逗子マリーナを一望!ご自宅系絶景カフェ「カフェシエスタ」

逗子マリーナを一望!ご自宅系絶景カフェ「カフェシエスタ」

更新日:2020/08/04 15:56

しもちんのプロフィール写真 しもちん
鎌倉の隣に「小坪」という町があるのをご存知でしょうか?海沿いの134号線を走っているだけでは気がつかない、脇道に入った逗子マリーナのある町です。その小坪の海を見渡す高台で、寛ぎと絶景を楽しめるのが「カフェシエスタ」。一見、普通の住宅に見える秘密基地的なお店を訪ねてみませんか。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

迷路のような路地を抜けて

迷路のような路地を抜けて

写真:しもちん

地図を見る

小坪の町へ行くには、鎌倉駅か逗子駅からバスで10分ほど。最近話題のMALIBU HOTELもオープンした逗子マリーナの街並みが、リゾート感満載でお出迎えしてくれます。

日本を代表する観光地・古都鎌倉の影に隠れがちですが、実は小坪エリアも地域に密着した観光スポットがたくさんあるのです。新鮮な魚介類が買える魚屋さんや、海鮮丼をはじめとした定食が人気のお食事処など。小さなエリアに色んなものがギュッと詰まっています。

迷路のような路地を抜けて

写真:しもちん

地図を見る

カフェシエスタまでは、昔ながらの漁港町特有の路地や階段を登っていきます。迷路のような町並みを地図アプリ片手に進みましょう。

テラスからの絶景!

テラスからの絶景!

写真:しもちん

地図を見る

お店を見つけるのも秘密基地を探す感覚で。坂道を登り続けていくと、本当に普通の一般住宅の玄関に「カフェシエスタ」の看板が出ているので、見逃さないでくださいね。

辿り着いた先にはこんな素敵なテラス席が待っています。運良く空いていれば、たっぷり陽射しを浴びながら冷たいビールを片手に寛ぎましょう。

テラスからの絶景!

写真:しもちん

地図を見る

店内の広々とした空間は海沿いの別荘に来た感覚で寛げます。片隅には漫画や本のコーナーもあり、夏の昼下がりに扇風機と窓からの心地良い風に吹かれ、のんびりと読書をしながら過ごす。そんな、懐かしい夏休み気分を味わえます。

お食事も充実

お食事も充実

写真:しもちん

地図を見る

急坂を登ってくるので冷たいドリンクが美味しい!ドリンクは海外のビールをはじめ豊富な種類が揃っています。コーヒーや紅茶はランチとセットになっているものもありますよ。

お店はご主人が一人で切り盛りしているので、海からの風を感じながらゆっくり待ちましょう。

お食事も充実

写真:しもちん

地図を見る

もちろんフードも充実。ボリューミーなハンバーグやグラタンにパスタ、デザートまで一通り揃っています。がっつり食事をしてもいいですし、軽くお茶やデザートだけなど、その時の気分に合わせて使えるのがいいですね。

気持ちのいい日中に訪れるのもいいですし、夕暮れ時のマジックアワーもおすすめ。お店も日が暮れて人が居なくなるぐらい迄の営業時間になっています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

裏手は披露山公園

裏手は披露山公園

写真:しもちん

地図を見る

カフェシエスタの裏手には披露山公園や大崎公園など、三浦半島を代表するビュースポットがあります。相模湾や江ノ島、雲がなければ富士山までの大パノラマが楽しめるので合わせて訪れたいですね。

逗子駅までも徒歩で40分程度。渋滞に巻き込まれるよりは、ハイキング気分で帰るのもオススメです。近場で旅行気分を味わいたいという方にも、鎌倉観光に来て人混みに疲れたという方にもぴったりな逗子・小坪の素敵なカフェ。ぜひ訪れてみてくださいね。

カフェシエスタの基本情報

住所:神奈川県逗子市小坪4丁目15-12
アクセス:JR鎌倉駅からバスで「小坪」下車、
JR逗子駅からバスで「小坪海岸」下車、徒歩で小坪漁港方面へ

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -