日本唯一の広告ミュージアムが汐留に!「アドミュージアム東京」

日本唯一の広告ミュージアムが汐留に!「アドミュージアム東京」

更新日:2020/07/30 11:32

Yorimichi Kumiのプロフィール写真 Yorimichi Kumi カフェ好きトラベルライター
いつも何気なく見ている広告。その広告に対する印象や価値観を一転させるようなミュージアムが東京・汐留にあります。その名は「アドミュージアム東京」。広告をテーマにした、日本はもちろん世界でも珍しいミュージアムです。
汐留・新橋駅からのアクセスも良いカレッタ汐留内にあり、入場料は無料というのも嬉しいポイント。東京旅行で汐留を訪れるなら、是非とも立ち寄って頂きたいスポットの一つです!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アドミュージアム東京ってどんなところ?

アドミュージアム東京ってどんなところ?

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

アドミュージアム東京は広告の社会的・文化的価値への理解を深めてもらうことを目的に2002年に開館しました。ちなみにアドとは英語で広告を意味します。

江戸時代から現代に渡る約32万点の資料が収蔵されており、このように幅広い年代・ジャンルの広告が鑑賞・閲覧できるミュージアムは他にありません。

アドミュージアム東京ってどんなところ?

提供元:アドミュージアム東京 広報

地図を見る

施設内は常設展エリアの他に広告・マーケティング関連の書籍を閲覧することのできるライブラリーや企画展エリアがあります。

また、幅広い年代の作品がありますからどの世代が訪れても楽しめますし、世界でも珍しいミュージアムということで、海外からのゲストも充実した時間を過ごすことができるでしょう。ほとんどの作品には日・英の説明があります。

まずは「ニッポン広告史」でタイムスリップ!

まずは「ニッポン広告史」でタイムスリップ!

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

このミュージアムでまず初めに訪れて頂きたいのは「ニッポン広告史」のエリアです。

広告・マーケティングの歴史は江戸時代から始まったとされており、それぞれの時代で使われている広告の言葉、デザイン、素材を実際に見ることで、当時の日本社会や経済、流行などを読み取ることができます。
江戸時代に広告的役割を果たしてい絵ビラや引き札など、普段はお目にかかれない作品も多くありますよ。

まずは「ニッポン広告史」でタイムスリップ!

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

また、子供の頃に好きだったCMや、学生の頃に流行った商品の広告など、タイムスリップしたような気分になる作品もいっぱい。
世代を問わず、訪れた誰もが「こんなのあったねー!」と思わず作品の前で立ち止まってしまうような瞬間があることでしょう。

視聴ブース「4つのきもち」で感動を再び

視聴ブース「4つのきもち」で感動を再び

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

施設内の中央にある、モフモフした雲のようなオブジェは視聴ブース。
それぞれのブースにはテーマがあり、「見ると楽しくなる広告」、「深く考えさせられる広告」など、昔も今も人の心を動かす厳選された広告・CMを視聴することができます。ラインナップには海外の作品も含まれていますよ。

また、周囲から少し隔離された状態で視聴することでより強く心に響きます。
是非とも体験してみて下さいね!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

コレクション・テーブルでお気に入りを探そう!

コレクション・テーブルでお気に入りを探そう!

提供元:アドミュージアム東京 広報

地図を見る

施設内で色々な広告・CMを鑑賞していると、「あの頃のCMってどうだったかな?」「あの商品の昔の広告ってあるのかな?」と更なる興味が湧いてくると思います。

そんな時はコレクション・テーブルで気になるCMを探してみましょう。
タッチパネル式のデジタルテーブルでは、オススメのCMや広告が多数ラインナップされており、タッチ一つで気になるCMを視聴することができます。

コレクション・テーブルでお気に入りを探そう!

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

また、アナログ時代の広告についてはアナログテーブルで閲覧。約300年前のデザインとは思えないような素敵な広告の数々からは、デジタル時代とは一味違う新たな発見があるはずです。

ライブラリーや企画展で知識を深める

ライブラリーや企画展で知識を深める

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

メインの展示室があるB1階から1階に上がると、ライブラリーがあります。
広告に対する理解と知識を深められる本、見ているだけで楽しくなる本が沢山ありますから、是非立ち寄ってみましょう。
ゆっくり読書ができるスペースも備えられていますよ。

ライブラリーや企画展で知識を深める

写真:Yorimichi Kumi

地図を見る

また、企画展では時期によって広告コンクールの作品や世界中のクリエイティブな広告作品など、様々なテーマの展示が行われています。

日本で唯一の「アドミュージアム東京」。
あなたが普段、何気なく見ている広告がどれだけ時代を映し出し、影響力を放っているかということを実感できる貴重なミュージアムです。 
きっと新しい発見と感動がありますよ!

アドミュージアム東京の基本情報

住所:東京都港区東新橋1丁目8−2
電話番号:03-6218-2500
アクセス:都営大江戸線汐留駅より徒歩2分、JR新橋駅から徒歩5分

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/06−2020/07/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -