最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

神奈川「はやま三ヶ岡山緑地」で尾根道を体験!山頂からの眺めは爽快

神奈川「はやま三ヶ岡山緑地」で尾根道を体験!山頂からの眺めは爽快

更新日:2020/07/30 11:23

Isao Noguchiのプロフィール写真 Isao Noguchi 著述業、観光検定教材製作者、ブロガー
県立「はやま三ヶ岡山緑地」は葉山の魅力である海と山の双方を満喫できるスポットです。標高140mの三ヶ岡山(大峰山)一帯は樹林地帯の保護を目的に管理され、トレッキングコースとしても多くの愛好家に親しまれています。山頂広場までは3つのコースがあり、尾根道の隙間からは富士山が顔を覗かせます。「関東の冨士見百景」に選定されており勾配のきつい箇所がいくつかありますが、登り切った後の爽快感は格別です!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

スタート地点はどこ?由緒ある神社でまずは心身を清めよう

スタート地点はどこ?由緒ある神社でまずは心身を清めよう

写真:Isao Noguchi

地図を見る

県立「はやま三ヶ岡山緑地」には3つのハイキングコースが整備されています。そのひとつが、葉山の海岸沿いや夕陽を眺望できる「真名瀬コース」です。県道207号沿いの「真名瀬」バス停から、逗子方面に向かって約徒歩3分のところに案内板があります。

スタート地点はどこ?由緒ある神社でまずは心身を清めよう

写真:Isao Noguchi

地図を見る

路地を通って先へ進むと「熊野神社」に辿り着きます。神社は三ヶ岡山麓に鎮座し、「火防の神」として今も地元住民から崇められています。真名瀬漁港の地域では、これまで大火などの被害が一度もなく晴れよりも雨を「縁起が良い」としているそうです。

ここが「真名瀬コース」のスタート地点なのですが、見渡す限り入り口らしき標札も見当たりません。この時点ですぐにハイキングコースへの道を見つけられた方はかなり洞察力が優れていますよ!

スタート地点はどこ?由緒ある神社でまずは心身を清めよう

写真:Isao Noguchi

地図を見る

神社の境内で右往左往する人々が多い中、コース入り口への手がかりは社殿の裏手にある老朽化した「小屋」です。この壁に「真名瀬コース」と書かれた看板が設置されています。

しかし、この看板を見つけてもまだ「道」らしきものがみつかりません。特に夏季は雑草や樹々の葉が生い茂り、入り口を覆い隠しているのです。

地味にきつい急勾配の階段!杜が創る天然アートに癒される

地味にきつい急勾配の階段!杜が創る天然アートに癒される

写真:Isao Noguchi

地図を見る

コースは最初の40mから50mまで、勾配のきつい箇所が続きます。急な階段が続き、滑りやすいのが特徴です。神奈川県の公式ホームページでは「子ども向け」と書かれていますが、お子さんを連れて登る場合は目を離さないようにしてください。

雨が止んだ後などはぬかるんで転倒しやすいため、天候が安定した時期に登るのが良いかもしれません。トレッキングコースとしてランニングをされている方もいますので、コース途中でぶつからないよう注意が必要です!

地味にきつい急勾配の階段!杜が創る天然アートに癒される

写真:Isao Noguchi

地図を見る

山頂への階段に「手すり」等はありません。両手が自由に使えるリュックなどを背負って登ることをお薦めします。また、尾根道を進んでいると数字が刻まれたプレートに目が留まります。このプレートは50段ごとに打ち付けてあり、着実に山頂へ近づいていることを実感できます。

標高が高くなるに連れ、眼下に相模湾や海岸線を見渡せます。また、海からの潮風が樹々の間から吹き込んでくるので非常に涼しく感じられます。夏でも直射日光が照りつける事は無いので、暑い時期でも木陰の中を登っていくことができます。

地味にきつい急勾配の階段!杜が創る天然アートに癒される

写真:Isao Noguchi

地図を見る

時より強く吹き抜ける風や雨などで地面には無数の葉や果樹類が落ちています。勾配が緩やかになると階段の面積が広くなるため、葉が積もりやすくなるからです。

初夏や秋には色づいた葉が絨毯のように散りばめられており、幻想的で美しい光景が広がります。

無理せず小まめに休憩。モチベーションを上げる葉山の街並み

無理せず小まめに休憩。モチベーションを上げる葉山の街並み

写真:Isao Noguchi

地図を見る

途中で平坦な小路になったら、「西峰疎林広場」で休憩を取ってみてはどうでしょう?通常のハイキングコースに比べ距離は短いですが、急勾配の階段を登った後は体に堪えます。

この広場の難点はじっくりと腰を据えて休むには狭いことです。また、蚊やブヨが多いため虫除けスプレーなどをしていても効果が期待できません。子どもを連れて一気に山頂まで登りきってしまうにはまだ距離があるので、ゼリーやスポーツドリンクなどで手軽に栄養を補給しましょう。

無理せず小まめに休憩。モチベーションを上げる葉山の街並み

写真:Isao Noguchi

地図を見る

樹々の合間からは葉山の町並みや漁港が見渡せます。同時に小動物が餌を求めて移動する音や、野鳥のさえずりが聞こえてきます。杜が鬱蒼と生い茂っているため反響しやすく、鮮明な音が印象的です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

葉山の自然を満喫できる尾根道。絶景ポイントで爽快感UP!

葉山の自然を満喫できる尾根道。絶景ポイントで爽快感UP!

写真:Isao Noguchi

地図を見る

「西2峰広場」には展望デッキがあり、主に富士山や丹沢山地を望むことができます。デッキの横に「関東の富士見百景」に選定されたことを記念するプレートが掲げられています。また「ダイヤモンド富士」の絶景ポイントとしても有名です。

安全性を考慮して柵が高めに作られているので、子どもには景色が見にくいかもしれません。山頂広場では視界が開けていますので、無理に身を乗り出したりしないようにしましょう。

葉山の自然を満喫できる尾根道。絶景ポイントで爽快感UP!

写真:Isao Noguchi

地図を見る

山頂は「あじさいコース」「つつじコース」の到達地点でもあるので、ちょうど三方のコースがぶつかる場所になります。山頂に展望台等はありませんが、周囲には視界を遮る樹々はなく眼下に相模湾が一望できます。

標高約140mを登り切った達成感と爽快感は体験した人でなければ味わえない格別なものです!全行程は一時間程度で、家族連れでハイキングを楽しむには最適です。晴天時は江の島や富士山が姿を見せ、三浦半島の地形なども観察できます。

葉山の自然を満喫できる尾根道。絶景ポイントで爽快感UP!

写真:Isao Noguchi

地図を見る

山頂広場には休憩所が設けられており、昼食などを取るには最適です。雨をしのげる屋根があるので急な天候の変化にも対応できます。屋外にもテーブルとベンチがありますので、ゆっくりと時間を過ごせます。

各コースへの分岐点なので、素通りして次のコースに向かうトレッキングの方も多く見受けられます。「真名瀬コース」は3つのコースの中では平均的な長さ(徒歩25分)なので、大人の方は一気に登り切ることも可能です。ただ、途中にトイレ・水飲み場等はありませんので事前の準備はしっかり行ってください。

下りのコースは横浜方面を眺望できる「つつじコース」がお薦めです。一番距離が長い設定ですが、「ウラシマソウ」や「タチツボスミレ」などの珍しい花々が観賞できます。また、「東峰広場」からは「ランドマークタワー」を望むことができます。

県立「はやま三ヶ岡山緑地」の基本情報

住所:神奈川県三浦郡葉山町下山口
電話番号:046-876-4601
入山料:無料
休園日:なし(無休)
アクセス:
・つつじコース登り口
「JR」逗子駅または「京急」逗子・葉山駅から京急バス「長井行き」/「横須賀市民病院行き」/「大楠芦名口行き」にて「旧役場前バス停」下車、徒歩約2分

・真名瀬コース・あじさいコース登り口
「真名瀬コース」登り口は「JR」逗子駅、または「京急」逗子・葉山駅から京急バス海岸回り「葉山行き」/「葉山町福祉文化会館行き」バスにて「真名瀬バス停」下車、徒歩約3分
「あじさいコース」登り口は「真名瀬バス停」からあじさい公園に向かって徒歩約30分
駐車場:なし

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/07/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -