信州・松本で駅近の「ホテルエム マツモト」は使いやすいホテル

信州・松本で駅近の「ホテルエム マツモト」は使いやすいホテル

更新日:2020/07/27 16:12

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
雄大な北アルプス連峰を望む松本市。長野県を代表する都市で国宝松本城でも全国的に知られる観光都市です。安曇野や上高地、美ヶ原といった有名観光スポットも周囲に多く、信州を満喫するのには松本市はベースになる街です。そんな自然に囲まれた松本市も松本駅の周辺は商業施設などが密集し都市の顔も見せます。賑やかな松本駅からも近い「ホテルエム マツモト」はリーブナブルに利用できるホテル。早速紹介しましょう。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

文化の薫り高き城下町「松本」の魅力

文化の薫り高き城下町「松本」の魅力

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

東京からも身近な信州。人気観光エリアですが、そもそも信州とは“長野県”のことを指します。大きな都市としては、北部に県庁所在地である長野市がありますが、長野市に並ぶ大きな都市が中部の松本市です。雄大な北アルプス連峰に抱かれた都市というロケーションですが、国宝松本城の城下町風情が溢れる品がある街並み。オシャレなカフェやお店も点在し、グルメスポットも多くあります。

歴史的に重要な建造物も多く残る松本は、文化的な成熟度も高いことで知られています。世界的な音楽イベントでもある「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」を代表するような、多くのイベントが催されており、文化の薫り高き城下町といえます。周囲には温泉も多いなど多彩な魅力が溢れる松本。そんな街の中心部に「ホテルエム マツモト」はあります。

ビルの中にあるホテル

ビルの中にあるホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

「ホテルエム マツモト」はちょっとかわった場所にあるホテルです。なんと商業ビルの5Fと6Fに位置します。従前のフロアからリノベーションされたホテルで、ホテル内にも名残が見られます。

ホテルのある「コングロMビル」には多彩なテナントが入居しています。B1〜2Fは県下最大級の大型書店で知られる「丸善書店」。雑誌や書籍をはじめ文房具もあります。3Fにはプラモデル・模型とマンガ・アニメの専門店の「文教堂JOY B’s Hobby」、4Fは100円ショップの「ザ・ダイソー」です。旅の途中で気軽に必要なモノを買えるお店は嬉しいですね。

気軽に楽しいフリースペースへ

気軽に楽しいフリースペースへ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルへは松本駅のお城口(東口)から徒歩約3分、松本バスターミナルから徒歩約1分という好立地にある先述のコングロMビルを目指しましょう。建物沿いに歩き裏口へ回ると入り口があります。看板があるのでわかりやすいです。駅から近いホテルにして、駐車場(提携駐車場)はチェックイン〜チェックアウトで800円と格安です(満車の場合は近隣の駐車場)。

「ホテルエム マツモト」は、先ほど紹介した通りビル中という一見風変わりな立地で、ロビーへはエレベーターで6Fへ向かいます。館内は土足厳禁ですので入口で靴を脱いで入ります。フロントでは、シューズロッカーの鍵と引き替えに客室の鍵・ロッカーキーが渡されます。ロッカーに入らない大きなお荷物はフロントで預かってもらえます。

気軽に楽しいフリースペースへ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

フロント・ロビーに続く広々したフリースペースには、コミックやテレビが設置されています。夜はお酒やおつまみ等を提供されているので、楽しい時間が過ごせそうです。明るくハイセンスな空間で宿泊者に人気のスペース。ひとりゆったり寛ぐもよし、旅人同士の交流の拠点など機能的かつ多目的に利用されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カプセルから個室まで

カプセルから個室まで

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

客室の鍵・ロッカーキーと前述しましたが、「ホテルエム マツモト」はカプセルタイプ/キャビンタイプ/一般的な客室が混在したホテルなのです。カプセルタイプ・キャビンタイプは男女のエリアが完全に分かれており、各ゲートでリストバンドキーが必要になります。

カプセルはいわゆる2段ベッドタイプ、キャビンタイプは、カプセルベッドの横のスペースにデスク・椅子とロッカー(ハンガーあり)が用意されています。キャビンスペースで着替えをすることもできます。カプセルタイプ/キャビンタイプのエリアには、男性に大浴場が女性にはシャワー室が用意されています。

カプセルから個室まで

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

一般的な客室も充実しています。シングルルームはビジネスやひとり旅でゆっくりしたい時におすすめの客室です。ダブルルームは2名でリーズナブルに宿泊できる形態ですが1名の利用も可能。

ツインルームはホテルで最も広い客室です。友達やカップル、グループ旅行に最適でしょう。個室はバス・トイレがついていますが、男性は大浴場も利用できますが、その際はフロントへ申し出る必要があります。もちろんバリアフリールームも用意されています。もはや当然ともいえますが、全館にWi-Fiが完備されています。

ラウンジで朝食を

ラウンジで朝食を

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

朝食はフリースペースで6時〜9時の間で提供されます。和洋選べるバランスのとれた朝食でパワーチャージ。テレビやパソコンもあるのでゆっくりした時間が過ごせます。朝食はもちろんですが、夕食や軽食をとる場所としても使えるスペースです。

名水の街

松本の市街地を散策すると井戸や湧き水場が多く見られます。松本のような都市の市街地で多くの湧き水が見られるのは驚きです。「まつもと城下町湧水群」として平成の名水百選にも選定された名水です。ホテルからの散歩がてら探してみるのも楽しいでしょう。

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/13−2019/09/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -