秋田・田沢湖で願い事が書ける「願橋」と「辰子の鏡石」に祈る!

秋田・田沢湖で願い事が書ける「願橋」と「辰子の鏡石」に祈る!

更新日:2020/07/15 10:41

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する光と影の写真家、タイと台湾に詳しい旅作家
秋田県仙北市にある田沢湖は日本で最も深い湖。深度は423.4mにも達しています。この田沢湖の北側に位置するのが御座石神社ですが、そのすぐ左側にあるのが「願橋」と「辰子の鏡石」です。

願橋は願い事を直接橋に書き込むとても珍しい橋。願橋を渡り山道を少し上るとそこには神秘の辰子の鏡石が!田沢湖ではその美しさから美の女神ともなっている辰子伝説の地を歩き、パワースポットで願掛けをしてみましょう。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

御座石神社の左手から「願橋」に向かう

御座石神社の左手から「願橋」に向かう

写真:大里 康正

地図を見る

田沢湖は周囲約20kmの湖で、ぐるりと一周することが可能です。その北側に位置するのが御座石神社で、ここは願橋、辰子の鏡石に向かうための目印となる神社。神社の左側の駐車場裏側から願橋に向かうことになります。

山道は整備されており、案内もありますので道に迷うことはありません。最初に目指す願橋までは約100mの距離です。

御座石神社の左手から「願橋」に向かう

写真:大里 康正

地図を見る

距離は短いもののちょっとしたトレッキングコースとなっています。サンダルやヒールで歩くよりも、運動靴がお勧め。また、虫除けスプレーで対策をしておけば快適に歩くことができるでしょう。

願いが書き込める「願橋」

願いが書き込める「願橋」

写真:大里 康正

地図を見る

少し上ると左に曲がるようにあるのが木製の願橋です。上流にある辰子の鏡石付近から流れる川に架かる橋となり、一帯は鏡石沢と呼ばれています。

願いが書き込める「願橋」

写真:大里 康正

地図を見る

願橋は全国的にも珍しく、直接自分の願いを書き込むことが可能なのです。まずは橋の途中で自分の願いを心の中で唱えましょう。そしてその願いを、願橋に書き込んでみてはいかがでしょうか。

橋に書き込まれた願いには外国語もあり、日本だけではなく海外にまで知られた場所ということが分かります。

願いが書き込める「願橋」

写真:大里 康正

地図を見る

橋を渡り、次に向かうのが辰子の鏡石です。この鏡石に向かい、もう一度自分の願いを伝えることになります。

神秘「辰子の鏡石」

神秘「辰子の鏡石」

写真:大里 康正

地図を見る

願橋を過ぎて約100m上ると、辰子の鏡石のための展望台があります。そして最後の階段を上がることになります。ここで辰子と辰子の鏡石についての説明をしましょう。

その昔、田沢湖が田沢潟と呼ばれていた頃、地元で評判の美しい娘がいました。その名が辰子です。辰子はその美貌を永遠に保ちたいと考え願掛けをします。そして「北に湧く泉の水を飲めば願いがかなう」とお告げを受けたのです。

やがて辰子は泉を見つけ喜んで水を飲みます。すると喉の渇きがやまなくなってしまうのです。水を飲み続けた辰子はやがて龍の姿となり、湖底に沈み、湖の主になったという伝説があるのです。

神秘「辰子の鏡石」

写真:大里 康正

地図を見る

そしてこの「辰子の鏡石」こそ、辰子が自分の姿を映していた場所という言い伝えが残されています。その神秘性から後に、願いが叶う「辰子の鏡石」はパワースポットとなり、同時に辰子は田沢湖の美の女神としても知られるようになったのです。

神秘「辰子の鏡石」

写真:大里 康正

地図を見る

鏡石は展望台の階段の右側の奥となっていますので、階段を上がる前に探してみてください。露出した大きな岩にはめ込まれたように、六角形の鏡石が残されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

展望台から見る「辰子の鏡石」と帰り道の「かなえる岩」

展望台から見る「辰子の鏡石」と帰り道の「かなえる岩」

写真:大里 康正

地図を見る

階段を上がり、辰子の鏡石とほぼ同じ高さとなるのが展望台です。こちらで心静かに、願橋で書き込んだ願いを、心の中で唱えてみましょう。

展望台から見る「辰子の鏡石」と帰り道の「かなえる岩」

写真:大里 康正

地図を見る

戻り道では、ゆっくりと周囲の自然の美しさを楽しんでみてはいかがでしょうか。なお、下りとなりますので足元には十分に注意をしてください。

展望台から見る「辰子の鏡石」と帰り道の「かなえる岩」

写真:大里 康正

地図を見る

行きで通った願橋ですが、戻りの際に橋を過ぎた左上に見えるのが「かなえる岩」となります。この岩は願いことを聞いてもらったお礼をする場所。ここで感謝を込めて拝礼することで、より一層願いの成就の可能性が高まるといわれているのです。

一礼が終わったら、山道が終わる最後まで足元に注意をして下ってください。

最後に、秋田県は多くの見どころやグルメがあり、観光地としては外せない場所です。下記の関連MEMOに、手軽なトレッキングが楽しめる「森吉山」、秋田で外せない稲庭うどん等をリンク設定していますので、ぜひ旅行の参考としてください。

辰子の鏡石の基本情報

住所:秋田県仙北市西木町桧木内相内潟1
電話番号:0187-43-2111 仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」
アクセス:JR田沢湖駅からバス「田沢湖一周線」約40分、「御座石神社前」下車

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -