緑と紅葉どちらを見る?越前大野の神秘の絶景「刈込池」散策ガイド

緑と紅葉どちらを見る?越前大野の神秘の絶景「刈込池」散策ガイド

更新日:2020/07/05 17:46

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、樹氷を愛する登山家、B級グルメ探訪家
日本屈指の霊山・白山の南麓に存在する「刈込池」。かつて白山信仰を開いた泰澄法師が大蛇を閉じ込め(刈り込め)たと伝わっており、標高1100mにありながら常に水位が一定を保っている神秘の池です。そんなこの池、実は周囲のブナ林や両白山地の三ノ峰の映り込みが絶景として名高く、夏は緑が溢れる風景、秋には絵画の如き鮮やかなオレンジ色に染まります。今回は刈込池をぐるりと2時間程で巡るハイキングコースをご紹介!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

両白山地の上高地?両白山地に抱かれる「刈込池」

両白山地の上高地?両白山地に抱かれる「刈込池」

写真:土庄 雄平

日本の山岳地帯と言えば、日本の中央部で大きく3つの山脈が走る"日本アルプス"が筆頭に挙がりますが、そのアルプスと遜色なく雄大な様相を見せるのが、白山を主峰とする「両白山地」。

加賀・美濃・越前の三つから長い登山道(禅定道)を有しており、昔から霊山信仰が根付く、どちらかと言えば玄人向きの山脈です。

両白山地の上高地?両白山地に抱かれる「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな両白山地の南麓、三ノ峰・赤兎山、そして願教山に囲まれた谷部に、今回紹介する「刈込池」は位置しています。北アルプスで例えると"上高地"に近い立地となっているのが特徴です。

越前大野の勝原(かどはら)地区から林道を約20km進み、終点にあたる上小池駐車場から片道約1時間で辿り着くことができます。

車を停めたら打波川沿いの秘境ハイキングへ!

車を停めたら打波川沿いの秘境ハイキングへ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

それでは詳細に「刈込池」ハイキングについて紹介していきましょう!まず上小池駐車場から付近を一周できるようになっており、その中間地点に「刈込池」が位置しています。

駐車場から刈込池までは標高差約200mで、一周約2時間のルートです。道も整備され、歩きやすいため、スニーカーと私服のカジュアルな服装でも歩くことができます。

車を停めたら打波川沿いの秘境ハイキングへ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

しかし、回る順路だけ注意が必要です。上小池駐車場から徒歩5分で分岐が現れますが、ここで石段コースを選択すると中々過酷な内容に!橋を渡ると1.3kmにわたって682段の階段が待ち受けています。登り応えを求める人以外は、川沿いの林道を進んでいきましょう!

車を停めたら打波川沿いの秘境ハイキングへ!

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして、そこから30分以上歩くと、小さな橋に辿り着きます。緑とのコラボレーションが美しい小さなこの橋は、どこか上高地の橋を連想させる佇まい。そして同時に刈込池ハイキングの核心部への目印になっています。打波川のマイナスイオンで少し休んで、後半に備えるのがオススメです。

緑映り込む神秘の絶景!両白山地が作り上げた「刈込池」

緑映り込む神秘の絶景!両白山地が作り上げた「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

橋を越えたら標高100m弱の急登が待っています。体力を消耗する区間ですが、周囲を彩る緑が本当に鮮やかで、心洗われること間違いなし!時期によってはヤマアジサイや、ギンリュウソウなどの高山植物も花開きます。両白山地ならではの美しい自然を満喫しながら進んで行きましょう。

緑映り込む神秘の絶景!両白山地が作り上げた「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

本当にこんな場所に池なんてあるのだろうか?という疑念をよぎるものの、登り始めて約20分、突如開けた場所が現れ、そこに一面「刈込池」が佇みます。

周囲一帯に展開するブナ・ミズナラ林が水面へ映り込み、その奥には福井県の最高峰に当たる越前三ノ峰(標高2128m)の雄大な山容が!

緑映り込む神秘の絶景!両白山地が作り上げた「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

標高1100mという標高に池があるというだけでも神秘的なのですが、唯一無二のロケーションと美しい水鏡が、その趣をさらに高めています。溢れるほどに鮮烈な緑の風景は、一度見たら忘れられない絶景です。

なお訪れる際のポイントですが、午前中は水面へ上手く光が当たらないため、お昼から午後に訪れるのがオススメ!また帰りは行きと違う石段コースで下山すると、刈込池の一周ハイキングが完了します。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

紅葉の時期は格別!錦の衣をまとう秋の「刈込池」

紅葉の時期は格別!錦の衣をまとう秋の「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

緑あふれる"夏の刈込池"も素晴らしいですが、もう一つ有名なのが「紅葉の刈込池」。10月下旬〜11月上旬になると、池の周囲にあるブナ林・ミズナラ林が鮮やかなオレンジ色へと染まり、水面に映り込みます。それはまるで絵画のような、言葉を失うほどの鮮烈な風景です。

紅葉の時期は格別!錦の衣をまとう秋の「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

水面を眺めれば、池という名の青い画用紙に、紅葉の絵の具が垂らされていくような、実に美しい水鏡。池の波紋が絶妙なぼかし効果を演出しています。まさに両白山地の自然が作り上げる芸術作品と言えるでしょう。

紅葉の時期は格別!錦の衣をまとう秋の「刈込池」

写真:土庄 雄平

地図を見る

なお刈込池から直接歩いていくわけではないのですが、刈込池ハイキングの出発点・上小池駐車場へ至る林道の途中で見られる「さこさがの滝」も、ハイキング帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?滝自体は小さいものの、周囲を包み込む鮮烈な紅葉とのコラボレーションは必見!

霊峰に抱かれる秘境「刈込池」を見に行こう!

霊峰に抱かれる秘境「刈込池」を見に行こう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

まるで北アルプスの上高地を連想させるような、山々に囲まれて豊かな自然が根付く白山の南山麓。その代表的なスポットである「刈込池」は四季折々、本当に鮮やかで、心洗われる風景を見せてくれます。夏の緑、秋の紅葉はともに筆舌に尽くしがたい絶景です。

アクセスのハードルはあるものの、ハイキングの難易度は低く、登山装備のない初心者でも楽しむことができるので、ぜひ幻想的な水鏡を求めて、一度「刈込池」を訪れてみてはいかがでしょうか?

刈込池の基本情報

住所:福井県大野市上打波
アクセス:福井IC・白鳥ICから上小池駐車場まで車で約1時間半、上小池駐車場から徒歩往復2時間

※備考
・冬季規制:11月末〜5月中旬
・毎年10月下旬〜11月上旬の土・日・祝日は駐車場、道路等が車で非常に混雑する恐れがあります
・上小池駐車場にはトイレあり
・動きやすい服装を心がけて、水分・食料を持参してください

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/02−2020/06/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -