シドニーで話題の開発エリア「バランガルー」散策

シドニーで話題の開発エリア「バランガルー」散策

更新日:2020/07/02 17:36

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住・建築好きフォトグラファー&ライター
シドニー・シティの西側、観光地として人気のサーキュラー・キーとダーリング・ハーバーの間にあるエリア「バランガルー(Barangaroo)」。シドニーのオフィス街として新しい地下鉄駅も建設中の、話題のお店も集中する注目のエリアを散策してみましょう。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

シドニーで大規模開発中の「バランガルー」

シドニーで大規模開発中の「バランガルー」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

「バランガルー(Barangaroo)」はシドニーCBD(ビジネス中央区域)の西側、ハーバー沿いにある現在大規模開発中のエリア。丘を挟んで東にはシドニーの海の玄関口「サーキュラー・キー(Circular Quay)」、南にはレストランやカジノ、水族館などのアミューズメント施設が林立する観光地「ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)」があります。

シドニーで大規模開発中の「バランガルー」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

その個性的な名称は、イギリス入植時に英国人との交渉役だったアボリジニナル「ベネロン(Bennelong)」氏の奥さんの名前「バランガルー(Barangaroo)」に因んでつけられました。元々倉庫街だった場所には高層ビルが立ち並び、今では金融やコンサル系など様々な企業がオフィスを構え、有名レストランやカフェが出店しています。

シドニーで大規模開発中の「バランガルー」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シドニー・メトロの「バランガルー(Barangaroo)」駅を始め、カジノやレジデンスが入る高層ビルなどの建設が現在進行形で進んでいます。フェリー・ターミナルも拡張されシティからアクセスもしやすくなるので、更に賑わいあるエリアになりそうです。

アート作品がある最寄駅「ウィンヤード」

アート作品がある最寄駅「ウィンヤード」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

バランガルーの現在の最寄駅は、シティ・レールの「ウィンヤード(Wynyard)」駅。駅からバランガルー中心街までは、地下道を通り徒歩5分程です。オフィス街ということもあり、朝や夕方のラッシュ時は多くのビジネスマン達が行き交います。

アート作品がある最寄駅「ウィンヤード」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

駅の地下道は、携帯電話のCMなどで使われる撮影スポットとしても有名です。湾曲した道と照明、行き交う多くの人々が独特の近未来感を作り出している、フォトジェニックな空間です。

アート作品がある最寄駅「ウィンヤード」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

また同じウィンヤード駅構内には「シドニーのフォトジェニック・スポット」として必ず名前が挙がるアート作品「インターループ(Interloop)」があります。90年近く使用された木製エスカレーターの踏み板を使った長さ50mあるインスターレションは、通り過ぎる人が思わず足を止めてしまうほどダイナミックでインパクトある作品です。

シドニーハーバーを見渡す絶景散歩

シドニーハーバーを見渡す絶景散歩

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ハーバー沿いの遊歩道「Wulugul Walk(ウルグル・ウォーク)」は、南はダーリング・ハーバーや対岸のピアモント(Pyrmont)へ、北はバランガルー駅やカジノ予定地(建設中につき2020年6月現在は通行止)、バランガルー・リザーブという公園を抜け、ハーバー・ブリッジや最終的にはサーキュラー・キーまでのプロムナードに続いています。

シドニーハーバーを見渡す絶景散歩

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

海の風を感じながら開放感ある散歩が楽しめるので、朝はランニングやサイクリングする人で賑わう遊歩道です。

シドニーハーバーを見渡す絶景散歩

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シドニーで5〜6月に行われる冬のライトアップイベント「ビビッド・シドニー(VIIVID Sydney)」では、遊歩道全体が毎年美しくブルーに彩られます。冬のキンと冷えた空気の中、昼間の賑わいとはまた違った幻想的な雰囲気です。

「ビビッド・シドニー」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

人気レストランが軒を連ねるプロムナード

人気レストランが軒を連ねるプロムナード

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ウルグル・ウォークは、人気レストランが軒を連ねるグルメ・ストリートでもあります。客席からハーバーを行き交うフェリーを眺めながら食事ができる、オープンで気持ちのいいお店ばかりです。

こちらの「バンクシー・ベルモット・バー&ビストロ(Banksii Vermouth Bar & Bistro)」はその中でも有数の人気のレストラン。スタイリッシュなインテリアと開放的な雰囲気、新鮮なシーフードを中心としたお料理やヴェルモットをベースにしたカクテルに定評があります。ランチ時からワインを傾けるお客さんで大賑わいです。

<バンクシーの基本情報>
住所:Shop 11/33 Barangaroo Ave, Barangaroo NSW 2000
電話番号:+61-2-8072-7037
営業時間:
月-土 12:00〜14:30 / 17:00〜21:30
日 12:00〜23:00

人気レストランが軒を連ねるプロムナード

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

同じ並びのインド料理店「スパイスド・バイ・ビルズ(Spiced by Billu’s)」は、シドニーのリトル・インディアと呼ばれるハリス・パーク(Harris Park)にある北インド料理の名店「ビルズ(Billu’s)」の姉妹店。本格的なインド料理ベースのフュージョン料理はモダンながら個性的で、特にカレーが美味しいと評判です。

<スパイスド・バイ・ビルズの基本情報>
住所:Shop 7/33 Barangaroo Ave, Barangaroo NSW 2000
電話番号:+61-2-9646-0979
営業時間:
月-木 12:00〜22:00
金-土 12:00〜23:00
日 12:00〜22:00

人気レストランが軒を連ねるプロムナード

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ベーカリーカフェの草分け的存在で、シドニーで知らない人はいない「バーク・ストリート・ベーカリー(Bourke Street Bakery)」もバランガルーに出店しています。香ばしいパンやパイはもちろん、ここはコーヒーの美味しさも格別。店内は狭いので外にあるテラス席や、テイクアウェイにして遊歩道のベンチで海を見ながらコーヒーを楽しむのがオススメです。

<バーク・ストリート・ベーカリーの基本情報>
住所:4/23 Barangaroo Avenue, Barangaroo NSW 2000
電話番号:+61-2-8313-9468
営業時間:
月-金 7:00〜17:00
金-土 7:00〜16:00
日 8:00〜16:00

ハーバーブリッジを見渡す絶景公園「バランガルー・リザーブ」

ハーバーブリッジを見渡す絶景公園「バランガルー・リザーブ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

遊歩道の北にあるエリアでは、現在バランガルー駅やカジノが絶賛建設中です。ゲートの向こうに見える円柱形の高層タワー「ワン・バランガルー(One Barangaroo)」は、クラウンカジノを始め、ホテルやスパ、超高級レジデンスが入る注目のプロジェクトです。

ハーバーブリッジを見渡す絶景公園「バランガルー・リザーブ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

更に北には海浜公園が「バランガルー・リザーブ(Barangaroo Reserve)」があります。砂岩を切り開いた広大な敷地に人工丘や湾、イベントスペースなどがあり、南、西、北と三方向に開いているので、右からハーバー・ブリッジ、アンザック・ブリッジ、ダーリング・ハーバーまで見渡せる圧倒的な開放感を楽しめます。

不定期ではありますが、ボンダイ・ビーチの海岸線で毎年行われる彫刻イベント「スカルプチャー・バイ・ザ・シー(Sculpture by the Sea)」の姉妹イベントである「スカルプチャー・アット・バランガルー(Sculpture at Barangaroo)」も行われます。

「スカルプチャー・バイ・ザ・シー」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

ハーバーブリッジを見渡す絶景公園「バランガルー・リザーブ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

公園の下にある岩壁が露出した大規模なイベントスペース「カットウェイ(The Cutway)」は、車のCM撮影にも使用されたほど個性的でフォトジェニックな空間です。こちらでは定期的にマーケットや展示会など様々な催し物が開催されているので、時期が合えばそれを目的に訪れてみるのもいいかもしれません。

シドニーで話題のエリアを散策しよう

「バランガルー」は超高層ビルが立ち並ぶ近代的な街でありながら、ハーバー沿いの開放感もあるシドニーらしさを感じられる街でもあります。日々刻々と現在進行形でシドニーで一番変貌を遂げているエリアに、ぜひ足を延ばしてみましょう。

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/06−2020/04/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -