最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

群馬・みなかみ町に“魔の山”一ノ倉沢の絶壁を見に行こう!

群馬・みなかみ町に“魔の山”一ノ倉沢の絶壁を見に行こう!

更新日:2020/07/26 18:01

和山 光一のプロフィール写真 和山 光一 ブロガー
剱岳、穂高岳と並び日本三大岩場のひとつで“魔の山”と称される群馬県みなかみ町にある谷川岳の東麓、一ノ倉沢は、何万年もの歳月をかけて造り出された氷河の爪痕です。剱岳、穂高岳は上級登山者でないとその麓までさえも行けませんが、一ノ倉沢は、登らずに眺めるだけなら初心者でも行けるのです。クライマーのあこがれ、美しくもあり、恐ろしくもある自然の力によってつくり上げられた一ノ倉沢の絶壁を見に行きましょう。


新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

見るだけなら誰でも大丈夫!ハイキングのようなコース

見るだけなら誰でも大丈夫!ハイキングのようなコース

写真:和山 光一

地図を見る

大河・利根川の最初の一滴が流れ出す群馬県みなかみ町は、2017年6月14日に自然と人間が共存するモデル地域として、ユネスコエコパークに登録されています。その核心地域となる谷川岳一ノ倉沢を望むコースが「一の倉沢トレッキングコース」です。

谷川岳ロープウエイ土合口駅でもある「谷川岳ベースプラザ」からブナの原生林を抜け、川辺と山際の林道を歩く気持ちがいいトレッキングコース。途中に危険な場所もなく平坦なルートなので、水さえ持っていけば十分なぐらい装備もほとんど必要なく、スニーカーでも大丈夫です。のんびりとした気分で清々しい自然を堪能できますよ。

見るだけなら誰でも大丈夫!ハイキングのようなコース

写真:和山 光一

地図を見る

谷川岳ベースプラザの玄関口から左手に国道291号を100mほど少し歩いて上がると、「谷川岳山岳資料館」、さらに少し上るとそこには「谷川岳登山指導センター」があります。登山届やルート案内図などがあるので、ハイキングコースに入る前に一度立ち寄っておきましょう。湧水もあるので水の補給も忘れないようにしておきます。

国道291号でもあるコースは、この先からマイカー乗り入れ禁止になっていて、国道の真ん中を堂々と歩いていけますよ。

見るだけなら誰でも大丈夫!ハイキングのようなコース

写真:和山 光一

地図を見る

最初は少し上り坂ですが、その後はアップダウンもほとんどない平坦な道は、舗装されて歩きやすく、またコース内の道の両側にはブナの原生森が生い茂り日陰を作ってくれています。ユネスコエコパークにも指定された豊かな自然を満喫しつつ、心地よく歩けて気持ちいいですよ。

ブナ林の向こうに日本三大岩場のひとつ「一の倉沢」が待つ

ブナ林の向こうに日本三大岩場のひとつ「一の倉沢」が待つ

写真:和山 光一

地図を見る

登山口から「マチガ沢出合」まで約30分。途中には休憩ポイントとしてベンチが置かれ、行程の距離も書かれています。「休憩ポイントP1」までは登山口から1350m。ここからマチガ沢出合まであと350mです。

ブナ林の向こうに日本三大岩場のひとつ「一の倉沢」が待つ

写真:和山 光一

地図を見る

標高835mのところにあるマチガ沢には、その昔は三軒程宿があったため、畑や墓跡が残っています。清水峠を越えて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来と言われています。

谷川岳山頂が望めるここからの登攀もクライマーたちに人気で景観も素敵です。マチガ沢の標柱にある「マイナスイオン値9230個/平方センチメートル リフレッシュ度特A」という表記に納得しますよ。

ブナ林の向こうに日本三大岩場のひとつ「一の倉沢」が待つ

写真:和山 光一

地図を見る

さらに林道を1.6km、約25分進むと「一ノ倉沢出会」に到着しますが、その途中いきなり目の前に高さ1000mの岩壁が立ちはだかります。マチガ沢と一ノ倉沢を含むこのエリアの谷には、雪崩によって谷底に多量の雪が堆積し、かつてはここにその雪で形成された氷河があったといわれるほどで、急峻かつ鋭く厳しい雰囲気を感じさせてくれます。

一ノ倉沢出会のちょっと手前、写真の左手から汗ばんだ体に突然「氷河のといき」といわれる不思議な冷気を感じます。昔、氷河で削り取られた岩石や土砂などが堆積した地層の空間の多くある地盤の中を冷たい雪解け水が流れ、それに冷やされた空気が岩の隙間から、漏れ出しているのです。疲れた身体をやさしくつつみこんでくれる涼風となって癒してくれます。ちょっと吹き出し口を探してみるのも面白いですよ。

“魔の山”一の倉沢の岩壁の厳しさと美しさ

“魔の山”一の倉沢の岩壁の厳しさと美しさ

写真:和山 光一

地図を見る

歩き始めて約1時間で一ノ倉沢出合に到着します。谷川岳の東麓、一ノ倉沢を見上げれば「おお!」と叫び声をあげたくなりますよ。そのスケールといったら下から見上げるだけでも足がすくむほどで、今も昔もクライマーの憧れであり多くの命を奪ってきた大岩壁だけに、岸壁を登る者を拒むようような荘厳さと神々しさとともに恐ろしさも感じます。

この地方の方言で岩や岸壁のことを「クラ」と呼んでいます。世界でも最も登攀の困難な岸壁のひとつに数えられ(グレード6級)、剱岳、穂高岳とともの日本三大岩場として知られていて、谷川連峰随一の岩場であることから「一ノ倉」と名付けられています。ここにはトイレもあり、昼食休憩には丁度いいです。

“魔の山”一の倉沢の岩壁の厳しさと美しさ

写真:和山 光一

地図を見る

青空の下、緑濃い森の先に陰影を帯びたゴツゴツとした岩壁がそびえ立ち、中腹に見える白い固まりは雪渓です。そして足元には地中をくぐりぬけた清らかな雪解け水が勢いよく流れています。手をつけてみるとその冷たさにびっくりしますよ。

白い飛沫を上げる利根川源流に、残雪と青空の美しさと筋骨隆々とした岩の荒々しさが同居した組み合わせが見事な風景です。

ここから先は未舗装道路になるので、ここから来たコースを戻るのもいいですね。因みにハイキングとは別に一ノ倉沢出合まで環境に優しい電気ガイドバス(500円)が運行されているので歩くのが苦手な人は利用してみてください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

帰路は湯檜曽川沿いのトレッキングコースへ

帰路は湯檜曽川沿いのトレッキングコースへ

写真:和山 光一

地図を見る

舗装路は一ノ倉沢出合までで終わり、一ノ倉沢トレッキングコースはここから湯桧曽川方向に下っていくのですが、まだ体力、時間的に余裕のある方は、途中1km先の幽ノ沢方面へのハイキングコースを歩いていくこともできます。

この清水峠越街道は、みなかみ町湯桧曽川に沿って谷川岳、茂倉岳等の谷川連峰の東麓を縫い、上越国境の清水峠を越えて新潟県南魚沼郡清水に至る道で古くから上州と越後を結ぶ重要な道でした。その後明治14年に工事を着手し現在は国道291号となっています。

帰路は湯檜曽川沿いのトレッキングコースへ

写真:和山 光一

地図を見る

未舗装道路の岩肌には、岩壁にアタックして亡くなった登山者を追悼するプレートがいくつもはめ込まれています。15分程急な山道を下り、湯桧曽川沿いの清水峠越新道に出ます。渓流脇の涼しい道を歩いていきますが、一ノ倉沢出合(新道)へは沢を渡ることになり、夏場の大雨の時に鉄砲水が発生する場合があるので注意が必要です。

帰路は湯檜曽川沿いのトレッキングコースへ

写真:和山 光一

地図を見る

一ノ倉沢出合(新道)からはブナ林が続く平坦な道ですが、マチガ沢出合(新道)には一本橋が渡されていたりします。ここからは未舗装の車道になっている歴史古道清水越を湯桧曽川に沿って歩きます。谷川岳ベースプラザに到着すれば往復約2時間半の登りらしい登りのほとんどない楽々「一ノ倉沢トレッキングコース」の終了です。

谷川岳・一ノ倉沢トレッキングコースの基本情報

住所:群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽湯吹山国有林
電話番号:0278-72-3688(群馬県谷川岳登山指導センター)
アクセス:関越自動車道水上ICから国道291号経由14km25分、上越新幹線上毛高原駅から谷川岳ロープウェイ行きバス50分、またはJR上越線土合駅下車徒歩17分

谷川岳ベースプラザ 営業時間:8:00〜17:00(土日祝7:00〜17:00)、駐車場500円(163台)

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -