秘境・南伊豆の“サルの楽園”「波勝崎モンキーベイ」

秘境・南伊豆の“サルの楽園”「波勝崎モンキーベイ」

更新日:2020/06/27 18:17

長谷川 彩花のプロフィール写真 長谷川 彩花 伊豆を愛するライター
「最寄りの駅から6時間!歩いて来ないでください。波勝崎モンキーベイ!モンキーベ〜イ!」というインパクトあるテレビCMでおなじみの「波勝崎モンキーベイ」は伊豆の秘境ともいわれる南伊豆伊浜に2020年5月にオープンしました。

野生のニホンザルの群れ300匹が間近で見られる東日本最大級の「サルの楽園」。愛くるしい子猿たちの様子や餌やり体験などここでしか味わえない魅力を紹介します。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

自然の地形そのまま“サルの楽園”

自然の地形そのまま“サルの楽園”

写真:長谷川 彩花

地図を見る

伊豆急下田駅から車で約45分、国道136号線沿いに見えてくる大きな案内看板を曲がると、サルの楽園「波勝崎モンキーベイ」まではもうすぐ。園へ向かう道路沿いにもサルが出没しますが危ないので決して食べ物を与えてはいけません。

自然の地形そのまま“サルの楽園”

写真:長谷川 彩花

地図を見る

いよいよ入園し、ゲートを入ると目に飛び込んでくるのが青い海!園内は自然を生かした作りになっているので、急な斜面、砂利道など足元が悪く、ハイヒールやサンダルなど歩行が困難な履物は適しません。また階段などもあるので、車椅子、ベビーカーでの入園も不可となっていますので注意が必要です。

自然の地形そのまま“サルの楽園”

写真:長谷川 彩花

地図を見る

1957年から62年間営業していた「波勝崎苑」の伝統を受け継ぐ同園で見られるのは約300匹のニホンザルです。ニホンザルは霊長目オナガザル科に属し、北海道と沖縄を除く日本全域に生息しています。体長は50〜70センチメートル。野生では通常20〜80匹ほどの群れで行動しますが、餌付けした場合は300匹ほどの大きな群れになることもあります。

天真爛漫!愛らしい子ザルたち

天真爛漫!愛らしい子ザルたち

写真:長谷川 彩花

地図を見る

園内のあちこちで見られるのが、母親のサルに抱かれた子ザルたちです。ニホンザルは初夏から盛夏に出産期を迎え、離乳するまで6〜8カ月ほどかかり、約1年で完全に乳離れします。母ザルにしっかりしがみついて移動する姿はとても愛らしく、運がよければ授乳の様子も見ることができます。

天真爛漫!愛らしい子ザルたち

写真:長谷川 彩花

地図を見る

太陽を遮るもののない海辺なので、夏場になるとサルたちは木陰で涼を取ります。人間に慣れているとはいえ、野生のサルなので近づきすぎたり、触ったりしてはいけません。

荷物は体から離さず、小さな子どもを連れている場合は特に気をつけてくださいね。

天真爛漫!愛らしい子ザルたち

写真:長谷川 彩花

地図を見る

サルたちの住処は山の中。夕方になり、人間たちがいなくなると一斉に山へ戻っていきます。夜は樹上で寝て、朝、スタッフの車が来たことがわかると山をぞろぞろと下りてきます。「朝、出勤!夕方、帰宅!」を規則正しく続けているサルたちは模範社員のようです。どこかにタイムカードがあったらおもしろいですね。

エキサイティングな餌やり体験

エキサイティングな餌やり体験

写真:長谷川 彩花

地図を見る

餌やり体験は安全に配慮し、建物の中から行います。建物に入った瞬間から、格子越しに「くれくれ!」と言わんばかりに熱い視線を送ってきます。

エキサイティングな餌やり体験

写真:長谷川 彩花

地図を見る

餌やり体験はサツマイモとせんべいの2種類から選べます。調餌室(ちょうじしつ)ではサルたちに与える落花生やひまわりの種、トウモロコシなどの餌の準備を行っています。

エキサイティングな餌やり体験

写真:長谷川 彩花

地図を見る

餌を差し出した途端、仲間のサルを足で蹴り落としたり、大きな口を開けて威嚇したりと、間近で行われる熾烈な争奪戦はとてもエキサイティング!あまりの勢いにびびって餌を引っ込めてしまうと益々、興奮するので気を付けてくださいね。

ニホンザル社会の弱肉強食観察、ここでしかできない体験です。

施設情報発信に協力「ちく☆たむ」

施設情報発信に協力「ちく☆たむ」

写真:長谷川 彩花

地図を見る

初代ボスザル「次郎長」から続く歴代のボスザルたちはどれもイケメン揃い。現在300匹の群れに君臨するボスザル君にまだ名前はついていないとか。かっこいい名前が付くといいですね。

施設情報発信に協力「ちく☆たむ」

写真:長谷川 彩花

地図を見る

女の子になった動物たちが活躍する話題のアニメ「けものフレンズ」で声優をつとめるフンボルトペンギン役・築田行子さんとジェンツーペンギン役・田村響華さんの音楽ユニット「ちく☆たむ」が、同園を応援しようとテーマソング「ウキウキウッキッキー」を作り、様々な情報発信をしています。

波勝崎のきれいな海やサルたちの楽しい様子が浮かんでくる「ウキウキウッキッキー」はライブでも披露しているそうですよ。

施設情報発信に協力「ちく☆たむ」

写真:長谷川 彩花

地図を見る

ダイビング、シーカヤック、シュノーケルなどマリンスポーツのメッカでもある南伊豆は、「蛇登り」「変質岩」などのジオスポットもたくさんあります。波勝崎から松崎雲見入谷バス停まで全長5.3キロメートルの波勝崎遊歩道もおすすめです。

お土産選びも“ウキウキ”

お土産選びも“ウキウキ”

写真:長谷川 彩花

地図を見る

売店の一番人気はニホンザルのぬいぐるみです。本物は抱っこできませんが、代わりにぬいぐるみを思う存分、かわいがってくださいね。

お土産選びも“ウキウキ”

写真:長谷川 彩花

地図を見る

Tシャツや文房具などオリジナルグッズの種類も豊富。自分土産用にもおすすめなのが、バナナ、サツマイモ入りの「モンキーベイカレー」、伊豆のサザエを贅沢に使用した「サザエカレー」、サザエの肝入りの「サザエのキモいカレー」のカレーシリーズです。

お土産選びも“ウキウキ”

写真:長谷川 彩花

地図を見る

海辺で遊ぶサルたちを見て「さるかに合戦」を思い浮かべた人も多いことでしょう。そんな遊び心から誕生したのがオリジナルの「柿の種」。香ばし醤油味、紀州産梅味、安曇野産山葵味の3種類あります。

南伊豆の秘境・波勝崎モンキーベイ。簡単に行けないからこその良さをぜひ体感してみてください。

波勝崎モンキーベイの基本情報

住所:静岡県賀茂郡南伊豆町伊浜2622-1
電話番号:0558-67-0003
営業時間:9:00〜16:00(最終入園15:30)
入園料:1200円(中学生以上)、600円(小学生)、6歳未満は無料、1000円(70歳以上)
年中無休 ※自然災害、天候、サルの行動により休園の場合あり
駐車場:無料
アクセス:伊豆急下田駅からバスで約1時間30分
※階段、急坂のため、車椅子、ベビーカー不可。ペットの入園不可(補助犬も含む)

2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -