福岡の新名所「BOSS E・ZO FUKUOKA」その見所は?

福岡の新名所「BOSS E・ZO FUKUOKA」その見所は?

更新日:2020/11/09 16:05

権丈 俊宏のプロフィール写真 権丈 俊宏 一級建築士
「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」は、2020年7月に開業した福岡の最新エンターテインメント施設。日本初登場の絶景アトラクション、有名店の新ブランドなどが楽しめるフードホールなど、大注目の福岡の新名所です。

また2020年11月にはリニューアルしたHKT48劇場をはじめ、博多の銘店のオリジナルスイーツも新登場し、完全オープン。その多彩な見所を徹底的にご紹介します!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

見所1:「絶景3兄弟」は日本初を含むアトラクション

見所1:「絶景3兄弟」は日本初を含むアトラクション

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「BOSS E・ZO FUKUOKA」(※以下、E・ZOと略します)で最初に注目したいのは、日本初を含む3種類の絶景アトラクション「絶景3兄弟」。一つ一つご紹介しますね。

まずは「すべZO(すべぞー)」。E・ZOの最上階(8階)、地上40mの高さからビルの壁面に沿いながら、地上まで一気に滑り降りる全長100mのチューブ型スライダーです。建造物に付随したチューブ型スライダーとして日本初になります。

上のビルの写真が、その全景。自然の力のみを利用したスライダーで、前半は比較的緩やかですが、後半は複雑に湾曲かつ急勾配。スリル満点ですよ!
※建物に沿って斜めに光っている部分がスライダーです。

見所1:「絶景3兄弟」は日本初を含むアトラクション

写真:権丈 俊宏

地図を見る

続いては、上の写真にある「つりZO(つりぞー)」。E・ZOの最高地点である地上約60mからスタートします。こちらも自然の重力のみを利用した1人用ぶらさがり式レールコースターです。

ここからは福岡PayPayドームの屋根をはじめ、福岡市の広大な街並みを臨めます。高低差約20m、全長約300mのコース。こちらも後半にスピードを上げ、絶景とスリルを同時に味わえますよ!

見所1:「絶景3兄弟」は日本初を含むアトラクション

写真:権丈 俊宏

地図を見る

絶景3兄弟の最後の一つが「のぼZO(のぼぞー)」。高さは約9m、最高到達点は地上約50mのクライミングウォールです。ここからは福岡市街の中心部を臨めるので、体力と気力に余裕がある方は、登りながら博多の絶景を楽しんでくださいね!

上の写真左はボルタリング。高さが約3mと低いので、ウォールを上るための専用靴や道具は一切必要なし。気軽に体験可能です。

見所2:「THE FOODHALL」有名店から日本初出店まで集結

見所2:「THE FOODHALL」有名店から日本初出店まで集結

写真:権丈 俊宏

地図を見る

福岡・博多と言えば、ご当地グルメを連想する方も多いでは? E・ZOでは3階に「THE FOODHALL(フードホール)」があります。ここでは日本初上陸が3店舗、有名店による新ブランド2店舗。合計8店舗が展開されています。ここでは、厳選して3店舗を一気にご紹介しますね!

上の写真は、「九州 はかた 大吉寿司」。いか活造り発祥といわれ、博多の名店である「河太郎」が新たにプロデュースした全国初出の回転寿司店です。河太郎ならではイカ寿司をはじめ、玄界灘産のアジ、長崎県沖産のマグロなど、九州の海の幸を存分に味わえます。

見所2:「THE FOODHALL」有名店から日本初出店まで集結

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「京都 天ぷら 花いかだ」は、京都の名会席料理店である「宮川町 水簾」がプロデュースする全国初出の天ぷら専門店。あつあつ揚げたての天ぷらは、歯ごたえがサクリ、中身は素材の旨味がギュッと詰まっていて、絶品の天ぷら料理を楽しめます。

見所2:「THE FOODHALL」有名店から日本初出店まで集結

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「えびそば一幻」は、北海道・札幌発のえびそば専門店。エビの頭を15キロ使用し抽出した濃厚な「えびだしスープ」が人気。食感はラーメンに似ていますが、やはりエビのダシが隠し味。しっかりと麺にダシの風味がしみ込んでいます。塩味・みそ味・しょうゆ味の三種類から選べますよ!

見所3:「MLB cafe FUKUOKA」の新作スイーツに注目

見所3:「MLB cafe FUKUOKA」の新作スイーツに注目

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「MLB cafe」は、アメリカのメジャーリーグベースボール(MLB)から公認ライセンスを許諾された世界初のエンターテイメントレストラン。E・ZOでは、フードホールと同じ3階に出店されました。館内はメジャーリーグの試合が放映され、本場アメリカの臨場感たっぷりです。

見所3:「MLB cafe FUKUOKA」の新作スイーツに注目

写真:権丈 俊宏

地図を見る

メニューは、MLB30球団球場での人気メニューを再現。上の写真は、超人気メニューの「MLB BIGバーガー」。ビーフの味ずっしりの本格派のハンバーガーです。

見所3:「MLB cafe FUKUOKA」の新作スイーツに注目

写真:権丈 俊宏

地図を見る

また、“博多のチョコのはじまりどころ”として知られる博多の銘店「チョコレートショップ」と「MLB cafe FUKUOKA」のコラボスイーツが期間限定で販売。ちょっぴりほろ苦いチョコとミルキーなアイスの組み合わせが絶妙で、お口の中に上品な味がジュワっと広がります!

<期間限定スイーツ「MLB cafeオリジナル“博多の石畳”プレート」の基本情報>
販売期間:2020年11月2日〜26日
価格:1,320円(ドリンクセット1,595円)

見所4:「王貞治ベースボールミュージアム」はプロ野球ファン必見

見所4:「王貞治ベースボールミュージアム」はプロ野球ファン必見

写真:権丈 俊宏

地図を見る

以前はドーム内に併設されていた「王貞治ベースボールミュージアム」は、E・ZOの4階へ移設・リニューアルオープンしました。新ミュージアムは、子供たちへ「楽しみながらスポーツに親しむ」機会を提供。そして未来に向けての夢のきっかけづくりができる施設がコンセプトです。

見所4:「王貞治ベースボールミュージアム」はプロ野球ファン必見

写真:権丈 俊宏

地図を見る

館内の「王貞治ヒストリーゾーン」では、野球人・王貞治氏の波乱万丈の道のりが描かれています。世界新記録である756号の本塁打を打った時のバットや、監督時代のチャンピオンリングなどの貴重な資料も展示。王ファンのみならずプロ野球ファンなら、一度は訪れてみたいプロ野球の聖地ともいえるでしょう。

見所4:「王貞治ベースボールミュージアム」はプロ野球ファン必見

写真:権丈 俊宏

地図を見る

またここではミュージアムだけでなく、89パーク(やきゅうぱーく)も設置。「野球を楽しんでほしい」という王貞治氏の想いを凝縮し、15種類の体験型アトラクションが楽しめます。

中でもユニークなのが、「プロレベルピッチング」。福岡ソフトバンクホークスの千賀投手が投げる球速160キロのストレートをバッターボックスに立って体験できます。他にも俊足で有名な周東選手と短距離で競争できるアトラクションなどもありますよ!

新オープン「HKT劇場」をはじめ、まだまだ見所満載!

新オープン「HKT劇場」をはじめ、まだまだ見所満載!

提供元:福岡ソフトバンクホークス株式会社

https://e-zofukuoka.com/地図を見る

またE・ZOでは、二つの劇場が設置されました。一つは、7階にある「よしもと福岡 大和証券/CONNECT 劇場」。

もう一つが、2020年11月2日にオープンした「西日本シティ銀行 HKT48劇場」です。福岡を拠点にメディア出演をはじめ、コンサートやイベントなどを全国で幅広く活動するHKT48。今後、さまざまな公演が予定されています。

新オープン「HKT劇場」をはじめ、まだまだ見所満載!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

E・ZOの見所は、まだまだあります!
上の写真は、6階と7階にある「V-World AREA VR体験ゾーン」。最先端のデジタル技術やVRを体験できるエリアで、16個のアトラクションが完備。ゲーム感覚で楽しめますよ!

新オープン「HKT劇場」をはじめ、まだまだ見所満載!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

E・ZOの5階は、チームラボの常設展である「チームラボフォレスト」が開催されています。チームラボとは、様々な分野のスペシャリストから構成されたアート集団。日本国内のみならず、ニューヨークやロンドンなど世界各地で展覧会を開催。近年注目のアート集団です。

チームラボフォレストは、「捕まえて集める森」と「運動の森」からなり、7つの新作を含む計10作品が公開。一段とパワーアップしたチームラボの幻想世界が堪能できます。

なお、チームラボフォレストについては、別記事で詳細に紹介しています。本記事最後にある「この記事の関連MEMO」内に、「BOSS E・ZO FUKUOKA」公式サイトと共にリンクしていますので、是非そちらも合わせて読んでみてください。

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)の基本情報

住所:福岡県中央区地⾏浜2-2-6
電話番号:092-844-1189(福岡ソフトバンクホークス株式会社)
アクセス:
【電車】福岡市地下鉄 唐人町駅から徒歩約15分(約1km)
【バス】JR博多駅から西鉄バス乗車。九州医療センターバス停で下車。徒歩約4分(約300m)
【車】福岡都市高速道路 百道ランプもしくは西公園ランプから約5分
※福岡PayPayドームに有料駐車場がありますが、野球・コンサート開催日は満車が予想されるため、入庫できない可能性あり

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/07/17−2020/11/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -