのが、2階のギャラリー。トップスターの衣装が常設展示されているほか、公演中の舞台写真(初日より、約2週間後から展示)や、宝塚歌劇の小物などが展示されているのです!

オープニング期間に展示されているのは、2017年雪組公演「SUPER VOYAGER!」で、望海風斗さんと真彩希帆さんが、実際に着用した衣装。ホテルの新しい船出をお祝いしています。

ファン必見!宝塚歌劇の常設展示

写真:Sige panda

地図を見る

衣装や小物は、シーズンや特集テーマによって変わるので、何度来ても楽しめますよ。

さらに、モニターからは、衛星放送のTAKARAZUKA SKY STAGEチャンネルの放送が、リアルタイムで流れ……いつまでも眺めていたい空間です。

2室限定!夢の「レビュールーム」

2室限定!夢の「レビュールーム」

写真:Sige panda

地図を見る

3階から5階は客室になっています。客室フロアへつながるエレベーターは、カードキーをかざして動作するようになっていて、セキュリティーもバッチリ。

客室はシングルからスイートまで、全部で200室。エレガントな雰囲気で、観劇の余韻に浸ることができます。

そして、ぜひ泊まりたいのが「レビュールーム」。公演中の組のイメージカラーに包まれたお部屋です。組ロゴのクッションがたまりません!

2室限定!夢の「レビュールーム」

写真:Sige panda

地図を見る

シャンシャンや台本など舞台小道具の展示、壁にはトップスターの紹介パネルまで。

さらに「歌劇」「宝塚GRAPH」など、宝塚歌劇ファン御用達の雑誌も完備。女優ミラーがついたドレッサーに座れば、まるで、スターの楽屋にいるみたい。まさに「夢のつづき」が、見られるお部屋です。

2室限定!夢の「レビュールーム」

写真:Sige panda

地図を見る

視界にトップの写真や小道具が。興奮して眠れない……!

レビュールームは、デラックスツイン10室のうちの2室。予約は電話のみでの受付となっています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

食事やアフタヌーンティも楽しめる

食事やアフタヌーンティも楽しめる

写真:Sige panda

地図を見る

館内には宿泊しなくても利用できる、ラウンジやレストランも。1階のラウンジルネサンスでは、紅茶やカクテルの他に、アフタヌーンティーも楽しめます。

2階には3つのレストランが。日本料理「彩羽」と、鉄板焼「風雅」には、個室も完備。旧ホテルの時と同じように、宝塚スターが、ご贔屓さんと食事に訪れるかもしれません。大劇場が見える席もあるので、観劇前に気分を盛り上げるのにいかが。

食事やアフタヌーンティも楽しめる

写真:Sige panda

地図を見る

宿泊時の朝食会場でもある、ビュッフェ&カフェレストラン「アンサンブル」は、当面の間はアラカルトとコースのみの提供。ライブキッチンがあり、できたてが提供されるのが魅力です。窓が大きくて明るくて開放感があります。

食事やアフタヌーンティも楽しめる

写真:Sige panda

地図を見る

1、2階の宴会場は、結婚式やイベントの他に、タカラジェンヌのディナーショーや、ファンイベントのお茶会の会場として使用されます。

「舞花(まいはな)」や「詩月(うたつき)」など、宝塚歌劇の組を連想する名前のお部屋も。じゅうたんにはすみれや薔薇、椿などのモチーフを使用していて、格式高い雰囲気。

3階には美容室とスタジオも入っていて、さまざまな記念日の写真撮影にも対応。すてきな写真が撮れそうですね。

宝塚ならではのお土産もゲット

宝塚ならではのお土産もゲット

写真:Sige panda

地図を見る

館内を十分堪能したら、1階のホテルショップ「アルモニー」へ。

季節のスイーツやケーキの他に、宝塚歌劇やホテルオリジナルのおみやげが手に入りますので、ぜひゲットしましょう!

華やかなレースに目を奪われる、「シュガーレース スミレティーセット ピローボックス」(594円)。エレガントなこのレース、じつはお砂糖でできたシュガークラフトなんです!お茶に浮かべれば、なんとも優雅な気分に。

宝塚ならではのお土産もゲット

写真:Sige panda

地図を見る

各組ごとのモチーフが入った「夢チャーム」(3,000円)も。ホテルをイメージして制作した、エレガントなシルエットデザイン。化粧箱入りで、そのまま飾りたくなりますね。

宝塚ならではのお土産もゲット

写真:Sige panda

地図を見る

こちらの「夢バウム」(1.400円)は、宝塚ホテルのシンボルマークをあしらった、ホテルオリジナルパッケージに入った、バウムクーヘン。

ベーキングパウダーを使用せず、卵の力で膨らませているので、しっとりとしてコクがあります。生地にマジパンを練り込んでいるため、上品な甘さにしっかりとした食感も。

ホテルと宝塚歌劇をイメージした、華やかなパッケージは、お土産にもオススメです。他にも宝塚歌劇のイラスト缶に入ったゴーフルや、宝塚温泉の素「宝塚の湯」など、すてきなアイテムがそろっていますよ。

駅から夢気分!

最寄り駅である、阪急電鉄宝塚駅の発車音は、宝塚歌劇を象徴する歌「すみれの花咲く頃」と、この地にゆかりのある、故・手塚治虫氏の「鉄腕アトム」のテーマ。

手塚氏は、旧宝塚ホテルで結婚式を挙げたのだとか。宝塚歌劇も宝塚の歴史も楽しめる、地元民に愛される宝塚ホテル。

ホテルから徒歩5分ほどのところには、手塚治虫記念館もあります。観劇のすてきな思い出作りに、泊まってみてはいかがですか。

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -