奈良・川上村「蜻蛉の滝」は大和朝廷・雄略天皇ゆかりの地

奈良・川上村「蜻蛉の滝」は大和朝廷・雄略天皇ゆかりの地

更新日:2020/07/21 10:39

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者
奈良県吉野郡川上村にある「蜻蛉(せいれい)の滝」は、落差約50m、古くは大和朝廷の雄略天皇の伝説が伝わり、松尾芭蕉、本居宣長など著名人が数多く訪れている歴史ある滝です。滝の上・中ほど・下の3箇所に滝見台があり、落下する滝のすぐそばから迫力満点の滝を眺める事が出来ます。春は桜、夏は納涼、秋は紅葉が楽しめる人気のスポットを訪れてみませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

雄略天皇の伝説が伝わる「蜻蛉の滝」

雄略天皇の伝説が伝わる「蜻蛉の滝」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

蜻蛉の滝は、「あきつの小野公園」から遊歩道を5分ほど上ったところにあります。『日本書紀』によると蜻蛉(せいれい)とは、トンボのことで、古墳時代の最強の天皇として知られる、第21代雄略天皇が、この地で狩りを楽しんだことがあります。

その際に虻(アブ)が飛んできて、いきなり天皇の肘に喰いつきました。すると何処からともなく、蜻蛉(トンボ)が現れて、その虻を噛んで退治しました。天皇は、大いに喜んでこの地を蜻蛉野(あきつの)と名付け、滝の名はこの地名に由来しています。

なお、天気の良い日には、滝にかかる虹を見ることができるため、虹光(にじっこう)の別名があります。陽光を受けてキラキラと輝く滝の様子はとても神秘的です。

雄略天皇の伝説が伝わる「蜻蛉の滝」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

蜻蛉の滝は、水量がとても豊かな滝です。とくに中ほどの滝見台からは、すぐ間近に滝を見ることができるため、滝の飛沫を浴びるような爽快感を味わえます。

雄略天皇の伝説が伝わる「蜻蛉の滝」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

蜻蛉の滝は、奈良県が指定する清澄な水「やまとの水」のひとつで、中ほどの滝見台に備え付けられた柄杓で喉を潤すこともできます。また、朝日新聞社と森林文化協会により21世紀に残したい「紀伊半島自然100選」にも選定されています。

滝の撮影にチャレンジしてみよう

滝の撮影にチャレンジしてみよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

写真を撮ることは、滝の楽しみ方のひとつです。滝の撮影には、カメラのシャッタースピードを変えて撮ってみましょう。シャッタースピードを速くすると、水の流れを止めて、とても躍動感のある写真が撮れます。シヤッタースピードの目安は、約500分の1秒です。

滝の撮影にチャレンジしてみよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

いっぽう、シャッタースピードを遅くすると、水の流れをぶらして、流れの美しさを引き出す写真を撮ることができます。シャッタースピードの目安は約1秒で、できれば三脚を使うといいでしょう。

滝の撮影にチャレンジしてみよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

なお、中ほどの滝見台には「不動堂」があって、不動明王像・蔵王権現像・役行者像の3体が祀られています。かつて滝が、修験者による修行の場だったことが伺えます。

蜻蛉の滝の3箇所の「滝見台」を巡ってみよう

蜻蛉の滝の3箇所の「滝見台」を巡ってみよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

冒頭でもご紹介しましたが、蜻蛉の滝には、3箇所の滝見台があります。滝の上の滝見台からは、豪快に落下する滝をのぞき込むことができます。じつは、蜻蛉の滝の上には、もう一段の滝があり、上部が2段であることが分かります。

蜻蛉の滝の3箇所の「滝見台」を巡ってみよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

中ほどの滝見台からは、滝口から約50m下の滝壺に落下する直瀑を見ることができます。手を伸ばせば、滝に届きそうな近さなので迫力満点です。

蜻蛉の滝の3箇所の「滝見台」を巡ってみよう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

下の滝見台からは、轟音を上げて滝壺に落ちてくる滝の様子が圧巻です。

深山幽谷の雰囲気がただよう「下の滝見台」

深山幽谷の雰囲気がただよう「下の滝見台」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

中ほどの滝見台には、ベンチのある休憩所があり、マイナスイオンに包まれて、蜻蛉の滝の景観を楽しむことができます。

深山幽谷の雰囲気がただよう「下の滝見台」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

下の滝見台に行くには、休憩所からの螺旋階段を利用します。長く急な螺旋階段は文字通り、目が回るような感じがするでしょう。

深山幽谷の雰囲気がただよう「下の滝見台」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

下の滝見台は、まるで深山幽谷の雰囲気が漂います。正面に滝壺を眺めるスポットで、清涼感たっぷりの滝しぶきが心地良く感じられるでしょう。

川遊びも楽しめる「あきつの小野公園」

川遊びも楽しめる「あきつの小野公園」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

蜻蛉の滝の入口には、鳥居があり、その右手に仙龍寺跡とされる梵字岩と石塔があります。梵字岩には、大日如来を表す「ア」という文字が描かれています。ここでは、修験者の足跡と雄略天皇から連綿と続く歴史に触れることができます。

川遊びも楽しめる「あきつの小野公園」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

蜻蛉の滝は、音無川に注いでいて、滝への駐車場がある「あきつの小野公園」周辺は、川遊びのレジャースポットになっています。蜻蛉の滝で、豊かな自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

蜻蛉の滝の基本情報

住所:奈良県吉野郡川上村西河
電話番号:0746-52-0111(川上村観光協会)
アクセス:近鉄「大和上市駅」湯盛温泉杉の湯行きバス「西河」バス停下車 徒歩30分
車利用の場合は、国道169号五社トンネル抜けて、すぐ右折してまっすぐ、あきつの小野公園 無料駐車場利用

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -