夏だっていちご狩り!「Mt.ベリー奥日光」スイーツ体験でパフェ作りも

夏だっていちご狩り!「Mt.ベリー奥日光」スイーツ体験でパフェ作りも

更新日:2020/08/13 10:22

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師
夏でもお腹一杯いちご狩り!そんな願いを叶えてくれるのが「Mt.Berry奥日光」。夏でも涼しい観光スポット奥日光戦場ヶ原で“なつおとめ”など高級いちご2種を食べ放題で楽しめます。また栃木名物・レモン牛乳のアイスやソフトクリームで作る“いちごパフェ”などのスイーツ体験も!近年では栽培数が増えているとはいえ、栽培農家も少なく価格もお高い夏いちご。そんな貴重ないちごと戯れる、至福のいちご三昧をご紹介!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

夏でも美味しいいちごが食べ放題!天空の高原いちごとは?

夏でも美味しいいちごが食べ放題!天空の高原いちごとは?

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「Mt.Berry奥日光」で栽培しているいちごは「なつおとめ(写真)」と「よつぼし」の2種。どちらもまだまだ栽培している農家が少なく、希少で高級ないちごです。ことにMt.Berry奥日光で栽培されるなつおとめ、天空のいちご「奥日光なつおとめ」は味が濃くて美味しい高級いちご!

夏でも美味しいいちごが食べ放題!天空の高原いちごとは?

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

その美味しさの秘密は日光の気候と清らかな自然環境、そして手間暇をかけて育てる園主・岡崎さんの栽培法にあります。

奥日光は夏の日中でも25度前後、夜はぐんと冷え込む冷涼な気候。冬の日照時間も長く、清涼な空気と名水に恵まれている奥日光は夏いちごの栽培にぴったり。太陽をいっぱい浴び、ゆっくりゆっくり成長する苗は、程よい酸味を保ちながら甘さも香りも豊かな美味しいいちごを実らせます。

夏でも美味しいいちごが食べ放題!天空の高原いちごとは?

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「なつおとめ」は栃木県が開発した夏秋いちご。高冷地に適した品種で、戦場ヶ原では6月から10月まで収穫ができます。夏いちごは甘みが弱く果肉が固いものが主流でしたが、天空の高原いちご「奥日光なつおとめ」は食感もよく酸味と甘さのバランスが絶妙!

Mt.Berry奥日光のいちごは一流ホテルや有名レストラン御用達

Mt.Berry奥日光のいちごは一流ホテルや有名レストラン御用達

提供元:Mt.Berry奥日光

https://www.okazakino-jou.jp/地図を見る

この美味しいいちごを奥日光戦場ヶ原に隣接する農園で栽培しているのは、「Mt.Berry奥日光」の若き園主・岡崎さん。日光地区のいちご栽培のパイオニア「日光ストロベリーパーク」で修行の後いちご栽培を始めて5年目、今ではザ・リッツ・カールトン日光や日光金谷ホテルをはじめ、たくさんの有名ホテルやレストランにいちごを卸しています。

Mt.Berry奥日光のいちごは一流ホテルや有名レストラン御用達

提供元:Mt.Berry奥日光

https://www.okazakino-jou.jp/地図を見る

岡崎さんは、お祖父さんが昭和20年代に始めた農場の3代目。お祖父さんは開拓団としてこの地に入植し、血の滲むような苦労をしてこの地を切り拓きました。戦後は食料政策として、その後、時代とともに作る作物は変わりながら、近年は花やイチゴの苗の山あげ(寒さを利用し花芽の発生を促進させる方法)が主体となっていました。

しかし山あげも栽培方法の進化により依頼件数が減少、岡崎さんは栃木県が開発した夏いちご「なつおとめ」の栽培にチャレンジする決心をしたのです。

Mt.Berry奥日光のいちごは一流ホテルや有名レストラン御用達

提供元:Mt.Berry奥日光

https://www.okazakino-jou.jp/地図を見る

岡崎さんは、土を自ら数種類をブレンドして作ります。使われる水は霊峰・男体山からの雪どけ水を含む清らかな水。その水に有機質を主体とした肥料を溶かして、苗に与えます。

そして日々、苗の状態をこまめにチェックしながら、その時々のいちごの苗の状態に合わせ、手間暇をかけて育てます。奥日光戦場ヶ原の自然の恵みと岡崎さんとスタッフたちの、いちごへの熱い思いがあって、美味しい天空の高原いちご「奥日光なつおとめ」が実るのです。

いよいよいちご狩りスタート!

いよいよいちご狩りスタート!

提供元:Mt.berry奥日光

https://www.okazakino-jou.jp/地図を見る

そうしてできたいちごを、いちご狩りでは30分間、思う存分食べ放題で楽しめます。しかも定員15名なのでゆったり。内緒ですが、岡崎さんはとっても優しくおおらかで、いちご狩りに夢中になって少々時間がオーバーしてもムッとしたりいたしません。でもマナーはしっかりと守って、岡崎さんたちが大切に育てたいちごを楽しんでくださいね。

いよいよいちご狩りスタート!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

いちご狩りでは天空の高原いちご「奥日光なつおとめ」の他に、市場ではなかなか手に入らない希少種「よつぼし」も合わせて楽しめます。

こちらの写真は「よつぼし」。千葉県・三重県・香川県・九州沖縄農業研究センターが共同開発したいちご。豊かな甘みを持った美味しいいちごです。よつぼしは、甘みも十分でシュワシュワっと鼻に抜ける芳香がたまらない美味しさ。色づく途中の赤や緑の種がまた可愛いんですよ。

いよいよいちご狩りスタート!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

食べ頃のいちごは全体が赤く色濃く熟しヘタが反り返っているもの。小粒でも大粒でもしっかり熟していれば、どちらもとても美味しいです。いちごを取るときは指でいちごを挟んで、クイっと上にあげるときれいに取れます。お子さんには可愛いハサミも用意してあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

練乳やチョコレートソースも無料!

練乳やチョコレートソースも無料!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

何もつけなくても甘みは十分ですが、練乳とチョコレートソースも用意されているので、味のバリエーションも楽しめます。甘党の方やお子さんにも嬉しいですよね。その上、練乳もチョコレートソースもかけ放題!

動画:フルリーナ YOC

地図を見る

それではMt.Berry奥日光の魅力を、1分間の動画でどうぞ!

練乳やチョコレートソースも無料!

写真:フルリーナ YOC

奥日光へいちご狩りに行きたいけれど、今は行けない・・・そんな方にはお取り寄せがおすすめ。Mt.Berry奥日光では天空のいちご「奥日光なつおとめ」の販売・発送も行っています。またシーズン中は「三本松茶屋」でいちごを販売している日もありますので、こちらも合わせてお楽しみください。

天空の高原いちご×レモン牛乳アイスのパフェ作り体験も!

天空の高原いちご×レモン牛乳アイスのパフェ作り体験も!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

Mt.Berry奥日光では、いちご狩りだけでなく「三本松茶屋」とのコラボによって、スイーツ体験のプログラムも! スイーツ体験は、摘み取ったいちごを使い、三本松茶屋で体験。体験内容はフレッシュな摘み取りいちごを贅沢に使ったいちごジュースとかき氷、そしていちごパフェ作り。

ジュースに使われる牛乳は日光の有名牧場のフレッシュな牛乳!濃くてとっても美味しいんですよ。お砂糖はお好みで使えますが、いちごの甘味と香りだけでも十分に美味しいジュースが出来上がります。

天空の高原いちご×レモン牛乳アイスのパフェ作り体験も!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

また、摘み取りいちごを、三本松茶屋の美味いソフトクリーム、栃木名物レモン牛乳アイスを使ったパフェ体験も人気です。

パフェは、日光の有名カステラやイチゴをたっぷりと使って作ります。カップの下部にイチゴとカステラ、いちごピューレ、真ん中にレモン牛乳アイスを入れ、一番上にソフトクリームを乗せて、いちごでデコレーション。いちごをカットしてカップに張り付けたり、味のバランスを考えたり。

「奥日光なつおとめ」がソフトクリームと出逢い、レモン牛乳と出逢い、いちごピューレと出逢い、カステラと出逢い・・・同じいちごなのに、いちごに纏うアイスクリームの個性で味が様々に変わっていくのが最高に美味しい!

皆さんも、自分だけのキュートなイチゴパフェを作ってみてくださいね。

天空の高原いちご×レモン牛乳アイスのパフェ作り体験も!

写真:フルリーナ YOC

たくさんのホテルやレストランにいちごを卸すだけでも大忙しの岡崎さん。なのになぜ、手間がかかるいちご狩りやスイーツ体験までするのですか?と聞いてみると「お客さんに喜んでいただきたいから」という答えが返ってきました。

いちごが一番おいしいのは何といっても採りたてが一番。その一番おいしい瞬間をお客さまに楽しんでいただきたい。そしていちご狩りやスイーツ体験を日光旅行のアクティビティの一つとして楽しんでいただき、それが良き思い出となってくれたら、作り手として最高に幸せ・・・。岡崎さんはそう語ります。

国立公園の中のいちご園

Mt.Berry奥日光とスイーツ体験ができる三本松茶屋は、日光国立公園内にあり、ラムサール条約登録湿地の戦場ヶ原に隣接しています。奥日光湯元温泉へも、竜頭の滝や中禅寺湖も近いので、観光の途中でぜひ体験していただきたい新しい観光スポットです。催行は1名からOKなので、おひとりさまも大歓迎! ぜひ、美味しいいちごでビタミンCをいっぱい取って、元気をチャージしてください。

奥日光は夏でも涼しい天空の別天地。またいちご狩りシーズン後半の9月末からは戦場ヶ原の草紅葉、10月中旬からは奥日光各地の紅葉が見ごろになる時期です。奥日光の見どころも合わせてお楽しみくださいね。

2020年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/07/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -