最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

アーバンリサーチ×キャンプ「TINY GARDEN 蓼科」がオシャレすぎ!

アーバンリサーチ×キャンプ「TINY GARDEN 蓼科」がオシャレすぎ!

更新日:2020/09/11 13:20

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 3児の子連れ旅ライター、子連れキャンパー
標高1250m、澄みきった空気と白樺の木々に囲まれた絶好のロケーションで、おしゃれにキャンプをしてみませんか?今回ご紹介するのは、長野県茅野市の蓼科湖畔に佇む「TINY GARDEN 蓼科(タイニーガーデン タテシナ)」。ファッションブランド「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」が手掛けるキャンプ場&宿泊施設です。とにかく全てがオシャレで快適!温泉やカフェ、ショップも楽しめますよ。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

気軽にキャンプしたい派は「キャビン」へ!

気軽にキャンプしたい派は「キャビン」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

TINY GARDEN 蓼科は、都心から車で約3時間、長野県茅野市の蓼科湖畔に広がるキャンプ&宿泊施設。2019年9月、株式会社アーバンリサーチが初の宿泊施設をオープンし、話題となりました。

施設のシンボル的存在のロッジは、温泉旅館を大胆にリノベーションした建物。元々の建物の良さを生かし、「アーバンリサーチ」の世界観が髄所に散りばめられた空間は、オシャレで居心地抜群。

“海でもなく山でもなく、湖へ。暮らすように過ごす、自然と境界が溶けていく。”というコンセプトにあるように、自然と調和し、暮らすようにアウトドアライフを満喫できる場所です。

気軽にキャンプしたい派は「キャビン」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

宿泊は、ホテルステイが楽しめる「ロッジ」、アウトドア体験ができる「キャビン」と「キャンプ」の3つのタイプ。今回は、キャビンとキャンプの2つにフォーカスし、TINY GARDEN 蓼科の魅力をお届けしたいと思います。

まずはじめにご紹介するのは、キャンプ初心者や気軽にキャンプをしたい方におすすめの「キャビン」。ロッジの裏手に回ると、白樺の木々に囲まれたキャンプ場が広がります。そのキャンプ場を取り囲むように立ち並ぶ、24棟のかわいい建物がキャビンです。こちらも元々あった建物をリニューアルしたもので、屋根に苔がいい具合に生え、自然に馴染んだ素朴な感じもまたオシャレ。

気軽にキャンプしたい派は「キャビン」へ!

提供元:TINY GARDEN 蓼科

http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden…

それぞれ一棟貸しとなり、ベッド&寝具付きの「CABIN コンフォート」とベッド・寝具なしの「CABIN エコ」から選ぶことができます。キャビンの中は洗練されたモダンなデザイン。大きな窓からは、自然豊かなキャンプサイトを望むことができ、コンパクトながら解放感ある造りです。

下記のように、旅のメンバーに合わせてキャビンが選べるのも魅力。

「CABIN コンフォートA」・・・ダブルベッドとツインベッドが配置され、ファミリーやグループに最適。

「CABIN コンフォートB」・・・カプセル仕様のベッドスペースが4つあり、寝るときにはプライベート感が欲しいグループに最適。

「CABIN コンフォートC」・・・2020年7月オープン。ツインベッドがあり、カップルに最適。

コンフォートタイプは、寝具がある上、テントの設営や撤収、雨を心配することもないため、お子さん連れにもおすすめです。

タープ張りも可能!?キャビンをフルに楽しもう!

タープ張りも可能!?キャビンをフルに楽しもう!

提供元:TINY GARDEN 蓼科

http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden…

よりキャンプ感を味わいたい方は、「CABIN エコ」へ。寝具などが全くないシンプルな空間を、お好みのギアで自分テイストに染めるのもGOOD。テントを設営する手間暇がかからず、これからキャンプを始めてみたい、という方にもピッタリですね。寝袋や敷マットのレンタルがあるので、手ぶらでもOK。

タープ張りも可能!?キャビンをフルに楽しもう!

提供元:TINY GARDEN 蓼科

http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden…地図を見る

キャビン宿泊の楽しみの一つは、BBQ&焚き火タイム。キャビン入口のテラスでBBQができます。BBQの器具や焚き火台、食材は持参する必要がありますが、キャビンに車を横付けすることができるので、荷物が多くても安心。ウッドチップが敷きつめられたテラスゾーンは、土に汚れず快適に過ごせます。

タープ張りも可能!?キャビンをフルに楽しもう!

提供元:TINY GARDEN 蓼科

http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden…

もう一つの楽しみ方は、キャビン前のキャンプエリア側でタープやチェアを広げて、フィールドを満喫すること。テントを張らなくても、タープを張るだけでグッとキャンプ感がアップします。もちろん、こちらでBBQや焚き火も可能です。

キャンプ場に温泉やオシャレカフェがあるという幸せ

キャンプ場に温泉やオシャレカフェがあるという幸せ

写真:中島 誠子

地図を見る

次のキャンプサイトをご紹介する前に、ここで温泉のご紹介。ロッジの地下1階には、蓼科温泉を堪能できる温泉があり、宿泊者は誰でも入浴ができます。キャンプ場に温泉があるなんて幸せじゃないですか。

武田信玄の隠し湯として知られるこの温泉は弱酸性のさらりとした泉質。外気浴ができるスペースが設けられており、スタイリッシュで心地良い空間です。

また、脱衣所には、オリジナルブランドのナチュラル・スキンケア商品のアメニティが用意され、お試しできるのも嬉しいポイント。

キャンプ場に温泉やオシャレカフェがあるという幸せ

写真:中島 誠子

地図を見る

施設内には、湖畔をコンセプトにしたアーバンリサーチのアウトドアブランド「EKAL(エカル)」のショップもあります。アウトドアグッズやキャンプに使える食品の他、普段使いできる服など幅広いラインナップ。ここに来てショッピングも楽しめるなんて…。アーバンリサーチファンにとって夢のような空間です。

キャンプ場に温泉やオシャレカフェがあるという幸せ

写真:中島 誠子

地図を見る

ロッジの1階には、オープンテラスに続くカフェスペースがあり、高原野菜を使用したビュッフェスタイルの朝食や、地元の味を堪能できるコース料理ディナーなどが楽しめます。夜はBBQをして、朝はカフェでのんびりモーニング、という選択もあり。オシャレな空間でいただくごはんは、これまた幸せです。カフェタイムやランチタイムもあるので、早めに到着してひと休憩するのもおすすめ。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

本格キャンプ派は「フリーサイト」へ!

本格キャンプ派は「フリーサイト」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

テントを持参し、本格キャンプを楽しみたい方は、「キャンプ」サイトへ。キャンプサイトは、「レイクサイド」、「オートサイト」、「フリーサイト」の3つから選べます。

こちらは、「フリーサイト(1張り/電源なし)」。先ほどのキャビンが立ち並ぶエリアとなり、空のブルーと芝生のグリーンのコントラストがとってもきれいな場所です。夏はこのようなグリーンですが、秋は紅葉を、冬は白樺の凛とした姿を見せてくれるフィールド。

駐車場はフリーサイトのすぐ目の前になりますが、テントを張る場所までは歩いて2〜5分かかるため、荷物を運ぶワゴンがあると便利です。

本格キャンプ派は「フリーサイト」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

こちらは「オートサイト(電源なし/75平米)」。「EKAL」のショップの隣にあります。木々に囲まれ、裏を流れる川の音に癒される場所。区画が整備され、車が乗り入れできるという点でも人気があります。

そしてなんと、フリーサイトが1,750円(税込)〜、オートサイトは1,450円(税込)〜とリーズナブル!もちろん、温泉の入浴代も込みです。これはコスパ最高ですね。
※上記宿泊料金は大人1人あたり/5名宿泊の場合

本格キャンプ派は「フリーサイト」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

フリーサイトの入口付近に、ウォシュレット付トイレと温水炊事場が用意されています。どちらも清潔感があり、キャンプで心配しがちな水回りの不安は不要。

包丁やまな板、洗剤などは持参しての利用となります。不燃・資源ゴミは持ち帰りとなりますが、燃えるゴミ、使い終わった炭は指定の場所に捨てることができますよ。

高規格サイト派は湖が眺められる「レイクサイド」へ!

高規格サイト派は湖が眺められる「レイクサイド」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

最後にご紹介するのは、特におすすめの「レイクサイド(電源付き/75平米)」。おすすめの理由は、何と言っても湖畔のすぐそばというベストロケーション。木々の向こうには湖畔の景色が広がり、標高が高いため真夏でも虫が少なく、居心地の良さ抜群です!

さらに、電源付き、車乗り入れOKのオートサイト、ロッジ、トイレから徒歩1分という利便性も魅力。地面にウッドチップが敷かれているので、テントの汚れを気にせず快適に過ごせます。

高規格サイト派は湖が眺められる「レイクサイド」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

キャンプサイトから1歩外に出ると、湖畔の遊歩道があり、美しい景色が広がっています。湖畔をお散歩するのもいいですね。夕方にはオレンジ色に染まるロマンチックな景色が見られますよ。

高規格サイト派は湖が眺められる「レイクサイド」へ!

写真:中島 誠子

地図を見る

ロッジ内のキオスクには、URBAN RESEARCH DOORSオリジナルの「DOORS GROCERY」の食品が並び、キャンプに役立つ缶詰やレトルトカレー、ナッツ、お菓子、ドリンクなどが購入できます。

夜の焚き火のお供に、オシャレなおつまみやTINY GARDEN 蓼科オリジナルのビールをプラスすれば、よりTINY GARDEN 蓼科らしいキャンプが楽しめるはず。

レンタル品&販売品まとめ

TINY GARDEN 蓼科では、以下の通り、レンタル品が用意されている他、「EKAL」やロッジのキオスクでキャンプに必要なグッズの購入が可能です。

<レンタル品> 
・テント(Hillberg ケロン) 5000円/日
・タープ(Hillberg 20XP)  3000円/日
・寝袋(NANGA×EKAL)  1500円/日
・敷マット          500円/日
・ヨガマット         500円/日
・クーラーボックス      500円/日

※基本的に事前予約制となりますので、詳しくは直接TINY GARDEN 蓼科へご確認ください。

<EKALの販売品(一部)>
服飾、バッグ、帽子他、コット、チェア、シュラフ、テント、カトラリー、ケトル、マグ、ランタン、ヘッドライト、雨具、DOORS GROCERYの食品、虫よけスプレーなど

<キオスクの販売品(一部)>
飲み物(水、ソフトドリンク、アルコール)、DOORS GROCERYの食品、アーバンリサーチオリジナルスキンケアアイテム、日焼け止め、カップ麺、お菓子、調味料、薪、木炭、着火剤、トング、紙皿、ゴミ袋など

2020年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2020/08/15−2020/08/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -