日本初の銀行をリノベーション!東京「Hotel K5」で上質ステイを

日本初の銀行をリノベーション!東京「Hotel K5」で上質ステイを

更新日:2020/07/22 11:47

Michelle dailypicsのプロフィール写真 Michelle dailypics 元上海在住トラベルライター・ママトラベラー
2020年2月、東京・日本橋兜町に新たにオープンしたブティックホテル「Hotel K5(ホテル ケイファイブ)」。世界で活躍する北欧デザイナープロデュースの空間はもちろん、レストランやカフェを含んだ小規模(マイクロ)な複合施設「K5」としても話題を呼んでいます。デザインにこだわった客室や飲食店まで、すべてご紹介します!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

北欧デザイナーたちが手掛ける前衛的な空間

北欧デザイナーたちが手掛ける前衛的な空間

写真:Michelle dailypics

地図を見る

今東京で注目されている最新ブティックホテル「Hotel K5」。元は築97年の日本で最初に建てられた銀行でした。リノベーションを手掛けたのは北欧のデザイン集団CKR(クラーソン・コイヴィスト・ルーネ)。高級インテリアブランドとのコラボレーションも手掛けるデザインチームです。

北欧デザイナーたちが手掛ける前衛的な空間

提供元:(C)K5

地図を見る

グリーンで埋め尽くされた内観は、山梨拠点の造園家「Yard Works」が手掛けています。元の建物のコンクリートを残した無機質な空間に、居心地のよさを演出しています。

北欧デザイナーたちが手掛ける前衛的な空間

写真:Michelle dailypics

地図を見る

1階にある「SWITCH COFFEE(スイッチコーヒー)」は、緑に囲まれたコーヒースタンド。ホテル内で、上質なシングルオリジンのドリップコーヒーを気軽にいただけるのは嬉しいですよね。宿泊者でなくても利用できるカフェやレストランは、日本橋兜町の新スポットとしても注目を集めています。

K5のこだわり 客室にはテレビではなくレコードと本

K5のこだわり 客室にはテレビではなくレコードと本

写真:Michelle dailypics

地図を見る

ミニマルで居心地のいい客室についてご紹介します。

客室は4つのカテゴリーに分かれ、全部で20室。「たったの20室!?」と思われるかもしれませんが、近頃は限られた客室数で運営するラグジュアリーブティックホテルが人気を集めています。K5は、世界の小規模ブティックホテルの集合体「Design Hotels(デザインホテルズ)」に加盟する、数少ない日本のホテルのひとつです。

K5のこだわり 客室にはテレビではなくレコードと本

写真:Michelle dailypics

地図を見る

北欧デザイナーによるこだわりのオリジナル家具のほか、和の要素も詰まった客室。ベッドは全て藍染のカーテンで囲まれ、ルームウェアには浴衣が用意されています。海外のお客様にも喜ばれる、日本の最先端ブティックホテルです。

K5のこだわり 客室にはテレビではなくレコードと本

写真:Michelle dailypics

地図を見る

K5の客室の特徴は、お部屋に置かれたこだわりのレコードと本。どのお部屋にもテレビはありません。

ホテルに泊まって部屋でテレビを見てごろごろ……それでは家での過ごし方と変わらないのでは?どの部屋にも一枚たりとも同じレコードはなく、泊まったお部屋ならではの楽しみがあります。<音と活字を楽しむ>そんな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ここでしか味わえないドラフトビールを飲み比べ

ここでしか味わえないドラフトビールを飲み比べ

写真:Michelle dailypics

地図を見る

K5は小さな複合施設です。中には、数は少ないですが厳選された飲食店テナントが入っています。そのひとつが地下1階にある「B(ビー)」。ニューヨーク発「Brooklyn Brewery(ブルックリンブリュワリー)」世界初のフラッグシップ店です。

ここでしか味わえないドラフトビールを飲み比べ

写真:Michelle dailypics

メニューにはここでしか味わえないドラフトビールがあります。タコスなど軽食片手に飲み比べ!

宿泊客は専用入り口があるので、客室からエレベーターで直接アクセスできます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

Cavemanで唯一無二の料理に舌鼓

Cavemanで唯一無二の料理に舌鼓

写真:Michelle dailypics

地図を見る

続いてご紹介するのは、1階にあるレストラン「Caveman(ケイヴマン)」。
発酵にフォーカスし、日本、フランス、デンマークなど多様な文化によって創発された東京・目黒のレストラン「Kabi(カビ)」の姉妹店です。オープン前からフーディーの間で注目を集めていました。

Cavemanで唯一無二の料理に舌鼓

写真:Michelle dailypics

地図を見る

腕を振るうのは、ノルウェー初のミシュラン三つ星を獲得した「Maaemo(マエモ)」でスーシェフを務めた黒田敦喜氏。他にもタイ・バンコクの予約の取れない星付き店「Gaggan(ガガン)」出身のソムリエなど、世界で活躍したスタッフによるレストランです。

Cavemanで唯一無二の料理に舌鼓

写真:Michelle dailypics

地図を見る

宿泊者はここで朝食をいただけますが、おすすめは要予約のディナー。
コース料理のみの提供で、メニューはありません。ワインやノンアルコールペアリングでシェフのお任せ料理を堪能。食事のあとは、お隣のワインバー(こちらは予約不要)で食後の一杯を楽しむこともできます。

真っ赤なライブラリーバーAoで薬膳カクテルをいただく

真っ赤なライブラリーバーAoで薬膳カクテルをいただく

写真:Michelle dailypics

地図を見る

最後にご紹介するのは1階ホテルエントランス右手にある「Ao」。図書館とライブラリーが一体化したバーです。Cavemanでの食事をとったあと、さらにしっぽりカクテルを楽しみたい。そんな大人のデートにもおすすめのスポットです。

真っ赤なライブラリーバーAoで薬膳カクテルをいただく

提供元:©K5

地図を見る

ずらりと並んでいるのは、渋沢栄一の世界観でセレクトされた本。ここではお茶や漢方にフォーカスしたカクテルをいただくことができます。

一晩では遊び尽くせない!充実したマイクロコンプレックスK5

デザイン性の高い客室に、こだわりのレストランやバーが揃ったK5。東京観光の拠点にも、ステイケーションにもぴったりです。1泊で楽しみ尽くせないほど、魅力的なマイクロコンプレックス。皆さんもぜひ足を運んでみてください。

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/07/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -